現代ではスマートフォンの普及に伴い、街ではマイク付きイヤホンで音楽を聴いている人、通話をしている人をよく見かけるようになりました。スマートフォンは通話のできる小型パソコンです。

しかしいくら小型とは言ってもyoutubeなど動画を楽しむため、ある程度の画面の大きさを必要とするスマホはそれなりの重量があります。スマホを耳にあてたまま長電話をする時には片手がどうしても疲れてきてしまいます。

そこで便利なのがマイク付きイヤホンです。これがあれば長電話の際手が楽なだけでなく、周囲に気兼ねなく音楽や動画を楽しむこともできます。

ここではそんな便利なアイテム「マイク付きイヤホン」を おすすめ商品と共にご紹介いたします。

マイク付きイヤホンのメリットは手放しで通話できる

マイク付きイヤホンの最大のメリットは何と言ってもイヤホンを装着したまま通話可能な点です。

例えば音楽を聴いているときに電話がかかってきても イヤホンをつけたまま相手と通話が可能です。

もちろん携帯電話本体でもオン/オフが可能です。

マイク付きイヤホンの選び方

イヤホンの形状にはカナル型とインナーイヤー型があります。

マイク付きイヤホンの選び方:カナル型

現在カナル型がイヤホンの主流です。そのため幅広い価格・ラインナップが展開されバラエティーに富んでいます。

機能面から見るとBluetoothワイヤレス、ノイズキャンセリングをお買い求めになる場合におすすめです。

ハイレゾ対応を求める人にもぴったりなのがカナル型です。スマートフォンでの通話ができるマイク付きリモコン装備タイプはほとんどの製品がカナル型になります。

しかし冒頭でも記載したとおり、カナル型は耳穴に挿して使用するので サイズによっては長時間装着していると疲労感は否めません。

しかし小さいサイズにするとイヤーピースは落ちやすくなるため 店頭で実際にフィット感を確かめることをおすすめします。

マイク付きイヤホンの選び方:インナーイヤー型

カナル型特有のややきつめの装着感が苦手な人には インナーイヤー型がおすすめです。耳穴に軽く乗せての使用なので カナル型に比べると開放感があり疲労感は少ないでしょう。

マイク付きイヤホンの選び方:マイクの位置

Jawbone(ジョウボーン)などは マイクが口元近くまで伸ばすことが可能なため、小声で話しても集音しやすいメリットがあります。

マイク以外にも骨伝導センサーを搭載しており 通話中周囲がどれだけ騒がしくても自分の声だけを拾って相手に届けることができるため、値段が高く設定されているのは致し方ないでしょう。

一見インカムのような外見から、デザイン的に個性が強く出るため、手が出しにくいという人も多いです。

マイク付きイヤホンの選び方:音質

音質面で優れているのは有線タイプです。

有線はその名の通りコードがあるため、ワイヤレスと比較するとどうしても煩わしいのが弱点ですが、伝送時に音のデータカットをしないので物理的にサウンドの質が高いのがメリットです。

マイク付きイヤホンの選び方:機能

ケーブルなしで音楽を聴くことも通話することも可能なワイヤレスイヤホンです。ドライブ中のハンズフリー通話を可能にする、片耳タイプのイヤホンもあります。

通勤・通学の電車内の人混みで  ケーブルの煩わしさからも解放されておすすめです。何と言ってもスポーツなど、アクティブな動きをするシーンで音楽を楽しむ人にもぴったりです。

用途によって最適なBluetoothワイヤレスイヤホンが異なりますので ご自分に最適な種類を選びましょう。以下にそれぞれの特徴をご説明致します。

マイク付きイヤホンの選び方:左右一体型

ワイヤレスイヤホンの中でも主流のタイプです。ほとんどの左右一体型製品にコントローラーやマイクが装備されており 軽量の製品が多いです。

マイク付きイヤホンの選び方:トゥルーワイヤレスタイプ

ノーケーブルで 耳に入れるだけの完全無線・最先端のワイヤレスイヤホン。

マイク付きイヤホンの選び方:ネックバンドタイプ

首の部分にソフトに固定されるタイプのワイヤレスイヤホン。

首回りに固定して使用するため、スポーツシーンなどに最適です。

左右のイヤホンが繋がっているため、片方だけ紛失してしまうとい心配もありません。

マイク付きイヤホンの選び方:片耳 タイプ

片耳のみで通話可能のワイヤレスイヤホンです。通話機能に特化した機種製品が多くドライブ中におすすめ。

マイク付きイヤホンのおすすめ

SONY WI-1000X ハイブリッドドライバー構成のワイヤレス

ダイナミックドライバー+ バランスドアーマチュアのハイブリッドイヤホンで、およそ10分で最大3時間の使用が可能 なパワフル充電が魅力です。

ENC (環境ノイズキャンセリング) 技術によるクリアなサウンドでの通話が可能です。

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20

耳の後ろに配置されたユニットからダイレクトに鼓膜へ音を届ける「音導管設計」の採用がポイントです。

この音導管設計により完全に耳穴を塞がなくても音楽を楽しめるので、長時間使用時の閉塞感による疲れから解放されます。またBGMと外の音を同時に聞ける完全ワイヤレスイヤホンになります。

さらに耳の形状にほどよくフィットする「下掛け」スタイルにより、耳への負担が少なく快適な装着感を実現します。完全ワイヤレスタイプながらも動いても落ちにくいのが特徴です。

通勤・通学はもちろんのこと、スポーツシーンなど激しい動きでも音楽を楽しめます。「近距離電磁誘導」技術により左右間の接続安全性を高めているので安心してご使用していただけます。

またAACコーデックを採用しているので、サウンドにこだわる人にも最適です。いつでもどこでも音楽を楽しみたい人いおすすめの製品です。

マイク付きイヤホンについてのまとめ

  • 出先で周囲を気にせず音楽を大音量で楽しみたいならカナル型がおすすめです。
  • 耳穴の装着に開放感をのぞむならインナーイヤー型がおすすめです。
  • 音楽を聴くときの音質にこだわるなら有線タイプがおすすめです。
  • 通話可能で尚且つアクティブシーンなど、ケーブルの煩わしさから解放されたいならBluetooth機能付きがおすすめです。
  • 何を一番重要視するのか プライオリティーをつけて選ぶこと、店頭で装着感を確認することも大切です。
  • 危険回避のために 周囲の音も聞き取れるイヤホン選び、ボリューム調節などを自己責任で行いましょう。