ケンテックスLANDMANの概要と歴史

「KENTEX LANDMAN(ケンテックス ランドマン)は、日本の腕時計メーカーである「KENTEX(ケンテックス)」の製作している腕時計のモデル名です。

KENTEXは、自社開発のムーブメントを開発・搭載し、日本メーカー初のトゥールビヨン(機械式の複雑機構を持った時計)の発表や、防衛省と共同で企画・開発したJSDFシリーズで知られる、高い技術力を持った時計メーカーであり、「JSDF陸上自衛隊モデル」のDNAを継承し、これまでに培ってきた技術を注ぎ込んでつくられたのが「KENTEX LANDMAN」です。

「LANDMAN」は、ミリタリーウォッチをベースとしつつ、陸上におけるさまざまなアクティビティーをイメージしているため、高い堅牢性と信頼性が特徴で、スポーツやアウトドアやモータースポーツなど、屋外のハードな状況に対応できるように企画・開発されています。

「ハードなデイリーユースでも傷が付きにくい」をコンセプトに、独自のハードコーティング技術、「ナノブライトプロテクション」を採用し、通常のステンレスの6~10倍の表面高度を持った非常に高い対磨耗性を持ったケースに採用し、またトップガラスにはダイヤモンドに次ぐ硬さを持つ「サファイヤクリスタル」を採用するなど、時計のタフさにこだわったモデルといえるでしょう。

さらに、耐磁構造をもった「スーパータフ」シリーズもラインナップとして登場しています。

ケンテックスLANDMANの特徴

「LANDMAN」は、「JSDF陸上自衛隊モデル」の開発・製造で培った苛酷な環境での使用されることをを想定したミリタリーウォッチをベースとした時計であることが最大の特徴としてあげられます。

最新モデル「LANDMAN AUTO LARGE」は、メイドインJAPANの本格派ミリタリーウォッチ「Tough」シリーズのラージモデルです。ケース径は従来の41ミリから43ミリへと変更。

日本の技術が誇る精度の高い自動巻きムーブメント(三針デイト)を採用し、ケースおよびベルトは精悍なマット仕上げの上に、耐摩耗性強化の超硬質のブラックIP。ナチュラル蓄光の時分針と純白のスーパー蓄光秒針を採用。

ケース径を拡張したことによる視認性の向上などの実用的な機能の向上のほか、時計の存在感も増し、非常にインパクトのあるデザインの時計となっています。

ミリタリーウォッチ特有の無骨さを持っていながら、ビジネスシーンにも通用する洗練されたデザインであり、使い方を考えるのが楽しい時計となっています。

ケンテックスLANDMANの価格帯

価格帯
ケンテックスLANDMAN
¥30,000~¥40,000

防衛省企画・開発モデル「JFDS」から受け継がれた堅牢さ・信頼性を持ったミリタリーベースの腕時計「KENTEX LANDMAN」は、「ナノブライトプロテクション」による特殊加工やサファイヤガラスの採用など高価な印象がありますが、現行モデルの「LANDMAN AUTO LARGE 」の価格帯は、3万円台から4万円台となっております。

この腕時計の詳細はKENTEXホームページにて確認することができますのでそちらを参照してください。