フランクミュラー クロコの概要と歴史

FRANCK MULLER(フランクミュラー)クロコは、時計師のフランクミュラーによって創設された「FRANCK MULLER WATCHLAND(フランクミュラー ウォッチランド)」によって生産されている時計です。

フランクミュラーは1958年、時計の聖地として有名なスイスのラ・ショード・フォンで、厳格なスイス人男性と陽気なイタリア人女性の間に生まれました。

幼い頃から時計作りに関心を持ち才能を伸ばしてきたフランクミュラーは、ジュネーブ時計学校では通常3年間かかる教育課程をわずか1年間で完了し、数々の賞も受賞してきました。その類まれなる才能から著名な天才時計師のブレゲの再来と言われるほどです。

フランクミュラーは1986年にレマン湖付近で時計作りの本拠地を構え、1992年に創設した「FRANCK MULLER WATCHLAND(フランクミュラー ウォッチランド)」でさらに時計作りに情熱を注いでいきます。

FRANCK MULLER(フランクミュラー)クロコは、時計作りに情熱を注いでいるフランクミュラーのコレクションの1つです。

クロコダイルの生命力と迫力が圧倒的で溢れている様相をこのクロココレクションでは表現されています。クロコダイルの性質が荒々しく乱暴そのものであることをテーマにして作られた作品であることを伝えているようです。

このクロココレクションを手に取り眺めているとそう思わずにはいられなくなります。

フランクミュラー クロコの特徴

クロココレクションからクロコダイルの生命力と迫力や性質が荒々しく乱暴そのものであることを感じてしまうのは、このコレクションのほぼ全てクロコダイルをイメージさせる竹符模様の彫刻があるからでしょう。

文字盤にもケースにも竹符模様は彫刻されています。これは手首につける時計自体がクロコダイルストラップだと、その延長なんだという錯覚を起こさせます。その巧妙と言える統一感は見るものを惑わしそうなほどです。

手作業で合わせられた模様の全てに違和感がなく、3次元フォルムも削り出しが緻密です。

そしてクロコの表情も、「ブラッククロコ」、「アイアンクロコ」、「ゴールドクロコ」と、様々にあります。

クロコを見ると、その容貌が非常に強く感じられ凝視してしまいそうになりますが、高度であり正確さもある技術が料理で言えば隠し味と言えそうなところで、念を込めて作られているのが特徴と言える傑作の作品なのです。

クロコダイルのように見る者を強烈に惹きつけてしまいます。

フランクミュラー クロコの価格帯

価格帯
FRANK MULLER(フランクミュラー)クロコ
¥1500000~¥3000000

 

クロココレクションは、2011年にブラッククロコが発表されたのを始めに、2013年にアイアンクロコが新作として発表され、2015年にはホワイトクロコが最新モデルとして登場しています。

価格は100万円台後半のものからありますが、フランクミュラー ウォッチランドが発表しているブラッククロコトゥールビヨンの価格は税込みで1千954万8千円となっております。