CITIZEN(シチズン) アテッサの歴史と概要

アテッサという腕時計はCITIZEN(以下:シチズン)が先端技術を導入して製作したものです。

チタンを用いることで軽さと耐久性を実現し、1987年に登場して以来、ビジネスマンを中心に大人気となりました。

国内のみで販売されていたため、当初は人気が高すぎて品切れ続出となり、腕時計を愛する多くの人達から注目を浴びました。

人気が高まると同時に、アテッサの別モデルも多数販売され、1996年にはすべてのモデルがエコドライブ仕様になりました。

2007年に発売されたジェットセッターはあまりにも有名で、当時、男性に腕時計をプレゼントするならこの商品で間違いないとさえ言われたほどです。

また、国外でもアテッサは人気があり、デザイン性と機能性に優れたこの腕時計を買い求めるため、来日の際にショップに立ち寄る外国人が増加したのです。

また、2007年の20周年記念モデルをはじめ、2010年にはシチズン創立80周年記念モデルも登場し、アテッサの名は世の中に広く浸透しました。

その後も、ダブルダイレクトフライト、サテライトウェーブ機能が追加され、ホーム都市選択機能で時刻セットし、GPS機能も搭載するなど機能性の向上を果たしました。

ジェットセッターとジェットセッターダイレクトフライトにおいては、一部マニアの間で高額で取引きされることもあり、憧れのビジネスウォッチに仲間入りしたといえます。

アナログとデジタルのコンビ表示がこのデザインの要で、一度使うと手放せないチタン製の腕時計を代表するモデルとなったのです。

CITIZEN(シチズン) アテッサの特徴

アテッサの主な特徴は、表面加工技術デュラテクトを用いたチタン製であること、摩擦がなく傷がつきにくいことです。

光の軌跡と称されるアテッサは、バンド部分と文字盤のつなぎ目の加工が美しく、一体化されたようなデザインになっています。

2009年には新技術ダイレクトフライトが発表され、世界26都市の時刻が簡単に表示できるようになりました。これはシチズンが他社よりも早く取り入れた機能であり、世界を飛び回るビジネスマンの間でかなり重宝されるものとなりました。

また、光発電エコドライブ、電波受信機能はもちろん、カレンダーなどが即座に確認できるので、さらに使い勝手が良くなったのです。

時間精度も素晴らしく、最大でも誤差はわずか15秒という優れもので、10気圧防水機能も追加されているため、雨や汗などを気にしなくてもOKです。

これらすべての機能を備えた国内の腕時計はアテッサの右にでるものはなく、ビジネスマンのマストアイテムとして有名になったのです。

CITIZEN(シチズン) アテッサの価格帯

価格帯
CITIZEN(シチズン) アテッサ
¥50000~¥250000

アテッサの最新モデルの価格は25万円前後であり、GPS機能なしのモデルなら7.5~14万円程度です。

最安値はワールドタイム機能と、ダイレクトフライト機能のみのモデルで、およそ5万円という良心的な価格になっています。アテッサの定番デザインである多数の表示機能を求めるのであれば、価格帯は15~25万円前後になります。

シンプルで見やすい文字盤を意識したデザインであれば、比較的価格は安く、5~7万円程度と考えてよいでしょう。