腕時計ブランド CVSTOS(クストス)とは

Cvstos(クストス)はスイスの時計メーカーです。

「Franck Muller Watchland Group」の共同オーナーであり執行役員である「Vartan Sirmakes(ヴァルタン シルマケス)」を親に持ち、子供時代から高級時計製造の現場やマーケティングを知る時計業界の申し子「Sassoun Sirmakes (サスーン シルマケス)」と「TAG Heuer(タグホイヤー)」のデザイナーとして活躍し、「Breitling」「Ebel」「Zenith」などの企業ではフリーセミナーを開催するなどの経歴を持つ「Antonio Terranova(アントニオ テラノヴァ)」の二人によって、2005年に設立されました。

Cvstos(クストス)とはラテン語で「守護神」を意味する言葉で、高級機械式腕時計の聖地とも言われるスイスのメーカーとして、若いメーカーでありながらも、スイスの時計製造の伝統に敬意を払い、伝統を守るという意味合いが感じられます。

伝統的な時計製造における技術と最高の時計を創りたいという若き熱意とが融合し、未来へ目を向けた革新的なコンセプトを生み出しました。

その技術と情熱は、性能、効率性、気品、そして希少性という4つの重要な価値観から構成されており、クストスの技術力の高さは、すべての工程においてこの4つの価値観と結びつけ、それぞれのパーツにおいての優美さや希少性をもたせるという強い願望のもと生み出されています。

Cvstos(クストス)は2005年にファーストコレクションとして3つの作品を発表しましたが、それら全てに「チャレンジ(Challenge)」と命名したのは二人の決意の表れだといわれています。

歴史と伝統が支配する時計業界を良く知るサスーンシルマケスにとって、新進ブランドとして名を成すことの難しさがわかった上での 「チャレンジ」であり、また野心的なデザインに定評のあるデザイナーであるアントニオテラノヴァにとっては、ウォッチランドグループの時計製造技術を得たことによって実現可能となった新たな時計を生み出す「チャレンジ」であったのでしょう。

「チャレンジ クロノ」はその中の一つ、優美なトノウケースを持ち、ムーブメントはスケルトン仕上げでした。今でこそスケルトンムーブメントは一種のブームとなっていますが、2005年当時は完全なるマイノリティでした。しかしこのセンセーショナルなスタイルこそが、後の成功を掴むきっかけとなりました。

CVSTOS(クストス)のつくる時計の特徴

野心的で斬新なデザインと伝統に裏付けられた高い時計製造技術が特徴のクストスですが、基本的なラインナップの構成として、トノウ型のケースの“チャレンジ”、ラウンドケースの“チャレンジR”、そしてレディースに向けた“リベル”という3つのコレクションから構成されています。

チャレンジ シリーズ
クストスをのデビュー作であり代表作です。トノウ型のデザインで、スケルトンムーブメント持つデザインは発表された2005年ではとてつもなく斬新でした。現在のトノウ型やスケルトンムーブメントの知名度向上の立役者と言えるシリーズでしょう。
チャレンジR シリーズ
トノウ型のチャレンジシリーズで時計業界での確固たる地位をを確立したクストスの新しい「チャレンジ」として発表されたのが、ラウンドケース型の「チャレンジRシリーズ」です。クストステクノロジーならではの3次元コンセプトが際立つ独特のスタイルに仕上げられている「クロノグラフ」、その名の示す通り航空機をイメージさせる、本物の航空機器同様の素材使いで軽量化を実現した「ジェットライナー」は、「たゆまぬ進化」という理念のもと、アバンギャルドとエレガンスの定義を昇華させ、さらに一歩先へ行く時計造りを体現する時計です。
リ ベル(Re-Bell) シリーズ
クストスの女性向けのコレクションです。上品さと洗練性を追及した、強い個性を持った現代女性に向けに作られています。クストスの技術の4つの価値観により革新的なムーブメントが搭載されたこのコレクションは、単なる男性モデルのケースのサイズを小さくしたというのではなく、現代を力強く生きる女性に向けて確かな審美眼のもとにデザインされました。

CVSTOS(クストス)の腕時計のおおまかな価格帯

CVSTOS(クストス)の腕時計 価格帯

最低でも\1,000,000以上からで、最高額は40,000,000以上です。

 

CVSTOS(クストス)の価格設定は非常に高額です。価格帯の最低でも100万円オーバーで、当ブランドの最高級モデルのトゥールビヨンともなると、1700万円オーバーからとなり、最上位モデルの「ミニッツリピーター」は、4000万円オーバーです。

主力商品の「クロノⅡ」では200万円~300万円の商品が多く、最高級モデルで400万円オーバーとなっております。

また「ジェットライナー」では100万円から200万円間で押さえられており、高級時計の入門用として最適のモデルかもしれません。紹介した商品はほんの一部です。他にもまだまだ魅力的なモデルの商品もありますので、興味がわきましたらクストスのホームページなどをご参照ください。