腕時計ブランド オリエントとは

オリエントは 吉田庄五郎氏によって外国時計の輸入販売専門の「吉田時計店」として創業し、1950年に多摩計器株式会社が設立され、現在の日野市の腕時計の製造工場で操業を開始しました。

翌年にはオリエント時計株式会社と社名を変更し、同年、本格的な機械式時計である「オリエントスター」が誕生します。

1970年代から1980年代にかけてはクオーツ時計の全盛期といわれ、多くのメーカーはクオーツ時計を生産し、機械式時計は日陰の存在となりますが、オリエント地道に機械式時計を生産し続けました。

これは、オリエントが他のメーカーに先駆けて中国をはじめとしてイランなどの中近東や、ブラジルなどの南米に向けて輸出を行っていたからでもあります。

こうした輸出先ではクオーツ時計に欠かせない電池の供給が困難な地域があるため、電池が不要で、修理することによって永く使用することのできる機械式時計が重宝されました。

すると、故障の少ないオリエントの時計はその安定した品質とあいまって地域の嗜好にあわせた個性的なデザインが評価され、海外市場での信頼を勝ち取るとともに、現在では70か国以上で販売されている世界中で愛されるブランドへと成長しました。

クオーツ時計全盛の1980年代が過ぎると、人々は機械式時計の良さを再認識することになります。このようにオリエントはクオーツ時計の波に飲み込まれることなく、機械式時計をつくり続けたメーカーです。

2017年にはこれまでの時計つくりの姿勢はそのままに、長年事業を協力して進めてきたセイコーエプソンと統合し、今も機械式時計をつくり続けています。

オリエントのつくる時計の特徴

多くの機械式時計の中でも独自性が強く異彩を放つ製品はオリエントの強みでもあります。創業以来一貫して機械式時計を作り続けてきたことから、現在では機械式時計といえばオリエントという評価を得るまでとなっています。

中でもオリエントの代表的なブランドは機械式が主力の「オリエントスター」です。

「オリエントスター」はオリエントの歴史そのもといっても過言ではありません。象徴ともいえる械式ムーブメントは45年も前に誕生したものでありながら現在でも「オリエントスター」に搭載されています。

また、オーソドックスなデザインは職人気質を感じさせ、大人の落ち着きを滲ませながら、ファッション性も兼ね備えていて、さまざまな生活シーンで相性のよさを発揮します。

このように、「オリエントスター」は日本の時計づくりにおける高い技術を世界に発信するとともに、オリエントを代表する時計として、デザインと精度の高さを常に追求しながら、ロングセラーを続けています。

オリエントの腕時計のおおまかな価格帯

オリエントの腕時計 価格帯

\60,000から\250,000以上

オリエントの主力ブランドである「オリエントスター」の価格帯は5万円から25万円と幅広くなっています。

価格5万円の「スタンダード」のWZ0011ACなどは、この価格帯の製品ではトップクラスのコストパフォーマンスといってよいでしょう。

また、「オリエントスター」のモデルは細分化されており

オリエントスターのモデル一覧
「スタンダード」が5~6万円台、
「メカニカルムーンフェイズ」が17万円
「セミスケルトン」が7~14万円
「スケルトン」が24~25万円
「レトログラード」が12万円
「チタン」が12万円
「ワールドタイム」が11万円
「GMT」が12万円
「モダンスケルトン」が7万円台~8万円
「クラシックセミスケルトン」が6万円台~7万円
「エレガントクラシック」が7万円~8万円台などとなっています。

最新モデルは2017年に発表された「モダンスケルトン」の数量限定モデルRK-DK0001Lなどで、価格は8万円となっています。