ロマン・ジェロームの概要と歴史の概要と歴史

ROMAIN JEROME(ロマン・ジェローム)は、ウブロのゼネラルディレクターだった、イバン・アルパ氏が2004年に創立した「ロマン・ジェローム社」の時計です。創始者であったイバン・アルパ氏は既にロマン・ジェロームを離れており、現社長はマニュエル・エムシュ氏が務めています。

海外の高級腕時計ブランドとして有名なロマン・ジェロームが製作する時計は、オリジナリティあふれる斬新なモデルが多いことでも人気があります。

ここ100年くらいの間に起こった大事件のDNAを時計に組み込み、未来に残していくことをコンセプトにして作られるロマン・ジェロームの時計は、実際にその出来事に関わる"物質"を時計に組み込んでいます。タイタニック号の一部をパーツとして使用した「タイタニックDNAコレクション」が有名です。

ロマン・ジェロームには、船体の一部やムーン・ダストを混ぜたパーツを使用した「ムーンDNAコレクション」や、アイスランドで起きた噴火の火山灰を使った「エイヤフィヤトラヨークトルDNAコレクション」の3つが送り出されています。

このDNAコレクションに「RJコラボレーション」が加わり、現在4種類発売されています。RJコレクションは、刺激溢れる様々なアイコンをロマン・ジェロームの斬新な解釈のもと、アーティスティックに表現されたモデルが多く発表されています。

1980年代後半に爆発的ブームとなった「テトリス」や、1978年に世界的ブームを巻き起こした「スペースインベーダーゲーム」や「パックマン」「スーパーマリオブラザーズ」「バットマン」や「DELOREAN」とのコラボレーションウォッチなどがあります。

2016年には日本・表参道にロマン・ジェロームのコンセプト・コーナーがオープンしたことを記念して、限定20台のポケモンの腕時計が発表されたことも話題となりました。

さらにデザインにはピカチュウをはじめ、初代ポケモンがメインに描かれ、組み立てるのに高度な技術と長時間の作業が必要となるギミック"トゥールビヨン機構"が採用されている超高級時計は日本円で約2,900万円で、全世界で1本のみの生産です。

他にも2016年には任天堂とコラボレーションしたウォッチ「RJ X スーパーマリオブラザーズ」(250万円)が85本限定で発売されるなど、日本人にとっても嬉しいモデル展開となっています。

ロマン・ジェロームの特徴の特徴

ROMAIN JEROME(ロマン・ジェローム)がつくる時計の特徴は、4つのコンセプトに分けられて発表されるウォッチコレクションにあります。

人々が抱く宇宙へのあこがれを伝統的なスイスの時計製造技術で作り上げた「AIR」のコレクションであるMOON ORBITERには「GMT RJ.M.TO.011.01」モデルと「SPEED METAL RJ.M.TO.MO.002.01」モデルが展開されており、フェイスはまさにスペースをイメージした、月面と宇宙船のデザインとなっています。

一方MOON INVADERはシンプルなデザインでブラックメタルやスピードメタル、ヘビーメタルレッドメタルのカラー展開となっています。スケルトンタイプのSKYLABシリーズ、MOON DUST、1969とさまざまなフェイスの時計があります。

地球や自然の偉大さを表現したコレクション「EARTH」では、噴火の躍動感が伝わってくるような「RJ.V.AU.002.02」が発表されています。

1980年代にサイエンス・フィクションのサブジャンルの1つとして生まれたスチームバンクを表現した「SEA]コレクションのSTEAMPUNK 46は、タイタニック号の部品が使われた「RJ.T.AU.SP.006.09」やカモフラ柄の「REF.RJ.T.AU.SP.007.02」、ポップな柄の「REF.REFRJ.RJY.YAU.AUSP.SP.007.03」の他、スチール、ブラック、RED、メタルといったカラー展開をしています。

中でも、STEAMPUNK TOURBILLONシリーズのタイタニックモデルは1550万円と大変高額なモデルとなっています。STEAMPUNK AUTO・STEAMPUNK CHRONOにはサファリをイメージしたモデルや、100THアニバーサリーなどリミテッドエディションモデルが多く発表されています。まさに海をテーマにした「OCTOPUS LUME」も発表されています。

また、刺激溢れる様々なアイコンをロマン・ジェロームがアーティスティックに表現した「コラボレーション」というコレクションには、バットマンやスパイダーマンをはじめ、デロリアンやハローキティ、スーパーマリオ、スペースインベーダーゲーム、パックンマンとさまざまなキャラクターモデルが登場しています。

またベルリンや、LIBERTY-DNA、ドクロがあしらわれたものやARTISTIC ICONSなどさまざまなモデルを発表しています。

中でもHOROLOGICAL ICONSは、深海を自由に動くマンタを彷彿させるようなフォルムが特徴で、近未来的な彫刻作品のように仕上げられています。他の人が持たない時計を持ちたい人には、是非お勧めの1本となっています。

ロマン・ジェローム腕時計の価格帯

価格帯
ロマン・ジェローム
¥1,200,000~¥17,100,000

ROMAIN JEROME(ロマン・ジェローム)の価格帯は120万円~1710万円で、安くても3桁代からという高級時計ブランドです。

最新モデルは、RJコレクションから「RJ SPIDER-MAN」が2018年3月に登場します。価格は261万円。スケルトンのように張り巡らされた蜘蛛の巣のように、独創的な直線のブリッジによる手巻きスケルトンタイムピースの特性を最大限に活かしたモデルとなっています。

「ムーンDNAコレクション」210万円。月のクレーターをイメージした文字盤にムーン・ダストが、ベゼルにアポロ11号のスチール部品が素材の一部として使用されています。

「ムーン・インベーダー スピードメタル・オートマティック」160万円。ムーンDNAコレクションのインベーダーシリーズで、モダンな顔つきが特徴でシンプルなデザインとなっています。裏蓋についたメダルには、アポロ11号のパーツが使用されています。

「ムーン・インベーダー スペースインベーダー」250万円。スペースインベーダーゲームのフェイスが特徴的なこのモデルは、ロマン・ジェロームファンだけでなく、スペースインベーダーゲームファンからも注目を浴びているモデルです。こちらのモデルも裏蓋にアポロ11号の部品が使用されています。

・AIRコレクションは140万~1710万円
・EARTHコレクションは234万円
・SEAコレクションは120万~1550万円
・コラボレーションは123万~470万円から購入することが出来ます。