NOMOS Glashutteメトロの歴史と概要

NOMOS(ノモス)は、1992年にドイツで創業された腕時計ブランドです。はじまりは1906年に同じくドイツのグランヒュッテで創立された時計メーカーであり、一流と呼ぶにふさわしい高い技術力とデザイン性を誇っています。

そのデザインの洗練さ・繊細さは、国際的プロダクトデザイン賞であるレッド・ドット・デザイン賞を受賞するほどであり、世界的にも大変高い評価を受けています。

また、そのような評価を受けるシックでシンプルな美しい時計が比較的リーズナブルな価格で購入することができる点を魅力として、日本でも幅広い世代の男女ともに人気をはくしています。

その中でもノモスブランドのメトロは、その繊細かつ大胆な作りからレッド・ドット・デザイン賞だけでなく、他にもグッドデザイン賞・ドイツデザイン賞など栄誉ある賞を獲得しており、早くから世界的に注目されたモデルでもあります。

ノモスのブランド自体が時計としての構造・文字盤・ベルトなどのデザインすべてがハウス調のシンプル設計になっており、その上に繊細さを兼ね備えた技術の結集であるメトロはシーンを選ばずに着用することができる優れたデザイン性を持っています。

特にメトロはノモスらしい文字盤の繊細さが最大の特徴となっており、シンプルでありながらビジネスにも対応できるポテンシャルを持ったシリーズです。

時計にもっとも多いホワイトをベースに最小化した数字とドットを基調とされており、そこには男女差や年齢差をも越えるつけやすさとデザイン性を誇っています。

またプライベートのシーンにはミントとレッドの大胆な配色がその魅力を前面に引き出し、公私問わずに着用できるノモスらしい一品に仕上がっています。

NOMOS Glashutteメトロの特徴

ノモスブランドにおけるメトロの最大の特徴は、文字盤とベルトやヒューズに施された繊細な加工にあります。

ノモスブランドとしても基本的にハウス調のシックでシンプルなデザインが採用されていますが、中でもメトロは最小化された数字とドットが文字盤の基調となっています。

そのような余白に美をひそませたデザインの中に、大胆にもミントとレッドという配色を行うことで、シンプルながらも着ける人を飽きさせず、長年愛用されるようなデザインへと進化させました。

また文字盤の上を移動する針もモダンかつこだわりのある繊細なものを採用し、ノモスらしい美学が細部にまで光っています。

さらにメトロはヒューズに強い個性を持たせたモデルでもあります。メトロにつけられたヒューズはダイヤモンドローレット加工が施されており、大変繊細な印象に作られています。

細かいデティールにこだわったヒューズには外側の面部分にノモスのロゴも配置されており、早くから世界的な賞を獲得してきたモデルとしてのこだわりが見られます。

このようなメトロシリーズはノモス特有のシンプルかつデザイン性の高い文字盤を受け継いだ上、かつ洗練された配色で老若男女問わず人気を集めています。

NOMOS Glashutteメトロの価格帯

価格帯
NOMOS Glashutteメトロ

¥26,800~

早くから人気をはくしているノモスブランド・メトロですが、価格帯としてはおおよそ26.800円程度からと推移しています。

ドイツの誇る一流の時計ブランドとしては、若い世代であっても比較的購入しやすく、オフィスワークやプレゼントといったシーンにもその活躍が見られます。

かねてから不動の人気を集め続けているメトロ38モデルは、定番のホワイトをベースとしたモデルと、正反対のブラックをベースとした手巻きのものがあります。

こちらはノモスの時計メーカーとしての技術力とデザイン性を兼ね備えたクラシックな一品となっています。

また自動巻きモデルでは多様なベース色を持つモデルも販売されており、よりデザイン性と個性にこだわりたい方にオススメです。