NOMOS Glashutte タンジェントの歴史と概要

NOMOS(ノモス)は1992年にドイツで創業された腕時計ブランドです。もとは1906年にドイツのグランヒュッテで創立された一流の時計メーカーであったため、高い技術力とデザイン性を持っています。

そのデザインの美しさは国際プロダクトデザイン賞であるレッド・ドット・デザイン賞を受賞するほどになっています。そんなシックでシンプルな美しい時計が比較的リーズナブルな価格で購入することができる点が魅力として、日本でも幅広い世代の男女ともに人気をはくしています。

その中でもノモスブランドのタンジェントは、ノモス自身も自社ブランドの縮図であると述べるほど技術と洗練されたデザイン性を持つ唯一無二のモデルです。タンジェントはノモスブランドの中でも25年間という長い間第一線で活躍し続け、今でも色褪せない魅力を持っています。

腕時計らしい典型的な丸いサークル型のケースに、シンプルさを強調したシックな文字盤が特徴となっています。スタイリッシュかつつけやすいデザインは、長年の活躍もあって数々のデザイン賞を獲得しています。またその品質は折り紙付きで、どんな新モデルにも引けを取りません。

ノモスブランド自体が時計としての構造・文字盤・ベルトなどのデザイン全てがハウス調のシンプル設計になっているため、存在感のあるサークル型が付ける人の腕により映え、老若男女問わず愛されるモデルとして数多くの種類が取り揃えられています。

テトラは自動巻き、手巻きと選ぶことが可能で、プレゼントなどのシーンにも喜ばれる一品です。また自動巻に関しては、時計メーカーの側面もまた持っているノモスならではのキャリバー採用されています。

そのためサイズが大きくなってしまいがちな手巻き時計にスレンダーな印象を持たせることに成功しています。また自動巻においてもその技術力により手巻き時計のようなフィット感を生み出し、古い歴史を持つ一流の時計メーカーならではの真価を遺憾なく発揮しています。

NOMOS Glashutte タンジェントの特徴

ノモスのタンジェントの最大の特徴は、老若男女すべての人を惹きつけるシンプルさと繊細さにあります。

ノモスブランドとしても多く取り扱われているサークル型ですが、その文字盤はつける人を選ばない調和のとれたシンプルさを持っています。ノモスの時計メーカーとしての機能性の追求がそうさせているのかもしれません。

しかしそのシンプルさは数々のデザイン賞を受賞する高いデザイン性も持ち合わせると、世界的に評価を受けています。シンプルかつお洒落な設計はは、公私ともにシーンを選びません。

またタンジェントはノモスブランドの中でも大変シックでシンプルに作られているため、その分軽く繊細な印象を受けます。さらにそこにはノモスの時計メーカーとしての技術力も加わったキャリバーが採用されており、大型になりやすい腕時計につけ心地の良さをプラスしてくれています。

このようなノモスならではのこだわりが人気をはくしており、ノモスブランドの名前を押し上げています。

タンジェントシリーズはノモス特有のシンプルかつデザイン性の高い文字盤を体現し、かつ洗練された個性が魅力の一つでもあります。シンプルさを追求しながらも、サファイアクリスタルガラスを採用するなど、素材へのこだわりがそり一層目を引きます。

また美しさと繊細さはラグに表れており、ノモスのロゴが刻まれています。このような保つ技術力に魅せられる購入者も多く存在します。

NOMOS Glashutte タンジェントの価格帯

価格帯

NOMOS Glashutte タンジェント

\23,800から

長く人気をはくしているノモスブランド・テトラの価格帯としては、基本的に23,800円程度からとなっています。

海外の一流時計ブランドとしては比較的安価に購入することができ、オフィスワークやプレゼントといったシーンにも大いに活躍しています。

タンジェントは非常に人気のあるモデルが多く、男性向けと思われがちなブランド時計ではありますが女性のためのサイズも用意されています。特に女性用のモデルはベルとともに柔らかな色味のものが多く、男性から女性への贈り物として重宝されることも多いようです。

老若男女問わず身に付けることができるタンジェントモデルは、洗練されたデザイン性とハウス調の作り、更に価格を意識したシンプル設計で長く愛されています。