ZENITH(ゼニス) Defyの歴史と概要

ZENITHのDefyは、挑戦をモチーフに作られた時計です。1,960年代に、残念ながら失敗してしまった時計がモデルになっているのです。

その当時、同じ名前のDefyというモデルの時計が販売されるはずでした。そして、本来なら大人気になるはずの時計だったのです。ところが様々な事情によって、結局は販売されるには至りませんでした。それでも諦めきれないZENITHが、結局はそのモデルの時計を復刻させる事を目的に、開発された製品になります。

ただし、ただの復刻の時計ではありません。Defyの最大テーマは、挑戦なのです。

そもそもという会社は、革新的な時計を販売したいという願いがありました。それで技術レベルにしても、最大のものを採用するに至ったのです。革新的な時計を販売する以上は、採用する技術は高いのが望ましいという考え方だったからです。

現にDefyには、時間の正確性に関する特長があります。
もちろんその時計は時間を教えてくれるのですが、非常に正確なのが特徴的なのです。最新の技術が採用されている都合上、そのような時間の精度を実現できている時計なのです。

また、ユニークな着想の元で、時計を作るべきという考え方にも基づいています。せっかく時計を作る以上は、ユニークな物の方が望ましいコンセプトにより、Defyが登場しているのです。
なぜなら、Defyは針が回転する早さに特徴があります。1秒間で1周できる機能が備わっているのですが、それも最新の技術が採用されている事の証明です。他の時計では、なかなか見られるものではありません。

つまり、復刻させたいという思いがあって、なおかつ革新的な最新技術を採用するべきという考えの下で、開発された時計になります。

 ZENITH(ゼニス) Defyの特徴

ZENITHのDefyには、時間の精度に関する特長があります。
とても正確な時間を教えてくれるので、多くの方々から高く評価されています。

本来、時計は正確でなければなりません。間違った時間を教えられると、大変困ってしまうでしょう。しかし、ZENITHのDefyの場合は、その時間が非常に正確なのです。他社から販売されている時計と異なり、とても正確な時間を教えてくれる点は、高く評価されています。

また、ムーブメントの厚みにも特徴があります。
本来は高い技術が採用されている時計は、ムーブメントも少々厚くなってしまう傾向があります。

しかし、ZENITHのDefyは、そのムーブメントも非常に薄く、他社とは大きく異なる点の1つになります。他社から販売されている時計ですと、高い技術レベルが採用されている時には、ムーブメントも少々厚くなってしまう傾向があります。しかし、ZENITHのDefyの場合は、たとえ高い技術が採用されていても、依然として薄いムーブメントになっているのです。

その薄さも、ZENITHのDefyの大きな特徴の1つといえます。

ZENITH(ゼニス) Defyの価格帯

価格帯
ZENITH(ゼニス)Defy
\600,000~\2,000,000

ZENITHのDefyは、2017年に販売されています。
1960年代に作られた時計を復活させる意味合いもあり、改めてその年に販売されていたのです。ちなみに今後も、新たなモデルが続々と登場する予定もあります。

ZENITHのDefyの価格帯は、かなり大きな開きがあるのが特徴的です。いくつかのお店からはZENITHのDefyは販売されていますが、価格帯は60万円台になっている事も多々あります。

しかし、モデルによっては、もっと高めな価格になっている事があります。現にいくつかのモデルでは、販売価格が104万円台になっているのですが、時計としてはかなり高めです。

一部のモデルは200万円台を超えていますし、かなり価格に開きがある時計なのは間違いありません。