ZENITH(ゼニス) Eliteの歴史と概要

ZENITHのEliteは、融合がテーマの時計になります。

伝統と最新技術という2点を調和させるべきというコンセプトで、作られている時計です。

ZENITHは、時計に関する技術レベルには大きなこだわりがある会社です。時計に対しては、最新技術を採用するのが望ましいという考え方で、しばしば高機能な時計も登場しています。ZENITHという会社からは、時間の精度が非常に優れている時計も登場しています。

ですが技術だけでなく、昔ながらの伝統なども大切というコンセプトが浮上しました。良き伝統はそのまま維持するのが望ましいという考え方も、この会社にはありました。

それならば、その両方を兼ね備えている時計を生み出すのが望ましいという発想が浮上しました。その結果として、Eliteという時計が登場したのです。
ですからその時計は、両方のコンセプトが両立されているバージョンになります。

最新技術が採用されていると共に、ZENITHの長い歴史に伴う伝統も、その時計のデザインで表現されています。ですから2つのコンセプトの併存という考えが、この時計を誕生させたきっかけと言えるでしょう。

そのような経緯によって登場したEliteは、現在では多くの方々から支持されるに至っているのです。ZENITHが開発した時の歴史に関して、明らかに1ページを刻んだブランドになります。

またEliteは、時間の正確性もきっかけになっているのです。上述の通り、ZENITHは時計の機能性も重視するべきという考え方の会社になります。その一環として、Eliteの時計は正確な時間を刻む技術が採用されています。

ハイレベルな技術レベルと、昔ながらの伝統が両立させるべきという考え方で、登場した時計と言えます。

ZENITH Eliteの特徴

ZENITHのEliteは、本体部分の薄さに大きな特徴があります。特に極端に厚い時計ではなく、かなり薄いデザインに仕上がっています。

というのもZENITHのEliteは、超薄型のムーブメントにするべきという考え方の元で、開発されています。その結果として、時間を刻むパーツは、非常に薄い状態になりました。それは、他社による時計とは大きく異なる点の1つです。

他社から販売されている時計の場合は、ムーブメントが少々厚すぎる事があります。それで着用している時に、やや煩わしく感じられる事もあるのです。
しかしZENITHのEliteは、それは特に問題はありません。非常に薄型のムーブメントになっていますから、どこに問題なく着用できる時計の1つなのです。

またZENITHのEliteは、耐久力にも大きな特徴があります。この時計は、最新技術が採用されている訳ですが、かなり頑丈な仕上がりになっています。

他社から販売されている時計ですと、あまり頑丈でない事もありますから、過酷な環境での使用が難しい事もあります。しかしZENITHのEliteは、とても頑丈な作りになっている都合上、多彩な環境で使用できるのが特徴的です。

ZENITH Eliteの価格帯

価格帯
ZENITH Elite
\300,000~700,000

ZENITHは、1,994年にEliteを開発しています。その後からは継続的に、Eliteの様々なバージョン登場しているのです。Cal.680という製品の後には、Cal.681などが開発されています。

それでEliteは、価格帯は非常に多彩です。ですが、極端に高い価格の製品が販売されている訳でもありません。

基本的にその価格帯は30万円台に固まっている傾向はありますが、モデルによっては60万円台後半を超えている事もあります。しかし一部の時計に見られるような、100万円という価格帯は、ほぼ見られない時計になります。

高くても、おおむね70万円前後で販売されている時計です。基本的には最新モデルの方が、価格帯が高めになっている傾向があります。