ZENITH(ゼニス) Chronomasterの歴史と概要

ZENITHによるChronomasterは、計測できる時間の細かさに大きな特徴があります。そのような機能性を完備させるのを第一目的に、作られた時計になるのです。

もともとZENITHというメーカーは、時計の機能性に関しては大きなこだわりを持っていました。中でも、ZENITHは、時間の計測性に関しては、かなり大きなこだわりを持っている会社なのですが、時計は計測できる細かさにも違いがあるのです。
たいていの時計は、1秒などの時間は計測できます。しかし0.1秒などの細かな時間を計測できる時計は、めったに見られるものではありません。

ZENITHとしては、そのような細かい時間も計測できる時計を開発したいという願いがありました。様々な研究や開発を重ねた結果、Chronomasterという時計が誕生したのです。

その製品には、計れる時間の細かさに大きな特徴があるのです。
0.1秒などの細かい時間でも計測できるので、多くの方々から高く評価されています。

また、ZENITHは、時計のバラエティーにも大きなこだわりがあります。

あまりバリエーションが少ないようでは、飽きられてしまう可能性があります。そうではなく、多彩なバージョンの時計を開発するのが望ましいというコンセプトの下、Chronomasterが登場しています。
どれも全て画一的なデザインになっているのではなく、様々なバリエーションが存在し、それぞれコンセプトがあるのです。

あるバージョンのChronomasterの場合は、窓をイメージしたデザインになっていますが、別のバージョンのChronomasterはさらに別のデザインが採用されています。色々な種類があるので、選択肢も非常に豊富な時計になっているのです。

「計測できる時間」と「バリエーション」という2点がコンセプトになり、Chronomasterが登場したのです。

ZENITH(ゼニス) Chronomasterの特徴

時計には、テンプというパーツがあります。
人によっては、そのパーツをじっくりと観察したいと望んでいる事もあります。それを観察できる時計の1つが、Chronomasterです。

時計の構造上の問題で、部の箇所を観察するのは、なかなか難しい事もあります。しかし、Chronomasterは、それも問題はありません。上述のテンプという箇所は、時計の心臓部ともいえますが、それを簡単に観察できる構造になっているのです。

また、Chronomasterは、バリエーションの豊富さにも特徴があります。
一部の時計のブランドのように、バリエーションが特に限定されている訳でもなく、多彩な選択肢があるブランドです。

Chronomasterには、計測できる時間の細かさにも特徴もあります。しかも計測される時間が、非常に正確です。
そもそも時計が表現する時間が間違っていては困ります。一部の時計は時間の狂いがあり、多少の誤差が生じてしまう事もあります。
しかしChronomasterの場合は、問題ありません。時間の精度が極めて優れているからです。

ZENITH(ゼニス) Chronomasterの特徴

価格帯
ZENITH(ゼニス)Chronomaster
\600,000~\700,000

Chronomasterは、2,012年に登場しています。その時に登場したChronomasterは1,969という名称は付いていますが、初登場したのは2,012年になります。

Chronomasterの価格帯は、おおむね60万円台や70万円台です。販売価格が100万円などを超えている訳ではありません。

基本的にChronomasterは、価格帯は60万円台後半に集中していて、63万円台のChronomasterも見られますが、種類数はそれほど多くありません。

ただし、Chronomasterのモデルによっては、70万円台になっている事もあります。一部のモデルは2,017年に登場しているのですが、比較的新しいモデルの場合は、価格帯も少々高めになっている傾向があります。