PIAGET(ピアジェ)POLOウォッチの歴史と概要

PIAGET(以下ピアジェ)のPOLOには、洗練されたデザインに特徴があります。

もともとPIAGETというメーカーは、時計のデザインには大きなこだわりがあるのです。機能性も重視しているのですが、上品なデザインを採用した時計を開発したいという願いが、かねてからありました。

また多くの方々からの要望もあり、POLOという時計が開発されるに至りました。

POLOという時計は、機能というよりもデザイン性が重視されているのが特徴的です。独自のおしゃれなデザインが採用されているので、多くの方々から高く評価されています。

またこの時計には、型破りというコンセプトもあります。そもそも時計メーカーとしては、新たなタイプの製品を登場したいという願いも、常々あります。オーソドックスな時計というより、むしろ独自性を強く表現した製品を開発したいという思いもあるでしょう。

それでPOLOというブランドは、その型破りが表現されているのが特徴的です。ありふれた機能だけが完備されているのではなく、他社とは一風異なるデザインも採用された時計になります。

また機能性にもこだわりはあるのです。そもそも時計に対しては、自動巻などが採用されていない事もあります。様々な技術面の問題で、少々難しい事も多いです。

しかしピアジェというメーカーは、上述の型破りには大きくこだわっていました。様々な研究を重ねた結果、最終的には自動巻の時計を作り上げるに至ったりました。

またピアジェは、時計に関する情熱も強く意識しています。時計を保有していると、自然と情熱が湧き上がってくる事もあるのです。時計に対して思い入れが生じるからです。そのような情熱を引き起こす製品を開発したいという思いもあり、POLOというブランドが登場するに至りました。

PIAGET(ピアジェ)POLOウォッチの特徴

POLOには、まずデザイン性に大きな特徴があります。とても洗練されたデザインを採用しているからです。

PIAGETというメーカーは、POLOに関してエレガントという表現を用いています。その表現通り、POLOは非常に上品なデザインに仕上がっています。

そもそも時計自体は、他のメーカーからも販売されています。しかし他社がリリースしている時ですと、あまりデザインが洗練されていない事もあり、オーソドックスな事も珍しくありません。

ところがPOLOの場合は、独自のエレガントなデザインが採用されていて、多くの方々がその見た目を高く評価しています。すなわち時計の見た目自体に、大きな魅力があるブランドです。

また他のメーカーが開発している時計は、自動巻というスタイルを採用するのは、少々難しい事もあります。時計の素材との兼ね合いもあり、なかなか自動巻の時計は困難なためです。

しかしPiagetによるPOLOは、その自動巻のスタイルの採用されています。常に新しい物を開発するというコンセプトの下で、そのような時計が誕生ししました。

またムーブメント部分も、比較的薄く仕上がっています。他社ではムーブメントが少々厚くなっている事もありますが、POLOはそれを極薄に仕上げています。

PIAGET(ピアジェ)POLOウォッチの価格帯

価格帯
PIAGET(ピアジェ)POLOウォッチ
\2,000,000~8,000,000

PIAGETからは、60周年の記念としてPOLOウォッチがリリースされています。その後にも様々なブランドは登場していて、現在も新たなブランドが販売されているのです。

その価格帯は、ブランドによって大きく異なります。例えばポケットウォッチですと800万円台に設定されていて、数ある時計の中でもかなり高めです。しかし他のバージョンですと、200万円台に価格設定されている事もあり、値段はブランドの種類に大きく左右されます。

総じて200万円もしくは300万円台の価格帯になっています。いわゆる腕時計のタイプは、大部分がその価格帯に設定されているのです。しかしポケットウォッチなど特殊なタイプですと、販売価格も少々高めな傾向はあります。