綺麗な写真を撮りたいとは思っても、レンズ交換する手間やカメラとレンズを持ち運ぶ重さなどを考えると躊躇する人も多いでしょう。

そういう人に今おすすめなのが、ハイエンドコンデジです。この記事では、ハイエンドコンデジとは、ハイエンドコンデジの選び方、おすすめのハイエンドコンデジを解説します。

ハイエンドコンデジで、一眼レフやミラーレスのようなに綺麗な写真なのに気軽に撮影が楽しめます。

ハイエンドコンデジとは

一般的なハイエンドコンデジの定義は、レンズ交換ができないコンパクトデジタルカメラでも、搭載しているセンサーが1インチ以上の大型、かつ高性能な明るいレンズを搭載しているものとされています。

レンズは、おおむねF2.8より明るいものをさしています。

ハイエンドコンデジでセンサーが大きいメリットは、レンズ交換なしでもボケ表現ができるようになり、写真の幅を広げることができるところにあります。

大型センサーは光を多く集められるので、暗いところでもボケを表現できます。また、写真の画質も、一般的なデジカメと比べてかなりよくなります。

ハイエンドコンデジの選び方

ハイエンドコンデジは、決して安い買い物ではありませんから、よく考えて買いたいと思うのは当たり前です。

しかし、さまざまなハイエンドコンデジがあり、何を選んでいいかわからなくなってしまうこともあるでしょう。ハイエンドコンデジを選ぶ時には、主に以下のようなポイントを考えてみましょう。

どういう時に使うか

ハイエンドコンデジを使うのは、どんな場面が多いかを考えてみましょう。

子供の撮影が多いなら、撮影する側も動くことが考えられるので、強い手ぶれ補正があると便利です。手ぶれ修正にも種類がありますが、高画質を意識するなら光学式手ブレ補正がいいでしょう。

カメラ初心者には特に強い味方になる、シーン撮影やズーム機能なども合わせてチェックするのをおすすめします。また、登山や海辺などアクティブなシーンには、防水のハイエンドコンデジもいいでしょう。

通信機能が付いているかどうか

せっかく取った写真などの保管には、通信機能を活用すると便利です。コンデジでもWi-Fi機能を搭載しているものも多く、撮ってからスマホなどに転送してすぐにSNSにアップすることも可能です。

通信機能には、Wi-FiだけでなくBluetoothやNFC、GPSなど他の通信方法のものもあります。

ハイエンドコンデジでも動画撮影をして転送を考えているなら、Wi-Fi通信のできるものがおすすめです。

大きさ

コンパクトなカメラがいいから、一眼レフではなくハイエンドコンデジを選ぶ人が多いでしょう。しかし、本体がコンパクトになると、どうしても液晶モニターも小さくなってしまいます。

ファインダーを覗かないコンデジでは、液晶モニターの見やすさも大切です。大きさでいうと、2.6型以上のもので角度を変えられるモニターが見やすいといわれています。

ハイエンドコンデジの大きさとモニターの大きさのバランスのいいものを選びましょう。

レンズの選び方

ハイエンドコンデジは、レンズを交換しないだけに、最初のレンズの選び方は重要です。

レンズは、とりたいもので広角か望遠か、どの程度までF値が使えるかなどのスペックを考えて自分に合うハイエンドコンデジを選びましょう。

ハイエンドコンデジのおすすめ

大きなセンサーを搭載したハイエンドコンデジでも、センサーの大きさと搭載されている他の機能との兼ね合いで、価格帯に幅があります。

予算の中でも自分に合ったハイエンドコンデジが見つかる、おすすめのメーカーとそのシリーズをご紹介します。

ソニーサイバーショット

ハイエンドコンデジの走りとして、今でも先頭を走るのがソニーサイバーショットでしょう。

RX100シリーズは、1インチセンサー搭載のハイエンドデジカメになります。シリーズの中でもすべての機能を搭載しているのが、最高峰RX100M5です。10万円を超えるハイエンドモデルですが、動画撮影、4K撮影もこなす優秀さで多目的に使えるでしょう。

動画撮影に興味がないなら、もう少しお安いハイエンドコンデジになるRX100M4、M3でも十分に綺麗な写真を撮影できます。

【SONY Cyber-shot(サイバーショット)RX100V DSC-RX100M5】
オートフォーカスの早さ、編集がしやすいRAWで撮影が出来るところなどが高評価な一品です。

ミラーレス一眼のかわりに購入する人も多いほどの高性能です。1秒間に最高24コマ連写できるのは、子供やスポーツの撮影にもいいでしょう。

*ワンポイント*
シリーズの価格帯は4万円ほどから10万円ほど
ハイエンドコンデジの中でもハイエンドなRX100シリーズ、動画撮影もこなしたいならM5がおすすめ。

キャノンパワーショット

女子にもおすすめのキャノンパワーショットは、軽量なのはもちろん、ダイヤルを使った操作が主になり、簡単なところがいいでしょう。

また、液晶モニターはタッチパネルで、さらに操作性をアップしてくれます。スペシャルシーンモードも搭載しているので、SNSにちょっと変わった素敵な画像もアップできます。

【Canon コンパクトデジタルカメラ DIGIC7搭載 1.0型センサー PSG9X MARKII】

軽くてダイヤルでセッティングできるのは、カメラ初心者の女子にも嬉しいでしょう。

データ転送は、WiFi/NFC/Bluetoothと3種類を搭載しているので、場所やシーンに合わせて使い分けをできます。シルバーのデザインは、見た目でも人気の一品です。広角レンズで位レストランでもおいしそうなグルメ画像も撮れます。

*ワンポイント*
シリーズの価格帯は5万円前後
軽さ重視、明るくダイヤル設定で簡単に撮れるハイエンドコンデジはスタイリッシュなデザインもおすすめ!

ニコンクールピクス

天体撮影もできるモードを搭載していますが、そのクオリティーはかなりの本格派で高評価を得ています。

ニコンは、ハイエンドコンデジマーケットからはすでに撤退したようですが、2015年に発売されたこのモデルは、それ以上のものが出ないと一部のカメラファンに絶大な支持を得ています。

【Nikon デジタルカメラ COOLPIX P900 ブラック クールピクス P900BK】

ハイエンドコンデジで望遠性能を求めるなら、この一品です。高性能な手ブレ補正も搭載し、2000 mm相当、光学83倍の超望遠ズームで月の表面の模様までくっきり浮き上がります。

しかも、色合いをコマンドダイヤルで調整できる手軽さです。野鳥観察での撮影にも、強みを発揮します。

*ワンポイント*
ニコンのハイエンドコンデジはこのモデルのみ。価格帯は6万円ほど
発売以来数年間、かなりの人気を誇るニコンの一台は、なんといっても望遠性能がおすすめ!

ハイエンドコンデジに関するまとめ

  • 一般的なハイエンドコンデジの定義は、レンズ交換ができないコンパクトデジタルカメラで、1インチ以上の大型センサー搭載、かつ高性能な明るいレンズを搭載しているものとされている
  • センサーが大きいメリットは、レンズ交換なしでもボケ表現ができるようになり、写真の幅を広げることができるところ
  • ハイエンドコンデジの選び方では、搭載している機能を厳選するために、どういう時に使うか考える、また、手軽なコンデジだからこそ、Wi-FiだけでなくBluetoothやNFCなどの通信機能で、気軽に転送できるものがよい
  • コンパクトなカメラが好みでハイエンドコンデジにしたとしても、液晶モニターも小さくなってしまうと見にくいという問題が発生する
  • コンデジ自体の大きさ、液晶モニターが2.6型以上のもので角度を変えられるものが見やすいので、バランスで選ぶのがおすすめ
  • レンズは、とりたいもので広角か望遠か、どの程度までF値が使えるかなどのスペックを考えて自分に合うハイエンドコンデジを選ぶ
  • ハイエンドコンデジのおすすめは、まずはハイエンドの走りといえるソニーサイバーショットRX100シリーズ、RX100M5は、すべての機能を搭載したとも言える一品
  • コンデジらしい軽量なのはもちろん、ダイヤルを使った操作が主になり、簡単なところがおすすめなのは、キャノンパワーショット
  • PSG9X MARKIIは、見た目のシルバーのデザインも素敵な広角レンズの一品
  • ニコンクールピクスは、天体撮影もできるモードを搭載、クオリティーはかなりの本格派で高評価を得ている
  • COOLPIX P900は、ハイエンドコンデジに望遠性能を求めるなら、この一品できまり