エンジェルクローバー Zeroの歴史と概要

Angel Clover(エンジェルクローバー)Zeroは、遊び心あるスタイルを提唱するファッションウォッチです。

提供しているメーカーは、ウエニ貿易グループです。ウエニ貿易グループは、1989年2月に設立された年商524億円の企業です。事業内容は、海外ブランドの時計の製造、オリジナルブランドの製造・販売などを中心に展開しています。

ブランド「Angel Clover(エンジェルクローバー)」は、そんなウエニ貿易グループが2009年に発売を開始した時計のブランドです。アジアでは、販売拠点を150店舗以上に拡大しているグローバルに成長している腕時計ブランドです。

エンジェルクローバーは、大人の男性でもコーディネイトを楽しめるカジュアルウォッチとして、高い実用性とファッション性を備えている腕時計です。

高いファッション性を持っているため毎日のコーディネイトのワンポイントとして取り入れることができるデザインで、プレゼントにも喜ばれる腕時計です。

現在、スマホの普及によって腕時計をしなくても問題なく生活をすることができるようになりました。街で腕時計をしている方を見かけることも少なくなりました。

今の時代の腕時計とは、時間を知るためのモノというだけではなく着用する人の本来の性質を浮き彫りにする役割をもった重要なファッションアイテムとなっています。

エンジェルクローバーでは、そんな遊び心あるスタイルを提唱しています。

普段持ち歩けるアクセサリーとして、ファッションの一部となり活躍してくれるだけではなく、絶妙なバランスでトレンドを盛り込んでいる洗練されたデザインの腕時計であるため、プレゼントとして贈る方も多いです。

大人にも似合う、WILD & EDGEをコンセプトにした存在感のあるデザインと独自のスタイルとして遊び心の効いた大人のための腕時計です。

エンジェルクローバー Zeroの特徴

エンジェルクローバー Zeroは、Angel Cloverが考えている「究極のシンプル」を体現した腕時計です。デザインは5色あり、どれも黒やシルバーを基調としたデザインの大人の男性におすすめしたい腕時計となっています。

デザインの特徴は、ベルト部分がレザーベルトとメッシュベルトの2種類あり、交換ベルトとして付いているので、その日の気分でレザーベルトとメッシュベルトを切り替えることができるスペシャルセットで販売されています。

デザイン面が優れているというだけではなく、日付けと曜日も表示される働く男性にこそ持ち歩いてほしい実用性を持っています。

カラー展開では、デザインがシンプルである事にこだわり配色されています。

トレンドのシンプルな文字盤デザインで、数字の12時の位置には「 Λ 」が配置されています。これは、エンジェルクローバーのブランド名の最初の一文字目をアレンジしたものです。

そんな少しの遊び心が盛り込まれたデザインとなっています。

大人の男性のスーツの袖から見えるとおしゃれなアナログ表示で表示されており、文字盤カラーはブラックとホワイトが本体のカラーごとに配色されています。日常生活防水に対する防水性能もあるので、多少濡れる程度では壊れません。

エンジェルクローバー Zeroの価格帯

価格帯
Angel CloverZero シリーズ
¥17,280~¥21,600

 

普段使いとしても、プレゼントとしても人気の高いAngel CloverZeroですが価格は大きく変動することはないようです。現在も販売中となっているのは上記の3点で、どれも2万円前後での価格設定です。

ホワイトの文字盤にブラックのベルトというシックなデザインの「ZE42BWH」と、ホワイトの文字盤にブラウンのベルトがデザインされた「ZE42SWH」や、ブラックの文字盤にブラックのベルトという最もシンプルなデザインの「ZE40SGRY」があり、どれも大人の男性へのプレゼントに最適なデザインです。

すべて、代ベルトが付いているので、ベルトは付け替えが可能です。