ラルフローレンRL888の歴史と概要

ラルフローレンRL888は、ラルフローレンが悩みぬいて導き出した、女性用の時計モデルです。

元々ラルフローレンは、1968年のニューヨーク生まれのデザイナーが設立したブランドで、今では歴史のあるアメリカブランドの一つとなります。

ラルフローレンは、洋服だけでなく、時計なども取り扱い、取り扱い商品の幅が広いことでも有名です。

そして、ラルフローレンは、男性用とは異なるデザインなどを求められる女性用時計の制作にとても悩みました。

そして遂に、一つの答えに辿り着きます。それが、この「RL888」モデルです。このモデルは、2016年の4月に発表され、デザインについても、シンプル~ジュエリーウォッチとして通用するものまで、幅広いデザインを用意しています。

デザインについては、ラウンドケースを採用した「32mmモデル」・「38mmモデル」があり、中には女性用としてだけでなく、男性用としても通用するようなシンプルなシルバーのSS製のものまであります。さらに、ラウンドケース内の針についても「ブレゲスタイル」となっており、モダンな雰囲気を醸し出すデザインです。

時計自体の装飾についても、ローズカットのダイヤモンドをリューズ部分に置いたり、時計回りの枠にもダイヤモンドを施すなど、シンプルなだけでなく、華やかさも感じることができるでしょう。

防水性は3気圧、色合いについても、金と黒の組み合わせ~ダイヤにパープルを絡ませるなど、遊び心も感じることができます。

ストラップについては交換が可能で、ステンレス製のベルト~革製のベルトまで、本人の趣味に合わせてコーディネートができます。

ラルフローレンが考え抜いて制作した「RL888」は、多くの人々の心を魅了する時計モデルです。

ラルフローレンRL888の特徴

ラルフローレンRL888は、使用者にとってメリットとなる4つの特徴が存在します。

ラウンドケース内の数字は、アラビア数字とローマ数字という組み合わせとなっており、その組み合わせは「大胆さ」を演出します。

さらに、RL888のストラップ(ベルト部分)は交換可能となっており、ここに、コーディネート上のメリットが含まれています。ストラップの種類は、「アリゲーター」や、「パテントレザー」、「サテン」、「グログラン」、「カーフ」など、5種類が存在し、服装に合わせた時計の構築が可能です。つまり、ファッションの幅が広がります。

そして、時計の中には、華やかさを感じさせる豪華なデザインのものまで存在します。黒のレザーベルトに金のベゼル、そのベゼルにはダイヤモンドが隙間なく埋め込まれ、きらびやかに光続けます。

ベルトだけでなく、ピンバックルについても種類が存在します。ピンバックル自体の素材はSS製ですが、その色については「シルバー」、「ゴールド」などが存在し、こちらも、個人の趣味に合わせてコーディネートが可能です。

ラルフローレンRL888を上手く自分のコーディネートに取り込むことで、自信が付き、毎日が楽しくなるでしょう。

ラルフローレンRL888の価格帯

価格帯
ラルフローレンRL888
¥221400~¥2619000

 

ラウルフローレンRL888コレクションの中でも、「RL888、32MM、ローズゴールドダイヤモンド1列」(品番RLR0181101)は、全体を金で装飾され、価格は税込みで「261万9千円」となっています。

特徴としてはスイス製で、マニュファクチュールムーブメントとなり、やはりローズゴールドという名前からも、全体の金が目立ちます。

クォーツ仕様なので、1か月の時間誤差を、まず感じないでしょう。

ちなみに、防水性に関しては「3気圧」となっています。

この時計は金も目立ちますが、ダイヤモンドも目立ちます。この時計に施されているダイヤの数は全部で「60個」となり、ベゼルを一周回るように、ダイヤがちりばめられています。

200万を超える価格ですが、ダイヤの数、ゴールドの煌びやかさなどは、その価格に見合った価値があるでしょう。