三菱電機 REALの概要と歴史

三菱電機のREALは、2,004年から展開されています。テレビの向きをリモコンで変えられる機能が備わっていたり、クリアなサウンドを表現できるのが特徴的です。

2,008年には、フルHD製品も登場していて、52MZW100や46MZW100などがあります。上述のリモコンで向きを変えられる機能の他に、省エネ設計になっているのも特徴的です。

2,009年の秋には、ブルーレイに対応したモデルが登場し、リモコンでダビングや録画などを行える40MXW300が発売されています。上述の2,008年のモデルよりも、さらに省エネ設計になっています。

そして2,014年には、65LS1が発売されます。シアン色LEDというものが搭載されていて、臨場感のある映像を映し出せるのが特徴的です。また従来の製品と比べて、立体感がある映像を表現できるのも特徴的です。

この2,014年のモデルには、DIATONEサウンドシステムが採用されていて、臨場感のある音を表現できます。重低音だけでなく、透明感のある音を表現できるのが特徴的です。

また2,017年には、MDシリーズのA40MD9が発売されています。NCVスピーカーが搭載されていて、透明感のある音を表現できる他に、Bluetooth音楽にも対応しているモデルになります。また従来のモデルよりはリモコンボタンのサイズが大きく、見やすさにも特徴があるモデルです。

最新のモデルは58LS3になり、省エネ性能が充実しています。1年間あたりの消費電力は、290kwという製品になります。

このように様々なモデルが登場していますが、画面のパネルに光沢があり、鮮やかな赤い色を表現できるのが特徴的です。

テレビ 三菱電機 REALとは 歴史と特徴 価格帯の解説

三菱電機 REALの特徴

三菱電機のREALは、まず外見に明らかな特徴があります。パネルに光沢感があるためです。

もちろん他社からも、様々なテレビ製品は販売されています。パネルに光沢が見られない製品も多いですが、REALは独自の光沢感があります。

それでREALの場合は、表現できる色に特徴があります。テレビの映像では、赤い色が映し出される事もありますが、REALはその赤い色の鮮やかさが特徴的です。他社が販売しているテレビと比べると、非常に鮮やかな赤い色を表現できる点は、多くの方々から高く評価されています。

また三菱電機のREALには、音質にも特徴があります。オーディオに匹敵するほどの音質を表現できる機能が備わっていて、特に歌謡番組を視聴するのに最適です。他社から販売されているテレビよりは、音が優れていると評価されている事も多いです。

また写真を映し出せる機能にも、特徴があります。例えば自分で撮影した画像を、REALのテレビ画面に映し出す事も可能です。他社によるテレビですと、画像ファイルを映す事自体が不可能な製品も数多くあります。

しかしREALなら、その画像も映し出せる訳です。もちろんその画像も、鮮やかな赤い色で表現できるテレビになります。

三菱電機 REALの価格帯

価格帯
三菱電機 REAL
¥20,000~240,000

三菱電機のREALの最新モデルは、58LS3になります。58インチのテレビですが、価格目安は約24万円です。ですから1インチ換算の価格は、約4,130円という事になります。

それよりも1つ前のモデルであるA40MD9は、価格は97,000円目安になります。40インチのテレビなので、1インチにつき2,425円の製品になります。

上記は比較的新しいモデルですが、それよりも価格が低めな製品もあります。19LB8は約2万円になりますし、24LB7は約25,000円という価格だからです。

ただし年式が古いモデルでも、やや価格が高めな製品もあります。19LB8は2,017年のモデルですが、2,015年の50ML7Hという製品は約63,000円という価格帯だからです。