ジョワイユ/24TVSの概要と歴史

ジョワイユが発売している24TVSのテレビは、現時点では1種類だけになります。いずれも2,018年に登場したテレビで、それ以前には発売されていません。

具体的には、TVS-BKという製品になります。なぜTVS-BKというテレビが登場したかというと、格安感です。

そもそもテレビ自体は、TVS-BK以外にも沢山あります。様々なメーカーがテレビを発売していますが、価格設定が高めな製品も数多く見られます。

そのような割高なテレビではなく、格安な製品が望ましいというコンセプトに基づき、TVS-BKが登場しました。実際そのテレビには、必要十分な機能は実装されています。

そもそもテレビで視聴する為には、ポートで接続する必要はあります。

TVS-BKには、視聴に必要なポートは十分実装されています。またメディアに記録させる機能なども、問題なく実装されています。

そのような実用十分な機能が備わったテレビ自体は、他社からも多く発売されています。

しかし上述の通り、価格設定が高めな製品も沢山あります。十分な機能は備えるのは当然として、価格を高くするのは望ましくないという考えの下で、TVS-BKが発売されるに至りました。

またTVS-BKは、歴史が非常に新しいテレビなのも特徴的です。何しろ2,018年に登場したテレビであるため、つい最近の製品である事は間違いありません。一部のメーカーに見られるような、昭和時代からの歴史があるテレビではありません。

壁掛けにも対応しているテレビであるため、必ずしも台などに設置する必要はありません。フックなどに引っかける事もできます。多彩な場所に設置できるのも、TVS-BKという製品の特徴です。

ジョワイユ/24TVSの特徴

24TVSは、価格設定に大きな特徴があります。極めて格安なテレビです。その価格自体が、24TVSの大きな特徴である事は間違いありません。

24TVSは、現時点では16,400円という価格になります。販売しているお店により価格は異なりますが、非常に低い数字である事は間違いありません。
テレビ自体は、24TVS以外にも沢山あります。

様々なメーカーが高性能なテレビは発売していますが、かなり割高なテレビも沢山あります。中には、100万円を超えるテレビもありますから、なかなか手を出しづらいと感じられる事もあります。

ですが24TVSならば、上記のような1万円台の価格設定になります。値段自体に大きな特徴があるテレビです。

格安だからと言って、クオリティーが悪いテレビではありません。メディア機能が備わっていますから、テレビで再生させる事も可能です。何らかの手段で保存したファイルを、テレビで再生する事も十分できます。

1万円台のテレビですと、そのような機能自体が実装されていない事もあります。24TVSなら、それも十分可能です。

また24TVSは、視聴に求められる必要十分なポートも完備されています。格安な製品なのに、十分な機能が備わっているのが、24TVSの特徴です。

ジョワイユ/24TVSの価格帯

価格帯
ジョワイユ/24TVS
¥16,400~17,000

 

24TVSは、非常に格安な価格帯になります。基本的には16,400円のテレビになるためです。

24TVSというシリーズは、現時点では1種類のテレビしか存在しません。その価格が16,400円という事になりますが、モニターのサイズは24インチになります。このため1インチあたりの価格は約683円という事になります。

発売価格自体が非常に低めであるのは24TVSの特徴の1つです。1万円台のテレビ自体はめったに見かけないためです。また1インチあたりの価格が約680円台というテレビも、なかなか見かけるものではありません。

ただし販売しているお店によって、上記とは異なる価格になる事もあります。しかし、それでも3万円などを超える事はなく、基本的には17,000円台という価格帯のテレビです。