ネクシオン/FTの概要と歴史

格安でも十分な性能を兼ね備えているのが望ましいという考え方の下で、neXXionからはFTというシリーズのテレビが発売されるに至りました。

歴史自体は比較的新しく、一番古い製品でも2,017年の1月に発売されています。最も古い製品は、1961DBです。19インチのテレビになりますが、とても格安なテレビで、現時点でも16,500円前後で購入できます。ただし画面のサイズは比較的小さめで、18.5センチの製品です。

それから様々な構想が練られて、2,017年の3月には4015Bという製品も発売されました。上述の1961DBと違って、画面は40インチのテレビになります。

サイズが大きめであるため、価格も35,000円とやや割高な製品です。しかしneXXionの製品の中でも珍しい、フルハイビジョンの製品になります。

2,017年には、他にもいくつかFTのテレビが発売されています。例えば6月には2403Bという製品が発売され、価格も2万円前後と比較的格安です。

同じ月には、5015Bというサイズが大きめな製品も発売されています。

また9月には3,901Bと3201Bという製品も発売され、それぞれモニターのサイズは39と32インチになります。

更に2,018年になりますと、様々なサイズのDBの製品が発売されるに至りました。2月には2420DBという23.8インチのテレビや、3月には2425DBという製品も発売されています。それぞれ価格は、25,000円前後と19,000円前後です。

格安なテレビを提供するというコンセプトに基づき、価格が低めな製品がいくつも登場するに至った訳です。いずれの製品も価格は低めですが、十分な性能を兼ね備えているテレビとなります。

テレビ ネクシオン/FTとは 歴史と特徴 価格帯の解説
地デジテレビで二万円前後の激安モデル それぞれの価格と特徴を解説

テレビ ネクシオン/FTの特徴

neXXionのテレビには、低価格なのに十分な性能を兼ね備えている特徴があります。

neXXionのFTの製品は、とても低めに設定されています。他社のメーカーと比べると、明らかに格安なのは間違いありません。

neXXionからは、1万円台のテレビも幾つか発売されています。少なくとも100万円台を超える製品は、ほぼ皆無な状況です。

それ自体が、他社には無い特徴の1つです。他社から発売されているテレビですと、価格は数十万円台に設定されている事も、よくあります。それだけに、手が出しづらいと感じられる事もあります。

しかしneXXionのFTには、1万円台でも購入できる製品が数多くあります。

価格が低めと言っても、性能に問題がある訳ではありません。サイズが大きめな製品でも、総じて十分な性能は備わっています。

画面のサイズが大きくなれば、発売価格も高めになってしまう製品も多い中で、FTならば5万円以内でも十分購入可能です。またテレビの性能自体も充実していて、たとえ1万円台という価格設定でも、フルハイビジョンの製品もいくつか発売されています。

それだけに解像度も優れていますが、低価格でその性能を満喫できるのが、FTというテレビの特徴です。

コスパを重視してテレビを選ぶコツとは オススメのテレビを解説

ジョワイユ/24TVSの価格帯

価格帯
テレビ ネクシオン/FT
¥10,000~60,000

FTのテレビの中では、5020Bという製品が一番新しいです

2,018年の5月に発売されたテレビになりますが、価格は約6万円です。画面のサイズは50インチとなりますから、1インチにつき1,200円前後の製品になります。

ところでFTのテレビは、その最新の製品だけではありません。2,017年から次々と新しい製品が登場していますが、それぞれ価格帯も異なります。全般的に3万円台半ばの製品が目立ちますが、1万円台のテレビも数多く発売されています。

1万円台という数字は、他社と比べてもかなり低めです。格安感があるのは、FTというテレビの特徴でしょう。

なお数多くのテレビは発売されていますが、冒頭の5020Bよりも高い製品はありません。したがって価格帯は、1万円台から6万円台のテレビという事になります。