オリオン/RNの概要と歴史

オリオン電機によるRNというシリーズのテレビが開発された経緯は、音に対するこだわりです。音が優れているテレビを開発したいというアイデアがあり、発売されるに至りました。

RNには複数の製品があり、一番古いのは2016年のテレビになります。具体的には40DG10という製品です。40DG10には、モニターに大きな特徴があります。

LEDというモニターが採用されていますが、色彩を忠実に再現できます。特に緑色と赤色を表現する力が優れていて、被写体の映像の色を細かく再現できるのが特徴的です。

またリモコンにも特徴があり、ボタンに刻印されている文字のサイズが大きい上に、モニターから放出されるブルーライトがカットされる機能も備わっています。

さらに2,017年の2月には、24DG10と19DG10と32DG10という製品も新たに登場します。DGの前にある24や19などの数字は、いずれもインチ数になります。性能自体は40DG10と同様ですが、小型のサイズも次々登場しました。

2,017年の9月には、SH10というシリーズも登場します。上述のDG10と比べると、サウンドの性能が優れたタイプです。

冒頭でも触れた通り、RNはクオリティーが高い音を表現する為に開発されました。SH10は、その音の品質がさらに高められた製品になります。モニターのサイズは、24と32インチがあります。

さらに2017年の11月には、SF10というシリーズも向上しています。和紙が使われたスピーカーが採用されている他に、上述のブルーライトや色彩のクオリティーはそのまま引き継いでいる製品になります。

このようにオリオン電機からは、2,016年から現在にかけて複数のRNの製品が登場しています。いずれも画面の色彩や音の品質が特徴的な製品になります。

オリオン/RNの特徴

オリオン電機のRNは、音質に特徴があります。ハイクオリティーな音を表現できるテレビです。

そもそもテレビ自体は、RN以外の製品もあります。他社からも様々なテレビは発売されていますが、必ずしも音質が優れているとは限りません。それぞれ音のクオリティーに違いがあります。RNは、他社よりも良い音を出してくれると評価されている傾向があります。

とりわけ音の明確さに特徴がある製品です。ドラマなどを視聴していますと、テレビによっては、出演者が何を話したか聞き取りづらく感じられる事もあります。その点RNは、独自の和紙を採用しているスピーカーにより、はっきりと聞き取りやすい製品です。

ところで他社が販売しているテレビを検討しますと、価格が気になってしまう事もあります。品質が優れたテレビは幾つも販売されていますが、価格が高い製品ですと、二の足を踏んでしまう事もあるでしょう。

しかしRNの場合は、総じて価格は低めに設定されています。最新のテレビでも、実に10万円を超えていない価格設定になります。最新の製品でも10万円を超えないという価格は、他社ではなかなか見かけません。

それに加えて、上述のサウンドに関する特徴もあります。音質の観点で、価格対効果に優れている製品と言えます。

ゲームに最適なテレビとは 高画質で音質の高いおすすめテレビ

オリオン/RNの価格帯

価格帯
オリオン/RN
¥24,000~25,600

オリオン電機のRNの各製品の中では、24SF10が一番新しいです。それで価格は、25,000円台で販売されている事が多いテレビです。お店によって販売価格も異なりますが、大抵は3万円以下にて販売されています。

しかしRNは、24SF10だけではありません。その他にも様々な製品は販売されていますが、それぞれ価格設定も異なります。

例えば2,017年の2月に発売された32DG10は、25,600円前後という価格になります。また同じ時期に発売された24DG10は、約24,000円という価格設定です。いずれも、現時点では多くのお店で購入できる製品になります。

テレビによって価格は異なりますが、3万円を超えている製品はまず見かけません。