オリオン/SFの概要と歴史

オリオン電機からSFという製品が発売されています。他のシリーズと比べて、音のクオリティーにこだわったテレビです。

オリオン電機から販売されているテレビは、何もSFだけではありません。RNなどの製品もあります。

RNという製品も、音のクオリティー自体は優れています。もともとオリオン電機では、サウンドのクオリティーに優れたテレビを開発したいという思いがあり、RNが開発されました。

その音質を更に良くするのが望ましいという考え方の元で、SFシリーズが発売されました。

オリオン電機によるSFシリーズは、2,017年の11月下旬に発売されています。32SFと24SFという2つの製品があります。

逆に、SFシリーズのテレビは上記の2種類のみに限定されます。その他のシリーズは、オリオン電機からは発売されていません。

それでSFシリーズは、電気回路の見直しが行われているのが特徴的です。もともとRNの製品自体も音質は優れているのですが、更に高い出力のアンプを採用しています。

このため従来のRNと比べると、ドラマや楽器などのサウンドが向上しました。それらの番組は、今までよりもサウンドを深く楽しめる製品になっています。

また解像度にも特徴があるテレビです。以前に発売されているRNも、解像度自体は優れています。

それを更に改良した1,366×768の解像度のディスプレイが採用されていて、従来よりも幅広い色を表現できるテレビになりました。それで自然な色を表現できるテレビが登場しました。

つまり従来のRNという製品を更に改良し、多くの方々に良い音声や映像を届けるのが望ましいという考え方の元で、SFというモデルが登場するに至った訳です。

オリオン/SFの特徴

オリオン電機のSFというテレビは、他社による製品とは異なる特徴が主に2つあります。その内の1つは、テレビのクオリティーです。

SFというシリーズは、音のクオリティーは非常に優れています。もともとオリオン電機が発売したRNというテレビを、更に改良した製品になりますが、独自の出力のアンプが採用されています。他社ではなかなか見かけない、高クオリティーのアンプになります。

それだけでなく、映像にも特徴がある製品です。特に解像度が優れていて、かなり細かな点まで表現できるテレビなのが特徴的です。他社と比べますと、映像が美麗だと評価されている事も、しばしばあります。

クオリティーだけではありません。オリオン電機のSFには、価格にも特徴があります。

SFというシリーズは、全般的に価格が低めに設定されています。現時点では2種類の製品が販売されていますが、いずれも3万円を超えていません。2万円台後半で購入できるテレビです。

そもそもテレビ自体は、SF以外の製品も沢山あります。しかし他のテレビですと、価格設定がやや高めなので、手が出しづらい事もあります。その点SFは、購入しやすい価格に設定されているのが特徴的です。

オリオン/SFの価格帯

価格帯
オリオン/SF
¥25,000~29,000

 

SFというシリーズは、とても価格設定が低めな製品になります。現時点での最新テレビは、SF10という製品なのですが、24インチと32インチがあります。性能自体はいずれも同じなのですが、画面のサイズが異なる訳です。

前者の24インチは、約25,000円という価格設定になります。ですから1インチあたりの価格に換算すると、1,060円台のテレビです。他のテレビと比べますと、低めな価格設定と言えます。

また32インチの場合は、約29,000円になるのです。上述の24インチよりは高めな価格という事になりますが、1インチあたりに直せば、905円のテレビになります。

このようにSFシリーズの価格帯は、現時点では3万円以内という状況です。