HTC/HTCの概要と歴史

HTCのスマホには、主に2つの特徴があります。1つ目は映像の臨場感で、画面の中にいるような感覚を満喫できる機種であることです。

もう1つは、音の臨場感です。専用のイヤホンを装着すれば、周辺の音などにかき消される事もなく、サウンドの臨場感を楽しめるスマホです。そして、それはHTCが誕生した経緯でもあります。

もともと音と臨場感に優れたスマホを開発したいという着想があって、HTCの初代のスマホであるDesire X06HTが誕生するに至りました。2,009年の事です。独特な洗練されたデザインが採用されている上に、とてもスリムなスマホでした。

ただし現在は生産が中止されていて、お店では販売されていません。

それでHTCの歴史ですが、2,012年の5月にはJ ISW13HTが発売されています。使いやすさにこだわったスマホで、最初から様々なストレージサービスを利用できる機種です。

また2,012年の12月にはJ butterfly HTL21が発売されていて、5月に発売されたスマホよりも、ディスプレイの性能が向上しています。とても美麗な画像を楽しめる上に、手のひらに上手く収まるサイズが採用されています。また2,013年の3月にはINFOBAR A02も発売されました。

それで現在発売中で最も新しいスマホは、U11になります。いわゆる「握り」をイメージしたスマホになり、コンパクトなサイズでありながら、ディスプレイ画面の美しさに特徴があるスマホです。

冒頭でも触れた臨場感を重視した機種で、立体感を満喫できるのが特徴的です。また従来よりは音声のクオリティーも高められていて、周囲の雑音にかき消される事もなく、臨場感のある音を楽しめるスマホになります。

このように色々な機種は登場したのですが、総じてHTCのスマホは、ディスプレイ画像の美しさと音のクオリティーが特徴的です。

コンパクトなスマホのおすすめ機種を解説
小型で軽いスマホの選び方 おすすめのモデルの機能と特徴を解説

HTC/HTCの特徴

HTCによるスマホには、画像撮影に関する特徴があります。他のスマホとは異なる点の1つです。

そのスマホには、光学式の補正機能が実装されています。スマホで手作業で写真撮影をしますと、たまに手ブレが生じてしまい、自分が希望するクオリティーにならない事があります。しかしHTCのスマホは、総じて画像のクオリティーは充実しています。

ブレが生じづらい性能が備わっている他に、動画撮影も不自由する事はないスマホです。

またHTCのスマホには、ホーム画面にも特徴があります。多くの方々は、スマホを用いて最新情報を知りたいと望んでいます。

しかし多くのスマホでは、情報を得る為にアプリの起動も必要です。それがやや煩雑に感じられるスマホも、珍しくありません。その点HTCのスマホは、ホーム画面にて最新情報が分かる機能が実装されています。他のスマホでは、なかなか見かけない機能になります。

それと画像の細かさにも、特徴があるスマホです。スマホでカメラ撮影する時には、機種によっては画像がやや荒く感じられる事もあります。その点HTCのスマホは、画素数が非常に大きな機種なので、細かな点まで再現できます。

総じてHTCのスマホには、ホーム画面とカメラ機能に特徴があります。

かわいく写りたい!スマホでの自撮りのやり方、教えます。
androidで画面を録画するアプリの解説と音声付きで録画する方法
目的別で必要なスマホの性能と おすすめのモデルを解説

HTC/HTCの価格帯

価格帯
HTC/HTC
¥11,000~70,000

HTCのスマホの中で、一番最新の機種はU11のSIMフリースマホです。本体価格は約7万円に設定されていて、たとえ新規契約でもMNPでも代金は変わりません。

しかし現在販売中のHTCのスマホは、U11の他にもあります。価格が最も低いのは、2,017年の7月に発売されたU11ソフトバンクです。

現時点では、約11,000円に価格設定されています。その他にも32,000円台や35,000円台など色々な機種はあります。2,015年ぐらいに発売されたHTCのスマホは、だいたい3万円台に価格設定されています。

価格が一番高いのは、冒頭で触れた7万円台のスマホになります。HTCのスマホの場合は、価格帯は11,000円から7万円前後です。

ハイスペックスマホってどんなのがある?【2018年5月最新!】