自分の部屋の広さが6畳という人は多いでしょう。テレビが1人に1台の時代、6畳のスペースでテレビを観るのはごく一般的な風景です。

また、ひとり暮らしの人でもテレビを観る部屋の広さが6畳という人は少なくありません。

最近は、大画面テレビが人気になっていますが、テレビをよりキレイに観るには、テレビの大きさとテレビとの距離が重要です。しかし、そのことを理解してテレビを配置している人は、ほとんどいないでしょう。

ここでは、6畳のスペースに合ったテレビサイズについて解説します。

テレビには適正な「視聴距離」がある

視長距離とは、テレビがもっともキレイに観れる距離のことです。

テレビの画面は点(画素)が集まって映像を作り出しています。遠くから離れて観ると気づきませんが、グッと画面に近づくと画面が点で出来ていることが分かります。

つまり、テレビに近づき過ぎると画面の点が見えてきてザラついた印象になってしまいます。このようなザラついた映像にならないでキレイにテレビを観れる距離が視聴距離です。

理想的な視聴距離は、ハイビジョンテレビの高さの「3倍」と決められています。これは、NHKがハイビジョンを開発する過程で走査線が見えない距離という基準で決まられたものです。

具体的なテレビサイズと視聴距離は以下の通りです。

・26インチ型(画面の高さ約32cm) 視聴距離約1.0m
・32インチ型(画面の高さ約39cm) 視聴距離約1.2m
・40インチ型(画面の高さ約50cm) 視聴距離約1.5m
・46インチ型(画面の高さ約57cm) 視聴距離約1.7m
・52インチ型(画面の高さ約65cm) 視聴距離約1.9m
・60インチ型(画面の高さ約75cm) 視聴距離約2.2m
・70インチ型(画面の高さ約87cm) 視聴距離約2.6m

視聴距離がどのくらいとれるかによってテレビのサイズを決めるのがベストです。

まずは、自分の部屋のレイアウトや部屋の構造をチェックして下さい。

部屋の状況に合わせたテレビサイズ

テレビのサイズを決める前に、まずは自分の部屋の構造やベッドなどのレイアウトを考慮することが大切です。

同じ6畳の部屋でも縦横の比率やベッドや家具などの配置によってテレビが置ける場所が異なり、当然観る場所とテレビの距離にも違いがあります。

32インチ型がオススメの6畳部屋

部屋が四角形に近く、ベッドを置いても椅子やソファの位置とテレビとの距離が十分にとれる場合には、32インチ型のテレビでも視聴距離は十分にとれるでしょう。

ハイビジョンの32インチ型テレビは、画面の横が約70cm幅が約40cmであるため、テレビ台が置ける場所が確保できれば32インチ型のテレビが美しく楽しめます。

26インチ型がオススメの6畳部屋

部屋が長方形でテレビとの距離が取れない場合は、26インチ型がオススメです。26インチ型の視聴距離は約1mであるため、狭いスペースでもキレイに観ることができます。

また、画面のサイズが横が約57cm、縦が32cmですから、横幅でも10cm以上狭いので場所もとりません。

但し、ベットに腰掛けてテレビを観るような部屋でテレビ台との距離が1mもない場合は、22インチ型以下がオススメです。

4Kテレビは画面の高さの1.5倍

テレビの画面は点(画素)が集まって映像を作り出していますが、画素が多ければ画面の密度が高くなりよりキレイな映像になります。逆に画素が少なければ粗い映像になってしまいます。

視聴距離も画素が多ければ、近づいてもキレイな映像で視聴できます。

フルハイビジョンテレビの画素数は、207万画素ですが、4Kテレビは829万画素です。

約4倍も密度が高いのでよりキレイな映像を再現できるのです。当然視聴距離も短くなります。

4Kテレビの場合、視聴距離は画面の高さの1.5倍です。43インチの大きな画面でも約0.8mになります。視野が広がり迫力のある映像が楽しめます。

 

テレビ台の高さにも注意が必要

テレビを椅子に座って観るか寝転がって観るか、ひとによってテレビの見方はいろいろでしょう。

長時間テレビを観ても疲れない目線の高さは決まっています。人の目線は上を向くよりも下を見る方が疲れにくくなっています。テレビを観る場合も、画面の中心よりもやや下を見るような高さから観るのがベストです。

床に座って観る場合は、40cmぐらいまでの低い台に設置するようにしましょう。ソファなら、40cm~60cmぐらいの台がオススメです。

視聴する内容によって大きさを考える

どれぐらいの視聴距離をとれるかでテレビの大きさを決めることも大切ですが、常時見る番組の内容で大きさを考慮することも重要です。

例えば、視聴距離ギリギリの1.2mで32インチ型のテレビを観ているとします。この場合、スポーツ番組やバラエティなど動きやカメラワークの激しいものは、かなり目に負担がかかります。

後ろに下がって観れる余裕があればいいですが、スペース的に無理な場合はテレビのサイズを小さくした方が良いでしょう。

映画など迫力を体験したい場合は、視聴距離に合わせたテレビサイズでも構いませんが、スポーツやバラエティを見るのが主な場合には、テレビサイズを小さくするのがオススメです。

 

テレビを地デジ対応パソコンで観る際の注意点

最近ではパソコンでテレビを観る人も増えてきました。かつてはパソコン用の地デジチューナーを取り付けて観ていましたが、新型のデスクトップパソコンには地デジ機能が搭載されたタイプが多くなっています。

デスクトップパソコンならスペースもとらずに、32インチのような迫力感はありませんが、狭い部屋でも気にせずに使えます。

また、録画や編集ができるのでブルーレイやDVDのレコーダー代わりに使えます。当然テレビを買う必要がないのでコストダウンにもなります。

地デジ対応パソコンのデメリットとして、起動時間がかかるので一般的なテレビのようにすぐに番組を観ることができないことがあげられていました。

しかし、最新のデスクトップパソコでは、OSの起動を待たずにテレビが視聴できるようになり、スピーディーにテレビを視聴することが可能になりました。

地デジ対応パソコンを購入する際には、「OSの起動を待たずにテレビが観れる」以外に、「BSやCSに対応」「ブルーレイディスクドライブ搭載」「大容量HDD」「ダブル録画」などテレビが快適に視聴できる使用になっているかをチェックすることが大切です。

地デジ対応パソコンのデメリットとしては、OSの起動を待たないタイプでなければテレビが観られるまで時間がかかることです。また、番組録画を予約している場合は、パソコンの電源を切ることができません。

常にスリープ状態にしておかなければならないので電気代がかかります。画面サイズは24インチぐらいまでなのでやや迫力に欠けます。

6畳で観るテレビの大きさについてのまとめ

  • 6畳のスペースでテレビをどう配置するかは案外悩むものです。まずは、テレビがキレイに観れる「視聴距離」があることを理解して、視聴距離に合わせたサイズにテレビを選ぶことが大切です。
  • また、テレビを観るのは目線をやや下にするのが疲れない目線の位置です。見る高さにあわせてテレビの台を決めるようにしましょう。
  • 最近は地デジ対応のデスクトップパソコンも人気になっています。パソコンを購入する際には、快適にテレビが視聴できる機能がついているかをチェックすることが大切なポイントです。
  • テレビにするか地デジ対応パソコンにするかは、個人の趣向性です。自分の好みに合わせて6畳での映像を楽しんで下さい。