ドスパラの概要と歴史

ドスパラはパソコン販売ショップチェーン・通販サイトを運営している会社です。

元はサードウェーブという1つの会社が3社に分けて設立しましたが現在では再統合されており、日本全国にパソコンショップチェーンを展開しています。

パソコンやその周辺機器などを中心として、国内外問わず多数な商品を取り揃えており販売しています。

中にはマニアックな商品が並べられている事も多く、それを目当てに来店するコアなファンが多く存在するのも特徴的です。

創業して間もない時期は秋葉原の小さな場所に小型店舗を構えて、当時では珍しく海外メーカーのパソコン商品を取り扱っていました。

その後家庭にもパソコンが普及されると一緒に、当時では入手困難だった海外輸入のPCパーツなどを取り扱うようになり、それから全国にチェーン展開を進め、2003年には現在の屋号であるドスパラへ変更されました。

2011年には秋葉原に当時日本では最大規模のPCパーツショップのドスパラ パーツ館がオープンされ一躍話題となりました。

現在ではパソコンの専門店として日本大手の1つとして数えられるようになり、知名度も高く有名な会社となりました。

2012年から関東を中心としてウェブ通販サイト利用者に正午まで注文した商品を即日配達するサービスが開始されました。

さらに2018年現在では22店舗が全国の主要都市に展開されており、ウェブ通販だけではなく店舗数も増えていることが分かります。

ドスパラの特徴

ドスパラで取り扱っているパソコンの特徴として、性能が高い割には比較的安価で求められる所にあります。

国内で販売しているBTOショップの中では知名度も高く、初心者でも安心して購入する事も出来ます。

BTOとは受注生産という意味で、パソコンのメモリやハードディスクなど、中のパーツ構成を自分でカスタマイズする事が出来ます。これにより予算や使い方などによって個人差があるパソコンを、自分の用途に合わせて自由に決められます。

ドスパラで用意されているパーツは幅広く、国内工場で生産されているので高品質はもちろん手元に届くまでもそこまで時間が掛かりません。

趣味やオフィスでの作業用はもちろん、ゲーミングPCにも対応しており最新式の高性能パソコンへカスタマイズする事も可能です。また、価格を抑えながら性能を下げないタイプのパソコンも販売されており、幅広い方にご利用いただけるようになっています。

高性能なのはデスクトップ型だけではなく、ノートパソコンも同じように高性能のものが多いです。

ドスパラでは最軽量でありながらも性能をそこまで下げないノートパソコンが多く、ネットや動画視聴などであれば動作に不便はありません。

さらにオンラインゲームがプレイ出来る環境に適したノートパソコンも販売されており、扱っているPCの数も多いのも魅力です。

他にもパソコン本体とは別にPCパーツも販売されており、自分でカスタマイズしたパソコンの性能をさらに上げることも可能です。

ドスパラの価格帯

価格帯
ドスパラ
¥60,000~¥160,000

ドスパラではパソコンの種類によっても値段は違いますが、性能別・用途別に幅広く取り揃えられています。

デスクトップPC「Regulus AR5-Q」

最安値のRegulus AR5-Qでは6万円程度で、コスパ抜群のパソコンを買うことが出来ます。

最新のオンラインゲームを楽しむ意外であれば性能面では十分と言えるほど高いパフォーマンスを誇ります。さらにセール中では値引き対象商品であり、関東地域であれば即日出荷も対応可能となっています。

デスクトップPC「GALLERIA XV」

人気No.1のゲーミングPCであるGALLERIA XVは16万円程にはなりますが、ほかのゲーミングPCよりも遥かに性能が高く最高クラスと言っても良いでしょう。高速化のデータ転送にも対応しているので起動や切り替えにも素早く対応できる魅力なパソコンです。

デスクトップPC「Magnate IM」

普段使いやオフィスに最適なMagnate IMであればこちらも6万円程度で購入可能です。

性能は最安値のRegulus AR5-Qよりも高く、期間によってはメモリとハードディスクが無料アップグレードにも対応しているので環境に合わせてカスタマイズする事も可能で特にオススメのモデルです。