「ワンセグ」と聞くと、テレビが視聴できる携帯電話の機能というイメージがあります。

ワンセグ機能がないから自分のスマホではテレビが観れないと思っている人も多いはずです。しかし、ワンセグは携帯の機能ではありません。専用のチューナーを購入すればスマホやパソコンでテレビを視聴できるのです。

この記事では、ワンセグでテレビを観る方法について解説します。

ワンセグとは

家庭で視聴できるテレビは、放送基地局から発信される電波を受信しています。地上デジタル放送では、この電波の中に映像や音声、文字などの信号を一緒に送っています。日本の地上デジタル方法は、「ISDB-T」という規格に基づいて1チャンネルあたり周波数の帯域を13の層(セグメント)に分けて使用しています。

地上デジタル放送は、この13のセグメントのうち12セグメントを使用していて、残りの1セグメントは移動体機器に割り当てられています。この移動体機器用の帯域が1つのセグメントということから「ワンセグ」と呼ばれるようになり、携帯電話などの移動体機器でもテレビ番組の視聴が可能になったのです。

このワンセグに対して地上デジタル放送を「フルセグ」と呼んでいます。

地上デジタル放送の特徴と魅力 PCやアプリで視聴する方法も解説

ワンセグとフルセグとの違い

画質が違う

フルセグは12セグメントを使って電波を送信しているので、データ量が多く高解像度のキレイな画質が楽しめます。

ワンセグの場合は、1つの帯域しか使用していないので画質はあまりよくありません。画面が大きくなるほど粗い映像になってしまいます。

受信する場所に制限があるかの違い

地上デジタルなどのフルセグは、基本的には自宅のアンテナなどで受信するので受信場所に限りがあります。

一方、ワンセグはいつでもどこでも視聴できます。フルセグよりも画質は劣りますが、データ量が少ない分電波が受信しやすいのがメリットです。

バッテリーの消費量の違い

最近では地上デジタル放送が視聴できる携帯端末も登場しています。しかし、フルセグの場合は映像のデータ量が大きいので処理能力も高くなければなりません。その分バッテリーの消費量も大きくなります。

バッテリーの消費量を抑えたいのなら、ワンセグがオススメです。

地上デジタル放送の特徴と魅力 PCやアプリで視聴する方法も解説

ワンセグ機能のない機器でもテレビが観れる

最近のパソコンには、テレビが観れる機能を搭載したモデルも数多く登場しています。しかし、テレビの観れないパソコンやスマホ、カーナビなどでも専用のチューナーをつければ視聴できます。

小さな機器やUSBタイプのワンセグチューナーは、低価格のものなら1000円前後で購入できるものもありますが、一般的には1万円前後の価格になります。

「どうせ観るならフルセグがいい」と思うかもしれません。しかし、フルセグの場合はデータ量が多いので、パソコンやスマホの処理能力が高くなければ、高画質の動画は快適に動作してくれません。まずは、手持ちの機器の処理能力をチェックする必要があります。

一方、ワンセグならあまり処理能力を気にせずに使えます。映画やドラマなど画質を重視するものには不向きですが、ニュースなどの視聴には問題はありません。災害時などの緊急情報を入手するためにもワンセグチューナーを持っていれば安心です。

オススメのワンセグチューナー

ワンセグチューナーは、大きくパソコン用、スマホ用に分かれます。

さまざまなメーカーから商品が販売されていますが、その中からオススメのワンセグチューナーを紹介します。

パソコン用ワンセグチューナー

パソコン用のテレビチューナーには、複数の番組を視聴や録画ができるタイプのものなど色々な製品があります。また、パソコンのOSによって対応できるものとできないものがあるので、お手持ちのパソコンのOS をチェックすることが大切です。

ピクセラ PIX-DT295W
価格は15000円~20000円とやや高めですが、フルセグの地上デジタルだけでなくBSやCSもWindowsパソコンで視聴できます。また、同じ時間帯の番組も同時に録画可能。USBにつなぐだけで高画質の番組が楽しめます。
さらに、SDカードにも録画できるので外出先でもパソコンやタブレット、スマホでも観ることが可能です。

 

ピクセラ PIX-DT300N
USBメモリのようなコンパクトサイズで人気なのがPIX-DT300Nです。
価格も7000円台から10000円前後でお手ごろで、高画質のフルセグ映像が楽しめます。

 

IO-DATA m2TV(GV-M2TV)
USBタイプのMac専用のワンセグチューナーです。価格も1万円台前半で、高画質な地デジの視聴や録画が可能です。
また、Macをサーバーとして無線ルーターでiPadやiPhoneで視聴できます。

IO-DATA m2TV

パソコン用のワンセグチューナーでは、中国の「ゾックス」という会社が1000円以下の価格でUSBタイプのワンセグチューナーを販売しています。画質はよくありませんが、この価格でワンセグが視聴できるのは驚きです。

スマホ用ワンセグチューナー

スマホ対応のワンセグチューナーにはiPhone対応のタイプとandroid対応、両方に対応したものがあります。また、OSなどにも制限があるので自分のスマホに対応しているかチェックすることが大切です。

ピクセラ Xit Stick XIT-STK200
iOS対応のフルセグチューナーです。iPhoneやiPadのLightingコネクタに差し込むだけで簡単に高画質の番組が楽しめます。
さらにワンタッチで録画が可能。気になった番組を素早く録ることができます。価格も12000円台とお手ごろになっています。

 

サンワダイレクト 400-1SG003
iPhoneとandoroidの両方に使えるのが、サンワダイレクトのワンセグチューナー400-1SG003です。
ワイヤレス接続なので、コネクタの種類を心配する必要はありません。販売価格が8980円と1万円を切るのも魅力です。

ワンセグの視聴にはNHK受信料がかかるのか

自宅でテレビを視聴する場合、NHKの受信料を支払うのは義務になっています。
ワンセグで観る場合、2018年3月26日の東京高等裁判所において、ワンセグ機能の携帯しかもっていない世帯にたいしてNHK契約の「義務あり」という判決が下されました。つまり、ワンセグであってもNHKの受信料は支払う義務があるのです。

自宅で受信料を支払い、さらにワンセグでも受信料を支払うなんてあまりにも負担が大き過ぎます。この訴訟は最高裁へ上告されているので最高裁がどう判断するかは大きな関心事になっています。

しかし、現時点では「契約義務がある」ということだけは知っておくべきでしょう。

ワンセグについてのまとめ

  • テレビ放送などの使われる電波は、1チャンネルあたり13の層(セグメント)に分かれています。
  • 地上デジタル放送に使われるのが、12セグメントで残りの1セグメントが携帯などの移動体機器に使用され、通称「ワンセグ」と呼ばれています。
  • ワンセグを受信するには、受信機能が搭載されたものでなくても専用のチューナーをつなぐことで受信が可能です。
  • パソコンやスマホなどによって対応できるチューナーがあるので、ワンセグチューナーを選ぶ際には注意が必要です。
  • また、現時点ではワンセグでもNHK受信料の契約義務が生じることだけは知っておきましょう。