ネックストラップといえば、ビジネスシーンでは社員証を携帯するために必須のアイテムですが、スマートフォンを持ち歩くときにも役に立ちます。

ここではスマートフォン用のネックストラップを、デザインや素材、ブランドなどに注目しながら紹介していきます。

ネックストラップの利点

ご存じのようにスマートフォンは高価な精密機器ですが、携帯性を重視して薄さと軽さを追求した結果、耐久性を犠牲にしたデザインになっています。

特に最近のスマートフォンはディスプレイの面積をぎりぎりまで広くしているうえに、ディスプレイを覆う強化ガラスの厚みはわずか0.5mmほどしかありません。

このように薄い強化ガラスは、垂直方向の力を受けると内側にたわんで受け流すことができますが、横からの力に弱い傾向があります。そのために、ちょっと落としただけでバキバキにヒビが入ってしまうこともめずらしくありません。

そこでおすすめしたいのが、ネックストラップです。スマートフォンにネックストラップをつけて首から提げるようにすれば、うっかり落としてしまうことはなくなります。

しかも両手が空くので、スマートフォンを使わないときもじゃまになりません。そして必要なときはすぐに持って使えるメリットもあります。

スマホでのストラップっている?iPhoneでの付け方と必要性とは
スマホ アップル/iPhoneとは 歴史と特徴 価格帯の解説

ネックストラップを付ける穴がない場合のアイテム

iPhoneやGalaxyなど、最近は本体にストラップホールがないスマートフォンも少なくありません。そのような場合には、以下にご紹介するようなアイテムを使うことでストラップホールを確保して、ネックストラップを取りつけることができます。

コネクターに直接つけるネックストラップ

Pluggy Lock

Pluggy Lock(プラギーロック)はスマートフォンのイヤホンジャックにストラップホールを装着するアイテムです。

使い方はとても簡単です。まずPluggy Lockをスマートフォンのイヤホンジャックに差し込み、つまみをひねって固定します。

すると、そのつまみがストラップホールになるというアイディアグッズです。装着できるのは一般的な3.5mm径のイヤホンジャックですので、スマートフォンやタブレット、ニンテンドーDSなど多くの携帯機器に取り付けることができます。

カラーバリエーションは9種類。愛用の機種やストラップとのカラーコーディネートも可能です。

LightningStrap

LightningStrap(ライトニングストラップ)は、イヤホンジャックのないiPhoneのLightningコネクターにネックストラップを装着するiPhone専用のアイテムです。カラーバリエーションは10色で、ストラップも付属しています。

ホールつきケースをつける

上で紹介した「Pluggy Lock」や「LightningStrap」は手軽で便利なアイテムですが、それらを使用するとイヤホンジャックやLightningコネクターが使えなくなるという欠点があります。

できればネックストラップをつけたままでヘッドフォンも使いたい、という人には、以下に紹介するストラップホールつきのスマホケースをおすすめします。

CASEKOO iPhone X ケース

CASEKOOのスマホケースは、横方向の衝撃からスマートフォンを保護するために、側面全体をシリコンで包み込むバンパータイプのケースです。

背面は硬度9Hの強化ガラスですので、合成樹脂のように変色したり変形したりすることはありません。指紋や汚れも簡単に拭き取ることができます。ストラップ用の穴は側面にありますが、ストラップは付属していないので、別に用意する必要があります。

HUKURO iPhone X 手帳型ケース

国産の栃木レザーを使用した、ハイクラスの手帳型スマホケースです。動物の皮は生のままでは腐敗しやすく、乾燥すると板のように固くなる欠点があります。

そこで皮の主原料のコラーゲンを化学変化させて腐敗を防ぐと同時に柔らかくすることを「なめし」といいます。栃木レザーは「なめし」に化学薬品を使わず、ミモザの樹皮から抽出したタンニンを用いる「タンニンなめし」を行っています。

自然素材でなめした革ならではの堅牢性と、なめらかで重厚な質感が栃木レザーの魅力です。HUKUROの手帳型スマホケースは持ちやすさにこだわった背面のストレート型グリップが特徴です。

利用者の利き手に合わせて左手用と右手用の2タイプを用意しています。カラーバリエーションは6色。レトロ調の洗練されたデザインも魅力です。一般に手帳型ケースは厚みがあり、かさばってしまうのが欠点ですが、そのぶん保護機能が高く、定期券やカードなどを収納できるメリットがあります。

おすすめの革のネックストラップ

HUKURO ネックストラップ

革製のネックストラップでおすすめするのは、同じHUKUROの手帳型スマホケースとおそろいのネックストラップです。素材はもちろん「タンニンなめし」の栃木レザーです。

本製品では首に触れるストラップの裏側にはあえて染色を施さず、革本来の色合いを残しています。取り付け金具の「ナスカン」は取り外し可能で2個付属していますので、IDカードなどとの使い回しが可能です。

カラーバリエーションは6色展開。ナスカンも真鍮色とアンティークゴールドの2色から選べます。

おすすめのブランドネックストラップ

サッカー日本代表 オフィシャルネックストラップ

ブランドもののネックストラップといえば、エルメスやルイヴィトンなどのハイブランドからも販売されていますが、ここでは価格が手頃でしかもタイムリーなブランドとして、サッカー日本代表のオフィシャルグッズを紹介します。

2018年のFIFAワールドカップロシア大会では、日本代表の活躍が大きな話題になっています。

そこでおすすめしたいのが、日本サッカー協会(JFA)公認の携帯電話用ネックストラップです。首ひもは日本代表の新ユニフォームとおそろいのデザイン。

表には「SAMURAI BLUE」のロゴが、裏面には3本足のヤタガラスがプリントされています。携帯、スマホ、IDカードなどが取り付けできる金具付きです。

おすすめのナイキネックストラップ

世界的なスポーツ用品メーカーのナイキからも、スポーツに最適のネックストラップが販売されています。ナイキのランヤードネックストラップは、耐久性に優れたサテンを使用しています。

カラーバリエーションは7種類。軽量で幅が広いため、長い時間使い続けても快適さを失いません。クリップは取り外し可能で、IDカードやスマホなどを素早く脱着することができます。

ネックストラップについてのまとめ

  • スマートフォンの落下を防止するには、ネックストラップを装着すると良い。
  • スマートフォンにストラップホールがない場合には、専用アタッチメントでストラップホールだけを後付けするか、ストラップホール付きのスマホケースをつけると良い。