2017年の流行語大賞にもなった「インスタ映え」ですが、自分で撮った写真をインスタグラムに投稿して、「いいね」をたくさんもらうには、画質の良いカメラが必要です。そんなわけで近年、「インスタ映え女子」や「カメラ女子」と呼ばれる女性たちに大人気なのが、一眼レフやデジタルミラーレスなどの高級カメラです。

最近ではそんなカメラ好きの女子たちにぴったりの、ハイセンスなカメラバッグやストラップも増えてきました。女性ならカメラもおしゃれに持ち歩きたいもの。そこでハイセンスなカメラ女子におすすめのファッショナブルで使いやすいカメラバッグとストラップについてまとめました。

女子のカメラの持ち運びにカメラバックがよい

一眼レフやデジタルミラーレスなどの高級カメラは、メカニカルなかっこよさと画質の良さが魅力です。でもスマホやコンパクトカメラに比べると、はるかに大きくて重い精密機器です。

持ち運ぶためには、耐衝撃性や耐久性、防水性などを備えたカメラ専用のバッグは欠かせません。最近ではカメラ女子好みのおしゃれなカメラバッグも増えてきました。でも選ぶときにはデザインだけでなく、カメラや機材の保護機能や、使い勝手の良し悪しもチェックしましょう。

最も重要なポイントは耐久性と耐衝撃性です。丈夫で傷や水に強い素材で、縫製がしっかりしているものを選びましょう。防水性も大切です。外側だけでなく、フタやファスナーの内側も防水構造になっているものや、専用のレインカバーが付属しているものなら、雨の日でも安心です。

デザイン的にはバッグの開口部が広く、カメラやレンズがスムーズに出し入れできるものを選びましょう。見かけは良くても中身を出し入れしにくいバッグでは、大切なカメラを傷つけたり、落としたりすることになりかねません。

それらの条件を満たすバックで、サイズや価格も用途に合っていたら、あとは好みのデザインで選びましょう。カメラストラップも用途に合ったじょうぶで使いやすいものを選ぶことが大切です。

普段使いもできるおすすめのカメラバッグ

カメラバッグといえば、少し前までは働く男の道具そのものという感じの無骨なデザインが主流でしたが、近年では、カメラ女子のニーズに応じたファッショナブルなバッグも増えてきています。ここでは普段使いもできるおしゃれなカメラバッグを紹介します。

トートバッグタイプのカメラバッグ

コールマン カメラトートバッグ ブルーライン

「コールマン カメラトートバッグ ブルーライン」は、カメラバッグで有名な株式会社エツミと、伝統あるアウトドアブランド、コールマンとがコラボで開発したミニトートタイプのカメラバッグです。

重量わずか350gの超軽量で、クッション性の高いインナーボックスを外せば、普段使いのバッグとしても使えます。色はオレンジ、パープル、ブラウンの3色展開しています。一見するとカメラバッグとは思えないおしゃれなデザインが魅力です。

ショルダータイプのカメラバッグ

PORTER/FREE STYLE CAMERA BAG(S)

PORTER(ポーター)は日本屈指の老舗バッグメーカー、吉田カバンの人気ブランドです。ここに紹介する「PORTER/FREE STYLE CAMERA BAG(S)」は、幅20.5cmの軽量コンパクトで機能的なショルダータイプのカメラバッグです。

素材は高密度に織り上げた10号のキャンバス地にポリウレタンを圧着させた合成クロスですが、ぱっと見、レザーのような質感があります。色はブラック、ブラウン、キャメルの3色から選べます。

ナイロンタイプのカメラバッグ

マンハッタンポーテージ Gracie Camera Bag

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)は「A Bag For Everyone(全ての人のためのバッグ)」をテーマに、実用的でバラエティに富んだバッグを製造販売しているニューヨークのメーカーです。

ここに紹介する「Gracie Camera Bag」は、デュポン社が開発した高強度のナイロン生地「コーデュラ」を使用したカメラバッグです。フラップ式の上蓋は開口部が広く、裏地には耐水性のナイロンを使用しています。

取り外し可能なショルダーストラップは、デルリンという複合素材のバックルを採用しています。軽さと耐久性を両立しています。色はブラックのみです。サイズは幅28cm、奥行き11cmという過不足のない大きさです。

手持ちのバッグをカメラバッグにする

カメラバッグのインナーケースを使う

カメラバッグの内側は、カメラやレンズの収納と保護に最適な構造になっています。表地と裏地の間には衝撃吸収効果が高いスポンジを封入しています。また収納部にもクッション素材の間仕切りがあり、カメラやレンズのサイズに合わせて、配置を換えることができます。

バッグによっては、内部の間仕切り全体がインナーケースになっていて、取り外せばふつうのバッグとして使用できるものもあります。逆に言えば、カメラバッグ用のインナーケースをふつうのバッグに収めることで、カメラバッグに変身させることもできます。

HAKUBA インナーソフトボックス 300 オレンジ

HAKUBAブランドで有名なハクバ写真産業株式会社は、写真映像関連用品の総合商社です。ここにご紹介する「HAKUBA インナーソフトボックス300」は、普段使いのバッグに入れると本格的なカメラバッグに早変わりする、カメラ用のインナーケースです。

上蓋は取り外し式で、2枚の中仕切りパッドが入っています。素材はポリエステルの厚いクッションで構成され、大切な機材をがっちり守ります。色はオレンジ、グレー、ブラックの3色展開。サイズは5つあります。

ネックストラップもおしゃれにこだわる

カメラを持ち歩くときに欠かせないのがネックストラップです。新品のカメラには、メーカー純正のネックストラップが付属していますが、その多くはメーカーのロゴが目立ちすぎて、あまりおしゃれとは言えません。

しかも同じデザインのストラップがいくつものカメラに付属しているため、外出先で他のユーザーとかぶってしまうことも少なくありません。カメラライフをおしゃれに楽しむためにも、バッグだけでなく、ストラップも自分の用途と好みに合うものをしっかり選びたいところです。

ここでは一眼レフやミラーレスにぴったりのハイセンスなネックストラップをご紹介します。

女子向けのカメラ用革ストラップ

ミーナ イタリアンレザーのカメラストラップ / リーフベージュ

ミーナはカメラ女子にぴったりの可愛くておしゃれなデザイン性と扱いやすさを兼ねそなえた写真アイテムを提案している日本のブランドです。おすすめのストラップはイタリア製の高級レザーをふんだんに使用したリーフ柄のストラップです。

レザーストラップとしては比較的スリムですが、肩当てがついているので、首や肩の負担になりません。一眼レフだけでなく軽量コンパクトなミラーレスカメラにもぴったりのハイセンスなアイテムです。日本製ですので、品質の高さも折り紙付きです。色はブラック、ブラウン、ベージュの3色があります。

女子向けのかわいい可愛いストラップ

King EtsHaim Fableather 25 Red Linen (RL)

Kingは写真用品の総合商社、浅沼商会が展開する写真用品のオリジナルブランドです。「EtsHaim Fableather 25 Red Linen (RL)」はナチュラルな花柄模様の布地に、補強用のレザーパーツをワンポイントであしらった、おしゃれなネックストラップです。

ストラップの裏地は汗や臭いがつきにくく、滑り止め効果の高い人工スエードを使用。チェキやミラーレスにも対応するアダプターが付属しています。

女子向けのカメラ用バックについてのまとめ

  • インスタグラムなどのSNSの影響で、高級カメラを愛用する「カメラ女子」が増えている。
  • カメラ女子のニーズに応じて、カメラバッグやネックストラップなどのアイテムも女性向きのデザインが多くなっています。
  • カメラは水や衝撃に弱い精密機器なので、バッグはデザインだけでなく耐衝撃性や防水性も重視したい。
  • 新品のカメラには純正ネックストラップが付属している。おしゃれにこだわるなら、好みのものに交換しましょう。