デジカメやスマホで写真を撮っても、なかなかプリントアウトして飾ることは少なくなったでしょう。

しかし、デジタルフォトフレームを使えば、プリントアウトしなくてもデータのまま写真のように飾ることができます。ここでは、デジタルフォトフレームの選び方、おすすめのデジタルフォトフレームをご紹介します。自宅でもプレゼントにもいいデジタルフォトフレームが見つかります。

デジタルフォトフレームの選び方

デジタルフォトフレームとは、デジタル写真(データのままの画像)を映しだすことができるディスプレイ画面のことをさしています。見た目はフォトフレームと変わりなく、さまざまなデザインのものが売られています。今では種類が豊富なこともあり、いざ買おうとしたときに迷うことも多いでしょう。

デジタルフォトフレームを失敗なく選ぶには、以下のようなポイントを考えて選んでみましょう。

サイズ

デザインはもちろん、デジタルフォトフレームを選ぶ時には、どこに飾るかによって適したサイズを選ぶことも重要です。目安としては、デスクにおいて使うデジタルフォトフレームなら5インチ程度、リビングなどにおいてインテリアの一部として楽しむなら10~15インチ程度の大きさがあってもいいでしょう。ちなみに、7インチがハガキほどの大きさになります。

また、サイズに加えて、アスペクト比、つまり横縦比もチェックしましょう。デジタルフォトフレームには、4:3と16:9の2種類があります。選び方としては、コンパクトデジカメの画像には4:3、一眼レフには16:9を選ぶとより綺麗に写しだされるでしょう。

対応しているメディア

ほとんどのデジタルフォトフレームは、カメラのメディアとして採用されているSDカードには対応しているでしょう。

そのほかに、USBメモリ、メモリースティックなどに対応しているものあります。またBluetoothなどの無線通信や無線LANでネットワークを介して画像をデジタルフォトフレームに転送できるものなどもあります。主に携帯ショップでは、携帯電話回線を使い、遠隔から画像をデジタルフォトフレームに送信できるものまで揃っているでしょう。

容量

デジタルフォトフレームの中には、内蔵メモリがあるモデルもあります。

内蔵メモリがあれば、メディアをさしたままでなくても使えるようになります。内蔵メモリがついていないデジタルフォトフレームなら、フレーム専用にひとつメディアを用意すると使い勝手がよくなります。

特に、Bluetoothy無線LANなどでデータを送信する場合には、内蔵メモリがあるとさらに便利になるでしょう。内蔵メモリは、自分の使い方にあった容量のもでなくては意味がありません。メモリは、8GBの大容量モデルもあるので、使い方に合わせて選ぶようにしましょう。

画素数

デジタル画像は、無数のドットから構成されています。これらのドットを画素といい、ピクセルという単位で表します。ピクセル=画素数は数字が大きければ大きいほど、きめの細やかな質のいい画像が楽しめるということになります。

たとえば、せっかく性能がいい一眼レフで撮影した画像なら、その質をそのままにデジタルフォトフレームで写すには800×480ピクセル以上がおすすめでしょう。

機能

デジタルフォトフレームは、ただ画像を映し出すだけの機能のシンプルなものだけでなく、他にも機能を搭載した多機能なもののあります。

おすすめの機能は、動画再生機能でしょう。思い出を画像だけでなく、デジタルフォトフレームで動画まで楽しるものもあります。しかも、画像の質を追求したハイビジョン対応のデジタルフォトフレームまで発売されています。

また、音楽再生機能もおすすめのデジタルフォトフレームの機能です。画像に合わせた音楽で、思い出をより楽しく再生できるでしょう。また、普段はデジタルフォトフレームにプレーヤーを接続すれば、スピーカーとして機能させることもできます。

デジタルフォトフレームの中には、人勧センサーを搭載しており、自動ON/OFF機能があるものも多いでしょう。人がいない時、タイマーセットでON/OFFを自動にできれば、余計な電力を使わなくてもよくなります。

また、カレンダー・時計表示機能も搭載しているデジタルフォトフレームが増えています。画面いっぱいに画像を写すだけでなく、卓上カレンダーのように画像+カレンダーまたは時計として使うこともできるでしょう。中には、アラーム機能まで搭載しているデジタルフォトフレームもあります。

多機能になればなるほど重要になるのは、付属品のリモコンです。離れたところからでも機能の切り替えをできれば、デジタルフォトフレームをかなり使い回せるでしょう。

おすすめのデジタルフォトフレーム

数多くのデジタルフォトフレームが揃うAmazonの中から、おすすめをいくつか紹介します。

【10.1インチ デジタルフォトフレーム 1024*600解像度 日本語説明書 多機能 自動再生 リモコン付き 人感センサー付き】

[amazonjs asin=”B07CMTZNMC” locale=”JP” title=”10.1インチ デジタルフォトフレーム 1024*600解像度 日本語説明書 多機能 自動再生 リモコン付き 人感センサー付き 良いギフト”]

Amazonの中でも常に上位にランキングしている、おすすめデジタルフォトフレームです。

リビングでもそれなりの存在感がある10.1インチで、LEDバックライト液晶、1024×600ピクセルの高画質です。動画、音楽再生はもちろん、どちらも対応するファイル形式が幅広いため、直接メディアを差して使いやすい一品でしょう。

リモコン、人感センサー、タイマーもついているので、使わない時にはセットしやすいのもおすすめのポイントです。これだけの多機能で、価格が7,600円ほどに抑えられているので、初めてのデジタルフォトフレームにもぴったりです。

【FUJIFILM デジタルフォトフレーム 7インチ 内蔵メモリー512MB 解像度800×600】

[amazonjs asin=”B004C8DUJY” locale=”JP” title=”FUJIFILM デジタルフォトフレーム 7インチ 内蔵メモリー512MB 解像度800×600 オーク DP-S7V”]

画像の質がいいことに定評のある富士フィルムからは、高級感のあるウッドのフレームがすてきなデジタルフォトフレームがおすすめです。大きさは、控えめのハガキ相当の7インチサイズで小さめの部屋のインテリアにいいでしょう。

動画・音楽再生OK、ハイビジョン動画対応、内蔵メモリは512MB、ファイルごとのスライドショー機能など使いやすい機能も充実しています。価格は6,000円ほどで、プレゼントにもおすすめです。

【ELECOM デジタルフォトフレーム “LA MAISON DE MEMOIRE(ラ・メゾン・デュ・メモワール)” “エタニティラブ” 7インチワイド 解像度800×480】
[amazonjs asin=”B004DGI4ZK” locale=”JP” title=”ELECOM デジタルフォトフレーム “LA MAISON DE MEMOIRE(ラ・メゾン・デュ・メモワール)” “エタニティラブ” 7インチワイド 解像度800×480 ピンク DPF-D7WW10PN”]

パソコン周辺機器で定評のエレコムからもデジタルフォトフレームが発売されています。女性向けのフレームはかわいらしいフレームカラーなだけでなく、操作性も簡単でおすすめです。付属のリモコンはキーにイラストが描かれているので、機械が苦手な人でも大丈夫でしょう。10種類のスライドショー機能は、自分で細かな設定をしなくても済むので、ONにするだけでさまざまな画像を楽しめます。基本的な機能が揃っているうえに、美しく輝くラインストーンが豪華で上品、女性の部屋にぴったりでしょう。価格は5,000円と、手にしやすい価格です。

【ソニー SONY デジタルフォトフレーム S-Frame D720 7.0型 内蔵メモリー2GB クリスタル&ホワイト】
[amazonjs asin=”B0047AHGW4″ locale=”JP” title=”ソニー SONY デジタルフォトフレーム S-Frame D720 7.0型 内蔵メモリー2GB クリスタル&ホワイト DPF-D720/WI”]

ウェディングや出産のプレゼントにもおすすめしたい美しいデザインのデジタルフォトフレームは、安心のメーカー:ソニーの一品です。内蔵メモリが2GBと容量多め、部屋になじみやすい7インチ画面がおすすめです。

動画・音楽再生はもちろん、縦・横切り替えなども搭載しています。また、スライドショーの途中で電源OFFになっても、次のONから続きからみることができます。国内メーカーのデジタルフォトフレームは少なくなってきているので、お使い物にはぴったりでしょう。

価格は15,000円ほどと、他のものよりも高めですが、品質とデザインのよさでおすすめです。

【GREEN HOUSE デジタルフォトフレーム ディズニー 3.5インチ スティッチ 解像度320×240 GH-DF35TV-ST】
[amazonjs asin=”B003UA28FM” locale=”JP” title=”GREEN HOUSE デジタルフォトフレーム ディズニー 3.5インチ スティッチ 解像度320×240 GH-DF35TV-ST”]

子供に人気のスティッチがついたデジタルフォトフレームは、子供の動画や画像を写すのにぴったりでしょう。

画面は3.5インチと小さめですが、その場で子供と見ながら操作しやすいように本体にも操作ボタンがついています。SD/SDHCメモリーカードに対応、スライドショー機能、時計やカレンダーなどの基本の機能は搭載しています。

さらに、このデジタルフォトフレームの面白いところはFMチューナーも搭載しているところでしょう。写真と音楽、ラジオなどを楽しめる珍しいデジタルフォトフレームです。価格は15,000円ほどで安くはないですが、子供にプレゼントした時の笑顔が想像できるおすすめです。

デジタルフォトフレームのまとめ

デジタルフォトフレームとは、デジタル写真(データのままの画像)を映しだすことができるディスプレイ画面のことを指しています。デジタルフォトフレームを失敗なく選ぶには、以下のようなポイントを考えて選んでみましょう。
デザインはもちろん、デジタルフォトフレームを選ぶ時には、どこに飾るかによって適したサイズ、SDカードなど対応しているメディアの種類、内蔵メモリのあるなし、あればその容量、画像の美しさ=画素数、動画・音楽再生などフォトフレーム以外の搭載機能などで選ぶのがいいでしょう。
おすすめのデジタルフォトフレームを5,000~15,000円ほどでご紹介しましたので、参考にしてください。