大きな画面のスマホは、見やすく人気の機種も多くあります。しかし、実際に使い始めると手になじみが悪く困っている人もいるでしょう。それを解決するには、バンカーリンクが便利です。

ここでは、スマホのバンガーリングはどう便利なのか、バンカーリングをつける位置、おすすめのスマホのバンガーリングをご紹介します。バンガーリングでより快適に大画面スマホを使えるようになります。

スマホのバンガーリングは便利

画面が大きくスマホは、見やすさはバツグンでしょう。

しかし、手の大きさによっては、文字が入力しにくかったり、しっかりとホールドしにくかったりするケースがあります。スマホを落として壊しても原因にもなりかねないので、解決したいと思っている人も多いはずです。

解決方法のひとつとしておすすめなのが、バンカーリングです。バンカーリングは、スマホの背面に大きなリングをつけることで、そのリングに指をひっかけてスマホをより固定して持つことができます。

ハンガーリングをつける位置

バンカーリングはスマホの背面につけて、一般的には中指を通して使います。

普通の大きさでリングなしでもしっかりホールドできるスマホでも、落下防止などのためにバンカーリングを使う人はいます。その場合には、スマホ背面の中央にバンカーリングをつけているでしょう。

女性の場合やホールド感がほしい場合

普通のスマホでも手が小さく、しっかりホールドできない場合や大画面スマホによりホールド感が欲しくてバンカーリングをつけるなら、中央よりもやや下のほう、やや持つ手側に寄せるのがいいでしょう。

それぞれの人の手の大きさとスマホの大きさ、持ち方や文字の打ち方によって、しっくりくるバンガーリングの位置はちがいます。最終的にスマホにバンカーリングを張りつける前に、テープなどで固定しながらベストポジションを探してみるのがいいでしょう。

また、いったんバンガーリングを張りつけた後でも、何度かなら綺麗に剝がしてつけ直すこともできるので、時間をかけても快適な一を探してみましょう。

バンカーリングをつける前の準備

バンガーリングはしっかりつけなければ、リングとスマホがはがれてしまうことも考えられ、結局スマホが破損したり壊れてしまったりということもあります。バンガーリングをつけるなら、しっかりつけるようにしましょう。

そのためには、つける前の準備が大切です。スマホ本体、あるいはケースの背面など、バンガーリングをつける面をきれいにしましょう。スマホやPCの液晶画面を拭くクロスやシート、ウェットシートなどを使うといいでしょう。

また、拭いた後には他のシートなどで空拭きしてしっかり乾燥させることも大切です。

おすすめのスマホのハンガーリング

豊富な種類のバンガーリングが揃うAmazonからおすすめをいくつかピックアップしましたので、参考にしてください。

【BUNKER RING 3 (全5色) バンカーリング iPhone/iPad/iPod/Galaxy/Xperia/スマートフォン・タブレットPCを指1本で保持・落下防止・スタンド】

[amazonjs asin=”B009GETF2A” locale=”JP” title=”BUNKER RING 3 (全5色) バンカーリング iPhone/iPad/iPod/Galaxy/Xperia/スマートフォン・タブレットPCを指1本で保持・落下防止・スタンド(ジェットブラック)”]

Amazon’s Choiceのひとつでレビューでも好評なバンガーリングは、全5色が揃い改良が重ねられた人気の商品です。
4インチ以上の大きめスマホにもおすすめのリングです。リングは360度回転するので、自分にあった角度で微調整しつつ快適に使うことができるでしょう。リングは折りたたみになっているので、使わない時には邪魔になりません。

また、バンガーリングをはずして水で粘着面を洗えば、半永久的に繰り返し使えるようになっています。もちろん、リングはスタンドとしても使えます。

価格は1,800円ですが、半永久的に使えるのでお得でしょう。

【KYOKA スマホ リング ホールドリング 薄型 スタンド機能 落下防止 車載ホルダー 360回転 iPhone/Android各種他対応】
[amazonjs asin=”B071FWMDBV” locale=”JP” title=”KYOKA 2点セット 車載ホルダー スマホリング エアコン吹き出し口 スマホホルダー マグネット式 360回転 iPhone/Android各種他対応 (ゴールド(セット))”]
バンガーリングのランキング上位にいるのは、リングと車のエアコン吹き出し口用のクネット式車載スマホホルダーがセットに一品です。

バンガーリングは、360度回転、スマホスタンドしても使用できます。

スマホとリングの接着には、3M強力両面テープが採用されいて、しっかりした吸着力が魅力です。バンガーリング部分は、シンプルなデザインで装着時の薄さがわずか3mmです。

リングをつけたスマホをポケットに入れても、ひっかかりや重さなどは気にならないでしょう。車載スマホホルダーとセットで1,800円ほどの価格は、スマホ生活を全体的に快適にしてくれるにはかなり安いでしょう。

【スマホリング 猫耳 薄型 バンカーリング 360度回転 ホールドリング iPhone Android多機種対応】

[amazonjs asin=”B073FS1XRJ” locale=”JP” title=”スマホリング 猫耳 薄型 バンカーリング 360度回転 ホールドリング iPhone Android多機種対応 (ブラック)”]

かわいいネコ型で全4色展開している人気のバンガーリングは、3mmの薄型で邪魔にならず快適に使えると好評です。

薄型リングは立ち上げるのに苦労することがありますが、このネコ型なら耳のところをひっかけてリングを立てやすいでしょう。他の高評価なバンガーリングと同じく、360度回転、スタンドとしても機能します。

車載スマホホルダーとセットではないですが、このバンカーリングの中に鉄片が内蔵されているので、マグネットにつくように細工されています。粘着には強力な3M両面テープを採用、予備のテープも1枚付いています。価格は900円と、かわいくて手ごろなおすすめのバンガーリングです。

バンカーリングのまとめ

  • スマホのバンガーリングは、スマホの文字が入力をしやすくしたり、ホールド感をアップさせたりと便利なものです。特に、大画面スマホを快適に使えるようになるでしょう。
  • バンカーリングは、スマホの背面に大きなリングをつけ、指をひっかけて使います。
  • ハンガーリングをつける位置は、一般的にはスマホの背面中央でしょう。普通のスマホでも手が小さくしっかりホールドできない場合や大画面スマホによりホールド感が欲しくてバンカーリングをつけるなら、中央よりもやや下のほう、やや持つ手側に寄せるのがいいでしょう。
  • バンカーリングをつける前の準備として、バンガーリングをつけるスマホ本体、あるいはケースの背面などつける面を綺麗にしましょう。
  • おすすめのバンガーリングをご紹介しましたので、参考にして自分にあったものを選んでみましょう。