リアルタイムで見れないテレビ番組を録画してくれるDVDレコーダーが家にいない時や、忙しい時、見たい番組が被った時にあると便利ですよね。

今のDVDレコーダーは、様々な機能が搭載されているものが多く、録るのも見るのも、さらに便利になっています。忙しい人や、家族にありがたい機能がそろっています。

DVDではなくDVDレコーダーに録画ができるものも多いので、DVDのお金や場所がかからず番組を楽しめますよ。

DVDレコーダーはHDD内蔵が主流

現在発売されているDVDレコーダーの多くは、HDDを内蔵しています。HDDとはハードディスクドライブの略で、データを保存したり再生したり、また書き換えたりできる装置のことです。

HDDを搭載していれば、わざわざDVDに録画データを書き込んでから再生する、という手間がいりません。HDDに録画して、そのまま再生でき、また削除もできます。

もちろん、HDDに録画したものは、DVDにコピーすることもできます。HDDは保存できるデータ容量が決まっているので、長い期間取っておきたい、というようなものはDVDに移すといいでしょう。

HDDなら、一度録画したものも簡単に消すことができるので、見るかはわからないけどとりあえず録画しておく、というような使い方もできます。データ容量がいっぱいになる前に、消すかDVDに移せば引き続きHDDに録画ができます。

DVDにも保存できるデータ容量が決まっています。パッケージに記載されていますが、1枚につきおおよそ2時間ほどの録画データを保存できます。

しかし、画質を落とせばさらに長時間のものを保存することも可能です。再生時間が長いデータをどうしても1枚のDVDに入れたい、という場合は、画質を下げて保存しましょう。この設定はDVDレコーダーでできます。

HDDで同時に何番組も録画できる

家族でひとつのテレビを取り合う、という経験は多くの方がしていることでしょう。

ひとつはリアルタイムで視聴、もうひとつは録画できるとして、それ以上の番組は諦めるしかなかったのではないでしょうか。リアルタイムで見れないこともありますから、その場合後で見られる番組はひとつだけです。

しかし今のDVDレコーダーなら、それを解決してくれます。機種によっては、同じ時間に複数の番組をHDDに録画保存することが可能です。

これなら家族で見たい番組が被ってしまった、同じ時間に2つ以上の番組を録画したい、という時に便利ですね。

他の部屋で録画を見る事もできる

DVDレコーダーがある部屋とは別の部屋で録画を見られる機種もあります。

これは、無線LANを使って、DVDレコーダーの録画をテレビなどのモニターに転送する仕組みです。モニターは、DVDレコーダーの転送に対応している必要があります。

これがあれば、家族のひとりがリアルタイムや他の録画を見ていて、DVDレコーダーが置いてある部屋のテレビを占領している、というような時でも、他の部屋のモニターで録画が楽しめます。

防水対応のモニターがあれば、お風呂やキッチンなど、DVDレコーダーを置いておけないような場所で録画を見ることもできますね。

おすすめのDVDレコーダーはパナソニック

これまでに紹介した、同時録画や他の部屋で録画を視聴する、といった機能すべてを兼ね備えているのが、パナソニックのおうちクラウドディーガ DMR-BRW1050です。

DMR-BRW1050は、「おうちクラウド」というだけあり、データの保存に長けています。HDDの保存容量は1TBと大容量で、テレビ番組を録画するだけでなく、CD音源やスマートフォンで撮った写真や動画まで保存できます。

保存した写真や動画は、大画面のテレビで見ることも、スマートフォンで見ることもできます。

スマートフォンとの連携はさらにあります。無料のアプリを使えば、DMR-BRW1050に録画した番組をスマートフォンでも視聴可能です。家の中だけでなく、外出先でも視聴できるので、いつでも好きな時にテレビ番組が楽しめます。

移動時間などのスキマ時間にもさっと見ることができるので、録画したはいいけれど見る時間がない、というような方にはうってつけの機能ですね。

DMR-BRW1050は、起動にかかる時間をとにかく削減していて、電源オフの状態からすぐ番組表を表示でき、録りたい番組を逃さず録画できます。DVDにコピーするときも、1時間のものを1分でダビングが可能です。

おすすめの安いDVDレコーダー

ここからは、安めだけれどおすすめのDVDレコーダーをいくつか紹介します。それぞれ特徴があるので、ご自身にあったDVDレコーダーを見つけてください。

SHARP BD-NS520は取りこぼしのない録画ができる

同時録画機能はなくていい、大容量じゃなくていい、という方におすすめなのが、SHARPのBD-NS520です。同じシリーズの中では最もチューナー数と保存容量が少ない機種ですが、その他の機能は見劣りしません。

ドラマを初回から最終回まで、一度の設定でずっと録画してくれる「ドラ丸」や1.5倍速再生、同じタイトルの番組をまとめて表示、連続再生といった機能が搭載されています。

録りこぼしなし、次々と見られるので、ドラマ好きな方におすすめです。

東芝 REGZAブルーレイ DBR-W508は二番組録画ができる

東芝のREGZAブルーレイ DBR-W508は、価格は控えめながら、同時に2番組録画できる機能がついたDVDレコーダーです。

DVDだけでなく、ブルーレイも使用できるので、より綺麗な映像が楽しめます。

自動スキップ再生が可能で、空いた時間にあわせて再生時間を選べます。必要なシーンだけを取り出したり、1.3倍速再生したりといったことを自動で行ってくれるので、リモコンに触らず、短い時間で見終えることができますよ。

DVDへの保存も便利です。番組を録画予約する時に設定しておけば、DVDに高速ダビングができるほか、DVDにあわせて画質を自動調整してダビングできる機能があります。

保存容量は500GBと少なめですが、サクサク視聴できる機能や高速でダビングできる機能があるので安心ですね。なかなか番組を見る時間が取れない忙しい人にオススメです。

SONY BDZ-ZW550は流行の番組が分かる

もし流行を常に追っていたい、とお思いなら、SONYのBDZ-ZW550がいいかもしれません。

「みんなの予約ランキング」という機能がついており、多く録画予約されている番組が一目でわかります。ジャンル別に表示されるので、興味のあるジャンルに絞って閲覧することができます。

お気に入りのタレントや俳優、アーティストなどがいるなら、「おまかせ・まる録」が便利です。

事前に名前などのキーワードを設定しておくと、出演している番組を勝手に録画してくれます。再放送は避けてくれるので、同じものが被ることはありません。70のジャンルから選ぶ方法もあるので、自分でリサーチしなくともラクラク視聴できます。

自分で特定の番組を予約したい時にも便利です。スマートフォンから番組の録画予約ができるので、どこからでも、見たい番組が見つかった時、思い出した時に予約できます。

DVDレコーダーについてのまとめ

  • DVDレコーダーはHDD内蔵が主流で、DVDがなくても録画や再生ができ、削除もできます。
  • DVDに録画できる時間は約2時間。画質を下げればさらに録画できます。
  • HDDに同時録画や他の部屋での録画視聴ができるDVDレコーダーもあります。
  • パナソニックのDIGA DMR-BRW1050なら、そういった機能のほか、スマホでの視聴や素早い起動ができます。