PCは、専門的な用途(ゲーミングPCなど)で使われているものも多々あり、幅広い年代に必要とされています。また、購入コストを抑えることができることから、自作PCに挑戦する人も増えています。

自作PCを形成するパーツの中で重要だと言われているものの1つが、「PCケース」です。PCを自作するには、様々なパーツが必須です。ですが、その中でも「PCケース」の選び方などを妥協してしまうと、性能面などで大きく影響が出てしまいます。

この記事は、「PCケース」をピックアップして選び方などを詳しく解説します。

自作PCのPCケースの選び方

PCケースとは、PCの本体ケースのことを指します。マザーボードや記録媒体と言ったものを収納しているため、PCに必要なパーツは、PCケースの中にあると言えます。

また、外部からの衝撃やホコリなどから、PCの内部を保護する役割を果たしています。冷却性や静音性などのPC性能を左右する重要なアイテムなので、購入する際はじっくり考えることが大切です。

将来的に機能を拡張するときでも、PCケースは関わってくるため、自分が納得するまで製品を見比べたりすることを怠らないようにしましょう。

PCケースは、基本的にサイズが大きいほど拡張性が高いです。「大は小を兼ねる」とも言われており、大きいほうが自由度が上がります。

大型のケースには、いくらでも小さなパーツが入ります。ですが、その逆はできません。ですから、ゲーミングPCなど高スペックを求めている場合は、大型か中型のPCケースを買うことをおすすめします。

一方、最低限でしかPCを使用しない人は小型のPCケースでも良いでしょう。サイズが大きいと置き場所が限られてくることもあるので、自分の目的や用途に合わせて購入する必要があります。

最低限でしか使わないのにサイズが大きめのPCケースを選んでしまい、結果的に後悔する…ということにならないように注意しましょう。

また、ドライブベイの数やサイドパネルの仕様などもしっかりチェックしておくとベストです。

PCケースのおすすめメーカー

PCケースを初めて購入すると言う人ほど、信頼できるメーカーから購入したいと考えることが多いのではないでしょうか。メーカーの特徴は、主に「材質・剛性」・「ベイの扱いやすさ」・「冷却性と静音性」で現れやすいと言われています。

この章では、PCケースの品質が高いと評判が良いとされている特におすすめのメーカーを紹介します。PCケースを購入する際に、是非参考にしてください。

AntecはPCケースのトレンドを牽引している

PCケースのトレンドを牽引していると言われるほど、人気の高いメーカーです。

デザイン自体はシンプルですが低価格なNSKシリーズを販売していたり、質感などがしっかりしていると信頼がとても厚いメーカーとなります。

代表作は、防音性に定評がある「SOLO」と、内部分割構造を採用していることで話題になったP180シリーズと言う静音ケースなどです。

ファンコントロール機能付きのケースファンが、標準で搭載されているのも魅力的でしょう。シンプルで王道な設計が特徴的で、根強いファンが多いメーカーと言えます。

CoolerMasterは元祖冷却志向ブランド

メッシュパネルを採用した、元祖冷却志向ブランドと言っても過言ではないメーカーです。主に、ハイエンド構成でも問題がないように熱対策環境を提供しています。

自作PCに挑戦したことがあるなら、一度はメーカー名を聞いたことがある人も多いでしょう。ロングセラーとして知られている「Centurionシリーズ」だけでなく、「CM 690」と呼ばれる新たな商品もヒットしています。

高級感のあるデザインが多数あり、特に日本人に大人気なメーカーです。

GIGABYTEはPCを自作する人から人気

マザーボードや、ビデオカードなどでも有名なメーカーです。デザインはシンプルですが、PCケースの内部構造がしっかりしているためPCを自作する人から、高い評価を得ています。

人気のあるシリーズは、コストパフォーマンスがよく扱いやすいと言われている「GZ-X」シリーズなどです。汎用性の高い仕様が特徴的なメーカーなので、自作PCに慣れていない初心者にも向いていると言えます。

どのメーカーから検討するかは、自分の用途や目的に合わせて決めましょう。

おすすめのフルタワーPCケース

最も拡張性が優れているのが、フルタワーPCケースです。

DVDやBlu-rayなどの光学ドライブ、その他パーツを多く搭載できるため性能にこだわる人はフルタワーPCケースも検討してみると良いでしょう。

Antec Nineteen Hundred Red

価格は、64561円となっています。

搭載しているドライブベイが17基あることが、特徴的なフルタワーPCケースです。また、デュアルPSUにも対応しています。決して安価とは言えませんが高性能なので、法人用として購入する場合もあります。

Corsair Obsidian 900D CS5315

価格は、47200円です。

最大級のHPTXに対応していることをウリにしている、高スペックなフルタワーPCケースとなっています。

しかも、グラフィックボードは500mm・電源ユニットは280mmにも対応しており、ラジエーターも5つ搭載することが可能です。
つまり、完全水冷仕様にすることもできると言っても過言ではありません。

価格自体はお高めと言えますが、自作PCケースにこだわりたいと考えている人には特におすすめのフルタワーPCケースとなります。

おすすめの静音の高いPCケース

静音性の高いPCケースだと、作業にも集中しやすくなります。また、音楽を聴く際でもPCケースの音がうるさいと気が散ってしまう人も、少なくありません。

静かな空間で音を楽しんだりする人ほど、静音性が高いPCケースを選ぶことがベターです。この章では、静音の高いPCケースを紹介します。

静音性と拡張性を両立したXL-ATX対応PCケース P280

価格は、45679円です。

高級感あふれるデザインと、2層サイドパネルやスポンジにより高い静音性が特徴的なPCケースとなっています。また、内部が広がっているため組上げやすいと言えます。

工作精度も高いので、色んなパーツがきちんと収まるとも定評があります。ですから自作PCにチャレンジしたい人は、こちらのPCケースだと比較的作りやすいのでおすすめです。

Kublai KL07

価格は、11340円です。シックなデザインで、男女問わず購入しやすいPCケースと言えます。

合計3基(フロントx2やリアx1)の14cm静音ファンを標準搭載しているだけでなく、4ヶ所の支点にも振動吸収素材を使用しています。
静音性にこだわって製作されたPCケースだから、静音性を重視している人にも高評価です。

拡張性もあるため、価格以上に高スペックとなっています。

おすすめの冷却に強いPCケース(商品紹介)

内部が発熱していても安心できる、冷却に強いPCケースを紹介させていただきます。冷却に強いほど自作PCが長持ちするので、冷却機能を確認することは必須です。

ZALMAN 【ATX対応】 ミドルタワーPCケース高い冷却性能と拡張性を実現した Z9 Neo

6836円と、比較的購入しやすい価格となっています。5つの120mmファンを標準搭載しており、それに限らず240mmサイズの大型ラジエータにも対応しています。

冷却性能にとことんこだわったPCケースですが、遮音性にも妥協していません。防音パッド・開閉式フロントパネルがあるため、音もうるさくないです。

CORSAIR Obsidian Series 450D

価格は、16171円です。標準搭載ファンに加えて、最大8基まで増設できます。また、水冷一体型ユニット「H110」「H100i」などのラジエーターも搭載することが可能です。

冷却性能に優れているだけでなく、前面・天井・床下にダストフィルターまで備えてあります。まさに、ハイスペックなPCケースと言えるでしょう。

pcケースのおすすめのまとめ

・自作PCで重要になってくるパーツの1つが、「PCケース」です。
・PCケースは、PC性能(冷却性・静音性など)を左右する重大なパーツとなっています。
・「大は小を兼ねる」と言われており、大きなPCケースほど拡張性が優れていると言えます。
・PCケースを購入する際におすすめのメーカーは、「Antec」、「CoolerMaster」、「GIGABYTE」です。