家電は、そう頻繁に買い替えるものではないでしょう。しかし、壊れてしまえば、すぐに買わないと生活に支障が出てしまいます。壊れるまで使うよりも、家電が安い時期に買い替えてしまうのもいいでしょう。ここでは、家電の安い時期とは、2018年のそれぞれの家電の安い時期などをご紹介します。安い時期を狙えば、かなりお得に買い替えできます。

家電の安い時期とは

一般的に、家電が安くなる時期は、お客さんがたくさん買い物をしてくれる時期といわれてます。

新生活の準備の時期である3月、ボーナスの時期の7月、12月、引越しが多い3月と9月、年末年始の12月から1月初めにかけてでしょう。

しかし、実際にはこれらの時期には、目玉商品が多くありますが、数に限りがあるものが多いでしょう。本音で言えば、本当に安いかというと疑問が残ることもあります。

家電の本当に安い時期は?

これらの時期以外に、さらに家電が安くなる時期が大きく分けて2つあります。それは、決算セールと新商品の発売1か月前から直前までの時期です。

決算セールは、1年のうちに中間決算と期末決算の2回あることが多いでしょう。どちらの決算セールでも、すでに型落ちしたモデルや生産終了になったモデルなどを中心に、店側は売り切りを目指して価格を下げます。

大手家電量販店なら、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ケーズデンキ、コジマ、エディオン、上新電機などは中間決算が9月、決算が3月です。ビックカメラは中間決算が2月、決算が8月でお盆に決算セールを当ててくるでしょう。また、ベスト電器は、中間決算が8月、決算が2月と他の家電量販店とはずれています。

ほとんどの家電量販店は公式ホームページがあるので、セールに行く前にチェックしておくとどれがお得か、また値引き交渉がしやすくなるでしょう。

もうひとつの家電が安くなる時期は、新型モデルが発売される1か月前ほどから直前まで、型落ちになるモデルが安くなります。

店側としては、なるべく型落ちになるモデルを売ってしまいたいので安くするのでしょう。欲しい家電がメーカーだけでも決まっているなら、メーカー公式ホームページで新型モデルの発売時期を知ることができます。家電の新型モデルは、だいたい2~3か月前には発表になります。

2018年それぞれの家電の安い時期

だいたいの家電は、1年から数年のサイクルで新型モデルが発売されます。決まったメーカーのモデルで欲しいものがあるなら、新型モデルの発売時期を調べて、それに合わせて買い替えの計画を立てるのがいいでしょう。メーカーやモデルは決まっていないものの、どの家電が欲しいか決まれば、それぞれのモデルで発売時期にはばらつきもありますが、だいたい目安になる発売月があります。

洗濯機の安い時期

洗濯機は、壊れるまで使い続ける人が多い家電のひとつでしょう。一般的に洗濯機の寿命は7年ほどと言われており、それを過ぎると新しい洗濯機を買った方が、洗濯だけでなく光熱費的にも効率よくなると言われています。

洗濯機で人気のメーカーは、パナソニック・東芝・日立でしょう。3社の新型モデル発売時期に合わせて洗濯機が安くなるのは、縦型洗濯機が6月から8月、ドラム式洗濯機は8月から10月が多い傾向にあります。縦型洗濯機が安くなる時期には、梅雨が重なります。

雨が多いと洗濯機の売れ行きが鈍るので、上手く交渉してさらなる値下げをお願いしてみましょう。ドラム式洗濯機は秋に安くなるだけでなく、そろそろ価格が落ち着いてきたので、乾燥機能がある洗濯機が欲しいなら、ドラム式もお買得な買い物になる可能性が高いでしょう。

テレビの安い時期

テレビは、どんどん新しい機能がでるので、買い替え時期に悩むことが多いでしょう。テレビの発売時期は、6月から9月の新モデル発売が多い傾向にあります。ただし、メーカーにより、同じモデルでも画面インチの違いで発売月が違うケースもあります。テレビを安い時期に買いたいなら、先に欲しいメーカーやモデルを決めて、新型モデルの発売時期を調べるのがおすすめです。シャープ、パナソニック、東芝、三菱などは、発売時期にはらつきがあります。

ソニーは、6月に発売になるモデルが多い傾向にあります。また、先に紹介したように、テレビは新型モデルがどんどん出てくるので、発売から10か月ほどすると安くなることも多くあります。ですから、頻繫に値段をチェックするのもおすすめです。

ただし、オリンピックなどのイベントがあり、視聴率アップが見込める時期には、テレビが安くならないこともあります。また、2018年12月1日には、4K/8K衛星放送が開始されるので、それまでは4K/8K放送チューナー内蔵テレビの価格は、あまり下がらないでしょう。チューナー内蔵テレビに買い替えるなら、12月以降で駆け込み需要が落ち着いた時がおすすめです。

掃除機の安い時期

掃除機の新商品は、国内メーカーでは8月から9月に発売が多いので、7月くらいから値段のチェックをするのがおすすめです。人気のダイソンは、3月から5月に新型モデルが出ることが多いでしょう。また、これも人気のルンバは8月や11月に発売になることが多いでしょう。掃除機もテレビと同じように、10か月もたつとセール価格になるものもあるので、まめな値段チェックをするのも忘れないようにしましょう。

掃除機は、もっとも価格が高いのが発売後2か月くらいの時です。ただ、他の家電と違うのが、レビューによっては型落ちモデルの方に人気が出て、価格が下がらないことがあります。例えば、ルンバは後から発売された下位モデルに人気が出て、価格も高止まりしているモデルもあります。そういう時でも買い替えしたいなら、別な掃除機を検討してみたり、決算セールなどの他の安くなる時期を狙ってみたりする必要もあるでしょう。

冷蔵庫の安い時期

冷蔵庫は、家電の中でも高価な部類に入るので、買い換えには慎重になるでしょう。冷蔵庫の機能は、すでに安定してきているので、型落ちモデルでもそれほど機能的には劣らないといえます。
冷蔵庫の新型モデルは、多くのメーカーが10月から11月に出すでしょう。ですから、安くなるのは9月ころからといえます。

冷蔵庫は、暑い夏に壊れやすいと言われています。8月にはまだ十分に安くなっていないことが多いのですが、壊れたらすぐに買わないと不便でしょう。

展示品などを交渉のうえ安くしてもらったり、他の家電とあわせて買い替えて安くしてもらったりするのがおすすめです。また、家電量販店のポイントを使う、インターネットで買うなどの方法をとるといいでしょう。冷蔵庫は、安い時期なら初めの価格の半額以下、たとえば40万円の冷蔵庫を18万円くらいで買えることも多いので、上手な買い替えをしたいところです。

家電の安い時期まとめ

  • 一般的な家電の安い時期とは、新生活の準備の時期である3月、ボーナスの時期の7月、12月、引越しが多い3月と9月、年末年始の12月から1月初めにかけてでしょう。
  • さらに家電が安くなる時期は、決算セールと新商品の発売1か月前から直前までの時期です。決算セールは、中間決算と期末決算と1年で2回あることが多いでしょう。もうひとつの家電が安くなる時期は、新型モデルが発売される1か月前ほどから直前までです。
  • 2018年それぞれの家電の安い時期の目安としては、縦型洗濯機が6月から8月、ドラム式洗濯機は8月から10月が多い傾向にあります。テレビは、6月から9月の新モデル発売なので、7月から9月が安いでしょう。また、掃除機は8月から9月に発売が多いので、7月くらいから値段のチェックをするのがおすすめです。冷蔵庫が安くなるのは、9月ころからといえます。