日常使いできる水中カメラとは

残暑厳しい8月も終わりとなりましたが、今年の夏は “災害” との呼び声も高く、酷暑猛暑の連続でした。きっと9月もしばらくは この暑さは続きそうです。

地球温暖化等 異常気象は日本でも切実な社会問題になっていますが、こう暑い日が続くと人は “涼” を求めて自然と水辺に集まるものですね。そこで今回は 海や河での夏の思いで作りに最適な 水中カメラをご紹介します。

最近では若い人たちの間で流行りの「インスタ映え」を狙った、水中でもきれいに撮れる便利なカメラが多数発売されています。お手軽価格のものから 値段は高くても画質に優れたものなど、ご自分の用途や予算にぴったりの水中カメラを見つけましょう。

まずはその前に。水中カメラは大きく2種類に分けらられます。超広角レンズを搭載したものと、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)と呼ばれるものです。

コンデジ系水中カメラの特徴

「コンデジ」とはコンパクトデジタルカメラの略です。デジタル一眼レフカメラを「デジイチ」と呼ぶのに対し、レンズ交換はできないけれども 作りはコンパクトなのが「コンデジ」の特徴です。

コンデジ水中カメラは 画質が良くズーム可能なのはもちろん、防水機能なども搭載されているので、水中でもきれいな写真を撮りたい人にオススメのカメラです。

超広角レンズ水中カメラの特徴

目の前に広がる水中の世界を ワイドに撮りたい人にぴったりの 超広角レンズ(明確な基準は設けられていないようですが、一般的に24mm以下のレンズをさします。

APS-C機の場合は 16mm以下のレンズが超広角のカテゴリーになります)を搭載した水中カメラで、ざっくり言うと ”広範囲を写せる” カメラです。

おすすめのコンデジ系水中カメラ

オリンパス Tough TG-4

ネーミング通りの ”Tough” な水中カメラです。水深15メートルまで対応可能です。防水・IP6Xの防塵性能・衝撃性は2.1メートルです。

F値2.0の明るいレンズも搭載され、細部まで撮影可能な 顕微鏡モードも搭載されているという、優れた機能満載の人気の高い製品です。

さらに嬉しいポイントは、スマホ専用アプリ「ORYMPUS Image Share」と連携して、写真撮影時のデータ共有も可能です。水辺での微細なシーンまでこだわる人にオススメの水中カメラです。

ニコン COOLPIX AW130

便利なWi-Fi対応です。Android4.0以降のスマホとの接続可能なので、撮った写真をインスタやフェースブック等のSNSに すぐにアップでもきます。

Wi-Fi接続は カメラ本体横のボタンをプッシュするだけで とても簡単です。誰でも簡単に使いこなせるカメラですが、機能面でも充実しています。

水深約300メートルまで対応しているので、スキューバダイビング等の海辺でのレジャーにもぴったりのカメラです。光学5倍ズーム機能も採用されており、水中の人や魚の撮影も思いのままです。

気になる防塵・耐寒・耐衝撃もあるので、水辺以外のアウトドアにも幅広く活用してくれます。

リコー WG-40W

暗所での撮影にはあまり適しませんが、その分価格が抑えられているコスパの良い商品です。光学5倍ズーム搭載です。

この商品もWi-fiでスマホと連動可能。画像データのやりとりもスムーズにできます。またWi-fiによりスマートフォンと連動できるので、写真データのやり取りもスムーズ。

おすすめの超広角レンズ搭載水中カメラ

リコー WG-M2

4K30p動画撮影が可能なタフなボディのアクションカメラです。WG-M1の上位モデル。水深約20メートル連続2時間水中撮影可能です。

防水性能も高く(IPX8、JIS保護等級8相当に準拠)2メートルからの耐落下衝撃性能・IP6X(JIS保護等級6)相当の防塵・マイナス10℃でも動作可能な耐寒構造です。さらに屋外でも音低減機能搭載でクリアなサウンドの記録もできます。

寒さにも強いこの製品なら 1年を通してアウトドアレジャー・アクティビティに幅広く活躍してくれます。

APEMAN Trawoアクションカメラ

170℃超広角パナソニックセンサー搭載のEIS手ブレ補正4K対応で画質がいいです。手ブレ補正機能もあるので アクティブなシーンにオススメです。

広角レンズにより ダイナミック感のある画像が撮れます。2個のバッテリーつきで、容量切れの心配もありません。本体にWiFi機能があり、スマホ画面で撮った画像の確認がすぐにできて便利です。

また、アプリを使っての動画編集まで可能なのが嬉しいポイントです。付属のアクセサリー類の多さもオススメ理由の一つです。

おすすめの水中カメラのレンタル

水辺でのレジャーは 夏の暑いシーズンにしか行かないかも、という人には 買うより”レンタル”した方がお得かもしれません。
レンタルなら万一の破損時にも保証がついて安心です。

そこで 水中で使える防水デジタルカメラを借りられる、レンタルサービス会社をご紹介します。

Rentio レンティオ

全国どこでも無料で発送してくれる 激安の会社です。万一破損してしまっても 最大2000円の支払いで済みます。値段が安いだけでなく、取り扱いカメラの種類も豊富で、台数も多いです。

三脚やバッテリーなどのアクセサリー類も安くレンタルできる、ありがたいサービス会社です。とにかく 価格を抑えたい人にはこちらがオススメです。

三泊四日¥3.480〜  送料無料  保証無料(最大2000円)

DMMいろいろレンタル

こちも全国どこでも無料で発送してくれます。

ゲーム英会話のCMで有名な会社DMM.comが運営しているレンタルサービス「DMMいろいろレンタル」です。名の知れた会社なので 安心感もあります。

水中カメラやカメラのアクセサリーも豊富に取り揃えてあります。嬉しいのは、水中カメラの需要が高まる夏のシーズンでも 借りられないという時期はまずありません。

手続きが簡単なのも嬉しいポイントです。ネット注文すれば 配達〜受け取りまでしてくれます。通常の利用では考えにくい過失による破損や紛失は全額保証ですが、それ以外修理費を負担する必要もありません。

水中カメラについてのまとめ

  • 水中カメラは ”コンデジ系水中カメラ” と ”超広角レンズ搭載水中カメラ” の大きく2種類に分かれる事を念頭に置いて選びましょう。なるべくワイドな景色を撮りたい、とにかく画質にこだわってできるだけきれいな写真を撮りたい等、自分の目的にあった水中カメラがあるはずです。
  • あまり水中撮影する機会がない人なら、レンタルサービスを利用するのも賢い選択です。
    ・画質にこだわる人、水陸問わずいろんな場所に持って行くため荷物を軽くしたいなら ”コンデジ系水中カメラ”
    ・水中の景色を見たままワイドに撮りたい人なら ”超広角レンズ搭載水中カメラ”
    ・水辺やアウトドアシーンなど、アクティブなシーンを撮る事が多い場では 手ブレ補正付きがオススメ
    ・水中シーンなどは年に数えるほどしか撮らない人なら、安く借りれて保証もついたレンタルサービスをお得に活用する
  • 素人でも水中の美しいシーンが撮影できるようになったこの時代、”コンデジ系水中カメラ” ”超広角レンズ搭載水中カメラ”で素敵なメモリーを残してください。