デスク上に置くものが外に多く、狭いデスク上での作業で余計に疲れてしまうことがあります。また、長時間のパソコン使用でも、キーボードやマウスを使うことで手に疲れがくることもあるでしょう。

それらを解決するには、キーボードアームやキーボードアームレストが便利です。

この記事では、キーボードアームとは、キーボードアーム・キーボードアームスタンドのメリットとおすすめの商品、キーボードアームレストとは、アームレストのおススメなどを紹介します。明日にでも、自分のデスクをより快適にすることができます。

キーボードアームとは

パソコン専用デスクにもついている、デスク天板の下についたキーボードをのせる可動式のトレイのことをキーボードアームといいます。

形状によっては、アームスタンドといわれることもあるでしょう。

普通のデスクに取り付け可能な、折りたたみ式や伸縮式などのもので、デスク天板下に自分でつけることができるキーボードアームが売っています。また、天板の上に据え置きでキーボードを置くタイプのものもあるでしょう。

キーボードアーム・アームスタンドのメリット

キーボードアームなどを使うメリットは、デスク上からキーボードを動かすことができるので、デスクスペースを広くしてくれることです。

また、ほとんどのキーボードアームは可動式のものが多く、キーボードを使わない時にはデスク天板下などに収納できるものもあります。デスク上やまわりをすっきりした見た目に整えてくれます。

その他に、より自分の近くにキーボードを置けるので、楽にタイピングができることもあります。

一部のキーボードアームは、高さを変えたりすることも可能です。パソコン使用のための肩こりや腰痛などを軽減させてくれることもあるでしょう。

おすすめのキーボードアーム・アームスタンド3選

キーボードアームやアームスタンドは、可動範囲を確認して理想通りの位置で使用できるか、また自分のデスクに設置可能か、収納できるかを確認しましょう。

設置方法が簡単か、キーボードやマウスの重さとキーボードを打つのにおさえる力に耐えられる耐荷量があるかなどもチェックするといいでしょう。

サンワサプライ CR-KB2 エルゴノミクスキーボードスライダー

キーボードスライドは、キーボードトレイと同じものです。ねじでデスクの天板裏にしっかり取り付けるタイプとなっています。

トレイはスライドで収納可能、高さと角度の調整もできるので、楽にタイピングもできるでしょう。

マウストレイもついているので、これ一台でデスクの上がすっきりします。価格は、10,000円ほどです。

サンワサプライ CR-KB2 エルゴノミクスキーボードスライダー

Bauhutte (バウヒュッテ) 後付け 大型キーボードスライダー BHP-K70-BK

オフィスでキーボードトレイを使いたいなら、ねじで固定するタイプはデスクを傷つけてしまう可能性があるため使えないこともあるでしょう。

そんな時、傷をつけず簡単に取り付けられるキーボードトレイは、クランプ式でデスクを挟んで固定するタイプがおすすめです。

この一台は、一般的なキーボードトレイよりも大きめで、キーボードとマウスパッドまたはペンタブなどを使うのにも便利です。

耐荷量が8kgまであるので、本格的なパソコンでのオフィスワーカーにもおすすめできます。こちらも価格は、10,000円ほどでしょう。

Bauhutte (バウヒュッテ) 後付け 大型キーボードスライダー BHP-K70-BK

サンワサプライ デュアルシステムアーム(モニターアーム・キーボード台) CR-LA601

ディスプレイ用アーム、キーボードトレイ用アームをデスク上に、1本の支柱とクランプで取り付けるタイプもあります。

必要な時だけ、キーボードを引き寄せて使うことができ、トレイは浮いているので、デスクは広く使えるでしょう。書類などのデスクワークと並行してパソコンを使う人には、便利な作りとなっています。

また、複数のモニターやパソコン、タブレットなどを使う人にも、レイアウトを工夫しやすくおすすめです。

価格は13,000円ほどですが、ひとつで2役はこなすのでお値打ちといえるでしょう。

サンワサプライ デュアルシステムアーム(モニターアーム・キーボード台) CR-LA601

キーボードアームレストとは

長時間、腕を浮かせてタイピングなどをすると、腕が辛くなるだけでなく肩や背中などが痛くなることもあります。

腕を支えることで、それらの悩みを解消するために使えるアイテムがキーボードアームレストです。

形状によっては、キーボードアームと同じようにデスクの広さを広げてくれるものもあります。

キーボード用とマウス用がある

キーボードに合わせるアームレストは、一般的には両腕を置けるタイプのものがおすすめです。しかし、マウスの操作だけを考えるなら、片手をのせるタイプでもいいでしょう。

アームレストは、自分の好みにあったサイズや素材で選ぶのがおすすめです。

それに加えて、デスクで使うキーボードアームレストは据え置き以外なら取り付けが可能か、または簡単かも確認するのがいいでしょう。

おすすめのアームレスト

この項目では、おすすめのキーボードアームレストとマウスアームレストをご紹介します。

イーサプライ アームレスト 肘置き 手置き PC キーボード デスク 角度調整 肘肩 疲れ軽減 クランプ式 EEX-DESA02

両手を置ける大型のアームレストは、クッションの取り外しが可能で、軽い作業ならデスクの延長としても使える便利な一品です。

デスク天板を挟み込むクランプ式の固定なので、付け外しが簡単なのは女性にも嬉しいでしょう。使わない時には、90°折り曲げて置けるものおすすめのポイントです。

価格5,000円程度で、デスクを広く使え、姿勢よく楽にパソコンに向かえます。

イーサプライ アームレスト 肘置き 手置き PC キーボード デスク 角度調整 肘肩 疲れ軽減 クランプ式 EEX-DESA02

FocusSports パソコン用 肘掛け アームレスト

使わない時にはデスク側につけておけるアームレストは、腕の疲労をぐっと軽減させてくれる一品です。腱鞘炎の防止などにも効果があるでしょう。クランプ式で取り付けも簡単です。

クッションなどはついていないシンプルな作りですが、これだけでだいぶ楽になるとレビューでも高評価です。

1,400円ほどと安価で試しやすい価格になっています。

FocusSports パソコン用 肘掛け アームレスト

マウスパッド付アームレスト 腱鞘炎予防にぜひ アーム疲労軽減 オフィス/コンピューター用品

マジックテープ3本で、デスクチェアのひじ掛けに固定して使うタイプのアームレスト&マウスパッドです。

作業を楽にするだけでなく、デスクを広くしてくれます。マウスを中心にパソコン作業をする人に、特におすすめですワイヤレスマウスだとより便利でしょう。

取り付けは簡単ですが、ひじ掛けの太さによってはマジックテープを足す必要があります。

2,000円ほどの価格ですが、使いやすくするには、マジックテープの長さの調整やマウスとマウスパッド部分の相性が悪い時にパッド使用するなど、工夫も必要になりそうです。

それでも、他にはないひじ掛け固定のアームレストは魅力でしょう。

マウスパッド付アームレスト 腱鞘炎予防にぜひ アーム疲労軽減 オフィス/コンピューター用品

キーボードアームのまとめ

  • キーボードアームとは、パソコン専用デスクについている、デスク天板の下についたキーボードをのせる可動式のトレイのことなどをいいます。普通のデスクにあとから取り付け可能なキーボードアームなども売っています。
  • キーボードアームを使うメリットは、デスクのスペースを広くする、使わない時は収納可能、キーボードの位置を調整し作業が楽になるなどがあります。
  • キーボードアームやアームスタンドは、可動範囲、設置スペースや方法、耐荷量などの確認をして選びましょう。
  • キーボードアームレストとは、タイピング時などに腕を支えるもののことを言います。キーボード用とマウス用のものもあるでしょう。
  • アームレストは、自分の好みにあったサイズや素材で選ぶのがおすすめです。