健康・日ごろのストレスを解消するために、登山をする人が増えています。しかし、登山をする前にしっかり準備をしておかないとトラブルが発生する可能性が高いです。

トラブルが発生しないために、水や食料品など色々と必要なものがあります。その中でも、特に登山家に重要視されているのが腕時計です。登山を快適に行うためには、腕時計を必ず用意しなくてはなりません。

腕時計の種類は増加しており、アナログ時計やデジタル時計だけでなくスマートウォッチまで販売されています。しかし、腕時計の種類が多い・選び方が分からないなど腕時計について詳しくない登山初心者の人も少なくありません。

そこで今回は、登山に欠かせない腕時計について焦点を当てて解説していきます。

腕時計は登山で必須のアイテム

「なぜ、腕時計が登山で必要になるの?」と疑問に感じる人もいるでしょう。実は、腕時計で時間を把握することにより、精神面の負担を軽くし遭難の防止にもつながります。

例えば、各ポイントごとにあるコースタイムを確認したり、腕時計の時間をもとに到着時間を予測することで遭難する確率をグッと下げることが可能です。

また、腕時計には便利な機能がたくさん搭載されているため、その機能をフル活用すれば登山初心者でも計画通りに進めやすくなり頂上に安全にたどり着くことができます。

サポートの面から見ても、腕時計はかなり優秀だと言うことです。

腕時計を持っていないと時間が分からず、本当に目的地に到着できるのかと不安な気持ちがどんどん膨れ上がることもあるため、登山初心者は特に腕時計を忘れずに持っていきましょう。

登山時計には便利な機能が付いている

登山時計には、たくさんの便利な機能が付いています。代表的なのは標高や気圧の測定です。登山にはトラブルが起こることが少なくないため、なるべく機能性が高い登山時計を選びましょう。

標高や気圧の測定以外にも、防水機能・バックライトなど使える機能はたくさんあります。中でも特に登山時計で必要になってくる機能について、次章から紹介します。

また、どうしてその機能が必要なのかも説明していきます。ぜひ、参考にしてください。

高度計で登山の進捗状況を知ることができるのが便利

登山時計で欠かせない機能と言われているのが、「気圧表示」「高度表示」「電子コンパス」です。この3つの中でも重要度が高いのが、高度計だと考えられます。

高度計があれば、何ができるのかを簡単に説明します。

高度計で今自分がいる位置が分かる

山の標高を確認することができます。標高を測定すると、自分が今どの位置にいるかをチェックすることが可能です。それに限らず、登山が計画通りに進められているかも把握できます。

目安を知ることにより精神的な負担も軽減されるので、この機能が搭載されているだけで快適な登山になります。

高度計があれば、簡単に登山の進捗状況を知ることができると言うことです。あっても全く損がない機能だと言えるでしょう。

GPS機能が付いている登山時計もある

GPS機能は、迷子の捜索や恋人の現在地を知ることができるので生活でも身近な機能です。登山でもそれは例外ではなく、GPS機能があると現在のルートを繰り返し確認できます。

また、登山時計のGPS機能は他にも便利な使い方があります。それは、登山記録をデータとして保存できる機能です。この機能を使えば、後からどのルートから行ったかをチェックしたり次回の登山の際も有効活用できます。

GPS機能は、登山には欠かせない機能です。必ずこの機能が搭載されているかを確認しておきましょう。

GPS時計が持つ機能と利便性 おすすめのブランドとモデルを解説

登山時計の気圧計や温度計は登山には欠かせない

気圧計は、欠かせない機能として有名です。そして、気圧計とセットで必須だと言われている機能が温度計となります。簡単にこの2つの機能について、説明していきます。

気圧計は山の天候を予測できるため必須の機能

気圧の変化が瞬時に分かります。気圧の変化を知ることにより、天候がいつ急変するかも予測できます。山の天候は、しょっちゅう変わるため油断は禁物です。

気圧計で、気圧の微妙な変化までしっかりチェックすることでより安全に目的地にたどり着けます。

温度計も登山時計に必須の機能

気温の変化を測定する機能です。低体温症など、体温の変化によって起こる病気を予測して早めに対処できるようにサポートします。自分の体温に影響があるため、目安としてしっかりチェックすることが大切です。

天候の急変により、体温がいきなり低下することもあるのでこの2つの機能はセットで必ず必要だと覚えておくと良いとされています。

ソーラー充電式なら突然の電池切れにも対応できる

ソーラー充電式の腕時計も、近年発売されています。突然の電池切れにも対応できる機能なので、需要は年々高くなっています。

ソーラー充電式なら充電する手間や突然のバッテリー切れの心配も不要です。ただし、蓄電池には寿命が存在しています。定期的なメンテナンスをすることにより、長期的に腕時計を使うことができます。

アウトドア用腕時計のよさと選び方 おすすめのブランドと一品の解説

登山時計の選び方のコツ

登山時計を選ぶポイントを知りたい!と言う人のために、選ぶポイントを紹介します。登山時計は便利で欠かせない存在ですが、種類や多種多様な機能などがあり選ぶ際に苦労している人も少なくありません。

自分にとって、どう選んでいけばよいかをじっくり考えたうえで購入しないと後から後悔する可能性もあります。ですから、登山時計を選ぶときはしっかりポイントを知っておくことが大事です。

次章から詳しく解説していきます。登山時計を購入したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ハードな環境にも耐えられるタフな時計を選ぶ

登山では、過酷な環境の中進み続けるしかないこともあります。登山時計を購入する際はなるべく天候や衝撃に強いタフな腕時計を選ぶことがおすすめです。

ハードな環境にも耐えられる腕時計のほうが、どんな環境にも柔軟に対応できます。バンドなどに使用されるような丈夫な素材、突然の雨にも対処できる防水機能がある登山時計だとさらに便利です。

耐衝撃に強い腕時計も販売されているため、検討してみるのも良いでしょう。

使い方がシンプルで操作性のいいものがいい

使い方がシンプルで操作性がいいものだと、色んなメリットがあります。

操作が簡単だと、登山初心者や機械の操作が苦手な人など登山時計に慣れていなくても使いこなすことが可能です。また、登山中はグローブなどを使用することが多々あります。

そんなときに必要以上に細かいボタンが多いと、操作しにくい・余計な手間がかかるなどのデメリットが発生してしまいます。ですから、自分にとって見たい情報をすぐに表示してくれる分かりやすい腕時計がおすすめです。

文字盤は自分が一番見やすいものにする

文字盤が見にくいと、意外とストレスがたまりがちです。

何故なら、必要な情報を表示しても確認するまでに余計な時間がかかってしまうからです。アナログ・デジタル関係なく、機能性を重視するだけではなく文字盤が見やすいかもしっかりチェックしましょう。

軽量な時計を選んで体への負担を減らす

腕時計が重いと、手首や身体への負担が想像以上に大きいことが多いです。登山は、体力の消耗が激しく少しでも身に着けるものを軽くしておかないと疲れが倍増します。

登山時計の機能性を見る人はいても、意外と軽量かどうかを確認している人は少ないです。ですから、気に入った登山時計が軽量なのかも試着などをして、必ず確認しましょう。

身体に与えるストレスは、より少ないほうが良いと言えます。

登山時計でおすすめのブランドとモデル

登山時計でおすすめのブランド、モデルを紹介します。カシオ、セイコー、シチズン、ラドウェザーの中からおすすめをピックアップしたので参考程度にご覧ください。

カシオプロトレックは絶大な人気

G-SHOCKは、アウトドアウォッチとして絶大な人気を誇っています。それを活かして作られたのが、カシオのカシオプロトレックです。先進な機能、おしゃれな外観で根強い人気があります。

価格帯は、15394円から174895円まで幅広いです。性能は、ハイスペックなものが多く特に最上位モデルの「マナスル」は、プロの登山家の愛用者も少なくありません。

防水が10気圧防水など、実用性も申し分ないです。

セイコープロスペックスも機能が優秀

セイコーは、国産老舗時計メーカーです。冒険家である三浦豪太さんが監修しているプロスペックスシリーズは、「安全に登山を楽しむ」ことをコンセプトとしています。

性能としては、登山には欠かせない計測機能以外にも登高スピードや消費カロリーまで表示してくれるため非常に優秀です。また、ソーラーウォッチでもあります。

価格帯は、8100円から40000円前後が多いです。

シチズンのプロマスターは特化した機能がある

シチズンは、1918年に創業した国産時計メーカーなので技術力が高いと言われています。コンセプトは、「海・陸・空を制覇する」ことです。シチズンのプロマスターは、それぞれに特化した機能を備えています。

機能性・耐久性・安全性ともに先進技術を組み込んでいるシリーズとなります。価格帯は、17980円から291600円まであります。

ラドウェザーのウェザーマスターは日常遣いも抜群

ラドウェザーは、アメリカと日本で2009年に共同開発された比較的新しい企業です。リーズナブルな価格と、男女ともに使いやすいデザインで人気があります。

どんなアウトドアシーンにも対応できるように、価格は安くても機能性は抜群です。日常使いも可能な、歩数・運動時間を計る機能も備わっています。

価格帯は、2480円から40000円前後です。

登山にあった腕時計についてのまとめ

  • 腕時計は、登山を快適に行うために必須なアイテムです。
  • 登山時計には、気圧計・温度計・高度計など様々な便利な機能が備わっているので活用しましょう。
  • 登山時計を選ぶ際は、「タフかどうか」「操作性」「文字盤が見やすいか」「軽量か」をしっかりチェックすることが必須です。
  • 登山時計でおすすめのブランド、モデルは「カシオプロトレック」「セイコープロスペックス」「シチズンのプロマスター」「ラドウェザーのウェザーマスター」となります。