タブレットは、キーボードを取り付けてPCとして使用したり、専用ペンで画面に直接イラストを書いたりと、様々な使い方ができる現代ならではの便利なデバイスです。

Wi-Fiモデルならばスマートフォンのようなランニングコストもかかりませんし、価格の低いものなら1万円前後から購入できるものもあります。今タブレットの購入を検討している方なら、LTE対応かどうかも確認すべきポイントです。

この記事を読むことでタブレット購入の検討が出来ます。

ドコモのタブレットは安い?

CMでも大々的に宣伝されていますが、現在ドコモでは”DAZN for docomo”や”dマガジン””dビデオ”といった大画面向けのコンテンツサービスを実施しており、大画面iPadと相性のいい使い方ができるようになっています。

その他のポイントとして、各種タブレット向けアプリケーションも豊富にラインナップされています。

そういった工夫がされていて使いこなすととても便利なタブレットですが、やはり本体価格や維持費はどれぐらいかかるのかが目下気になる点ではあると思います。

そこでドコモで発売されているiPadの本体価格・ランニングコストなどをご紹介いたします。まずはiPadをドコモで契約する際に押さえておきたい基礎知識をご説明いたします。

大きなポイントは2回線目以降のドコモ契約でないとお得にはならないという事です。タブレット単体でキャリアで契約すると、プラン面からお得にはならないため 単体でのご契約もオススメはできません。

反対にすでにドコモ回線を持っているのであればiPad契約は安くなります。これはどこのキャリアにも言えることですが、iPad単体でキャリアで契約すると 月々の料金が高額料金になってしまいます。

言い換えれば基本、どのキャリアでも既に持っている回線と組み合わせてはじめて安い料金プランを設定できるのです。なのでドコモiPadの契約は ドコモユーザーであることが安い料金プランに入れる条件となるのです。

そしてもう一つ押さえておきたい基礎知識をご案内いたします。実質価格は2年間利用した場合の端末価格のプライスであり、一括価格は端末代金を一括で支払った場合の価格です。

ドコモでは一括契約してからすぐの解約防止策として、一括価格で安く契約できる代わりに短期契約解除料金を端末代に上乗せする形をとっています。そしてドコモのタブレットを購入する際、小売店かドコモショップかが悩みどころではないでしょうか。

「今ドコモの携帯を使っていて、今後も特にキャリア変更をするつもりはない」という人なら、ここはやはりドコモショップで割引プランを契約して購入するのがお得でしょう。

「今現在はドコモユーザーだけど、もしかしたら乗り換えるかもしれない」という人ならタブレットに関してはネットショップや小売店で購入する方がいいでしょう。

ドコモのタブレットの契約金と解約金は?

新規手続き事務手数料3000円こちらはドコモのオンラインショップに限り不要のため、店頭購入よりもお得です。頭金はショップ毎に料金設定が違い、また頭金がかからないショップもあります。

タブレットのみでご利用の場合のお客様向けのおすすめ料金プランもご紹介いたします。データ通信のみご利用の方向け 月額基本使用料1,700円

ドコモスマートフォンでデータ通信のみご利用の方、ドコモ タブレットご利用の方向けのおトクな専用プランなら2年定期契約あり 1,700円

2年定期契約なし 3,200円
・ 通常2年契約ですが、2年以内の解約だと解約金が1万260円かかります。
・2年契約を過ぎ、更新月の2ヶ月の間に解約すると解約金は0ですが、更新月を過ぎてしまうと同じく1万260円か かってしまうので注意が必要です。

ドコモで購入できるタブレットの種類

ここで少し予習です。ドコモで購入できるタブレットにはiPad・arrows tab・d tabがあります。iPadはApple社が出しているもので、それ以外のarrows tabやd tabはグーグル社の製品になります。

ドコモインフォメーションセンターのオペレーターによると、現段階で人気があるのは Apple社製のiPadとのことです。

ゲーミングタブレットは何を選べばいい?おすすめタブレット解説
ポケモンGO iPhone・Android・タブレットの対応条件
ドコモのスマホで人気のモデルとそれぞれの魅力 値段を解説

ドコモタブレットのおすすめの人気機種は?

ドコモ「arrows Tab F-04H」虹彩認証とグリップエッジ搭載の個性派モデルこちらの製品はセキュリティー重視の方にオススメのタブレットです。タブレットをビジネスで使用している人なら 虹彩認識で安心のセキュリティーです。

以前のモデルF-03Gと比べて、フラットなデザインでよりシンプルになっています。グリップエッジと呼ばれる滑り止め使用を採用しているのも新たな特徴のひとつ。

F-03Gは指紋認証だったのに対して虹彩認証にグレードアップし、セキュリティー面、デザイン面ともに一新されています。多面的にスペックが高くなったのに対し、ROMは半分の32GBになり、バッテリー容量が減るなどのマイナス点はあります。

カラーバリエはBlackとWhiteの2色展開です。先に記述した滑り止めのグリップエッジが配置されていて、横向き・縦向きのどちらでも壁に立てかけて使用することができます。

防水性があるのでキッチンやバスルームの水まわりでの使用も可能です。左側面に電源ボタンと音量調節ボタンが配置されており、左上のエッジ部分にイヤホンジャックがあります。

F-04Hはハイレゾ対応イヤホンやヘッドホンのご使用をオススメします。右側面は、microSDXカードスロット・ドコモnanoUIMカードスロット・microUSB端子が配置されていて、右上にはホイップ式のワンセグ/フルセグ用アンテナが内臓されています。

F-04Hの最大の特徴である虹彩認証用の赤外線カメラは 本体フロント上部にあり、その右側には約240万画素のカメラがあります。

指紋認証対応のスマホやタブレットは 水分をよく拭き切らずに認証するとうまく作動しないことがありますが、F-04Hは防水且つ虹彩認証なので、その点はストレスフリーでサクサク作動してくれます。

さらに嬉しい機能は、ナビゲーションバーがカスタマイズできる点です。「いつでもズーム」は、手元で縮小/拡大が可能なため F-04Hのような大型タブレットを使用する際にとても便利な機能です。

ホームアプリについてですが ”F-04Hにはドコモスマートフォン(ドコモLIVE UX)”と”NX!ホーム”のホームアプリが搭載されています。”NX!ホーム”の「かんたん」はアイコンが大きく押しやすいホームアプリです。

Apple製iPad2018年度モデル

2018年に発売された第6世代モデルは、これまでiPadプロでしか使用できなかったAppleペンシル(別売り)に対応。Apple ペンシルを使えることが 他iPadとの大きな違い且つ最大の特徴です。

またAppleペンシル対応アプリケーションも豊富にラインナップされています。”絵を描く””文字を書く”を、純正ペンならではの使いごこちで自由に楽しめるようになっています。

ただしApple ペンシルは別売りとなりますのでご注意を。またスペックも、グラフィックス処理性能にあたってはなんと50パーセントアップと大幅に改善されています。

クリエイターに愛好家の多いApple社製品ですが、イラスト作成や写真のレタッチなどにも適したこちらのタブレットも創作ワークに適した製品と言えるでしょう。

日本語配列の純正キーボード、その名も”スマートキーボード”を使用すればノート型パソコンの代わりとして使うこともできます。こちらも別売り、価格据え置きです。

ドコモタブレットのおすすめについてのまとめ

  • ドコモiPadの契約は ドコモユーザーであることが 安い料金プランに入れる条件となります。
  • 新規手続き事務手数料3000円は ドコモのオンラインショップに限り不要のため、店頭購入よりもお得です。
  • 頭金はショップ毎に違う。また 頭金がかからないショップもあります。