仕事やプライベートなどで、写真や文書を印刷したいときに活躍するのがプリンターです。家電量販店でも、色んなメーカーのプリンターがずらっと並んでいます。

プリンターを購入する際に、機能面や価格を確認する人は多いです。しかし、意外と見落としがちなのがランニングコストだと言われています。

安いプリンターを購入したのに、インク代が高くて結果的に損をする…と言う失敗は少なくありません。便利なプリンターを上手に活用するためには、ランニングコストをしっかり確認することが大切です。

長期的に使うほど、ランニングコストが安いプリンターの方がお得になります。そこで今回は、プリンターのランニングコストについて詳しく解説していきます。

プリンターをこれから購入する、または買い替えたいと考えている人などは、是非参考にしてください。

古いプリンター購入の際はインクの種類に注意点

プリンターを購入する際に、本体の価格が真っ先に目に付くと言う人は多いです。本体が安いと、プリンターにこだわりがない人は特に魅力的に映るでしょう。

しかし、注意しなければいけないことがあります。安いプリンターは、本体モデルが古いことも珍しくありません。本体モデルが古いものは、ヘッド一体型のものが多いためインク代が高くなることがほとんどです。

ランニングコストの大半は、インク代だと言われています。つまり、インク代がかかると言うことは自然とコスパも悪くなると言うことです。

本体がただ安いだけなら購入しても良いですが、本体モデルが古いかどうかはきちんと確認しましょう。

印刷するものが多い人は、特にランニングコストを重視することがベストです。ですから、めったにプリンターを使わない人以外はなるべく古いプリンターは避けたほうが良いと言えます。

プリンターの種類とランニングコストの関係

プリンターには、大きく分けて2つの印刷方式があります。

プリンターのランニングコストを考えるうえで、プリンターの種類を知っておくと購入する際に選びやすくなります。

またプリンターによって、インクカートリッジの種類も異なることがあるのでコスト面を踏まえるとプリンターの印刷方式は、非常に重要です。
下記に特徴などを解説します。

インクジェットプリンターは使用頻度が低いなら安い

用紙にインクを付着させ、絵や文字を描く方式となっています。イラストや写真など、一般的な文書より色が多いものを印刷する際に力を発揮するプリンターです。

小型で使いやすいものが多数で、家庭で一般的なプリンターとなります。発色が良いため、色の違いなどが印刷しても分かりやすいです。また本体価格が安いので、購入しやすいのもメリットでしょう。

しかし、インクジェットプリンターはインク代などがかかります。ですから、大量に印刷する人だとランニングコストがかかり、かえって高くつくこともあります。

印刷するときの時間もかかるので、早急に印刷物が欲しい人にも不向きなことがあるでしょう。1枚の印刷コストは、約6円だと言われています。

目安の印刷コストを踏まえて購入する際は、本体とインクカートリッジ代を必ずチェックすることが大切です。

レーザープリンターは使う頻度が高いと安い

感光体に印刷したいものを画像にして、レーザーで付着させる方式です。本体価格が高くオフィス用で良く使用されていましたが、最近では家庭用もたくさん販売されています。

耐水性に優れ、インクジェットプリンターより大量印刷が可能です。1枚あたりの印刷コストは、約3円だと考えられます。

本体価格などはお高めですが、大量印刷をすることで長期的に使うほどランニングコストも安く抑えることができます。また、レーザープリンターにはトナーと呼ばれるインクカートリッジがあります。

一体型などに比べて高価ですが、1つあれば大量に印刷することが可能です。コスパの面から見ると、レーザープリンター専用のカートリッジであるトナーは優秀だと言えます。

しかし、ドラムの交換が必要になるのでドラムの交換費用もしっかり確認する必要があります。モノクロレーザーとカラーレーザーがあるため、用途に合わせて購入しましょう。

解像度は、基本的にインクジェットプリンターに劣ると言われていますが使い分けるなどの工夫をすればデメリットを気にすることもありません。

長期的・大量に印刷する場合は、レーザープリンターの方がランニングコストは安いです。しかし使用頻度によっては、本体代が高いレーザープリンターのほうが高くつくこともあります。

また、インクは性質上ずっと使わないままだとインクが乾燥して固まってしまうこともあるので、注意しましょう。定期的に使用するほうが、プリンターも長持ちします。

ヘッド一体型の印刷はインクコストに難がある

一体型のカートリッジは、3色・4色のカラーが1つのカートリッジと黒1色のカートリッジの2つを組み合わせ、プリンターにセットするタイプがあります。

ヘッド一体型は、基本的に価格が安いプリンターに採用されやすいです。交換自体が簡単なので、機械が苦手な人にも簡単に交換ができます。

デメリットとしては、カラーカートリッジの中の一色がなくなると他の色が残ったままでも使用不可になります。一色なくなっただけで全てを交換する必要があり、本体価格以上にお金がかかることがあります。

また、インクが高額なことが多く、ランニングコストが高くつくこともあるため購入する際はインク代もしっかりチェックしましょう。

大量に印刷する人・同系色の色の印刷をする人は、一体型のカートリッジだとコスパが悪いので注意することが必須です。

インクカートリッジ独立型はランニングコストがよい

インクカートリッジ独立型は、カラーカートリッジが一色ずつ分かれています。ですから、ランニングコストを抑えることができるうえに長期的に使うほどお得です。

交換する際も、1つだけで済むため印刷物が多い人などにはおすすめだと言えます。

プリンターの人気の品 プリンターの種類とそれぞれの特徴を解説

ランニングコストと色数の関係

ランニングコストと色数は、密接な関係となっています。何を印刷したいかによって、インクの数を決めましょう。インクの数が多いほど、ランニングコストが高くなる傾向があります。

ランニングコストは、インクの数でも左右されると言うことです。基本的にインクの数が多いほうが印刷も綺麗に仕上がりますが、画質とコストのバランスを考えて決めることがベストと言えます。

おすすめのプリンターのメーカー

おすすめのプリンターのメーカーを紹介します。また、インクのカートリッジもメーカーによって価格設定が異なるためしっかり確認しましょう。

キャノンは印刷物が色鮮やかで綺麗

デジタルカメラ市場、世界最大のメーカーです。プリンターの分野でも、40%以上の国内シェアを有している大手企業となります。

インクジェットプリンターで有名なのは、ピクサスです。ハイブリッドインクを採用しているため、印刷物が色鮮やかで綺麗な仕上がりになります。

エプソンはコスパがよい

カラリオのシリーズで有名なメーカーです。キャノンとともに、二大巨頭として君臨しているため知っている人も多いでしょう。

写真に特化している製品が多数で、印刷コストを抑えることができるエコタンクを搭載したモデルがあります。

また、コスパ重視な人におすすめだと言われているメーカーはブラザーです。最少のインク構成なのに、鮮やかな印刷物に仕上げることができます。

おすすめのプリンター

この章では、コスパを重視する人に最適なプリンターを紹介します。

EPSON インクジェット複合機 Colorio V-edition EP-30VA

価格は、40040円です。カラリオの上位モデルで、高画質・低ランニングコストを両立させている製品となります。

最大の特徴は、Epson ClearChrome K2インクを採用していることです。従来モデルの半額以下の印刷コストでありながら、広い色域を再現することができます。

Canon インクジェット複合機 G3310

価格は、33900円となります。印刷コストを抑えたい人に、特におすすめの製品です。特大容量のインクタンクを搭載しているため、インク交換の頻度を大幅に削減できます。

印刷コストも、モノクロ印刷で0.3円・カラー印刷で0.8円とかなり安価です。

EPSON エコタンク搭載インクジェット複合機 EW-M770T

価格は、57538円です。最大の特徴は、エコタンクを搭載していることと言えます。インク満タンで1年分、約5000ページ分の印刷ができるので低ランニングコストです。

印刷コストも安く、長く使うほどお得になります。

プリンターのランニングコストについてのまとめ

  • 古いプリンターを購入する際は、インク代も留意しましょう。
  • インクジェットプリンターとレーザープリンターなら、レーザープリンターのほうが大量印刷に向いておりランニングコストも安い傾向です。
  • ヘッド一体型か、インクカートリッジ独立型かも確認しましょう。また、色数も見ることが大切です。
  • おすすめのメーカーは、キャノンやエプソンなどとなります。