音声(オーディオ=Audio)や映像(ビデオ=Video)の信号をAV機器とやり取りする際に使用するケーブルは 現在に至るまで数多くの規格が世に送り出されています。

現段階で一般的な機器は”HDMI”ですが、それ以外にも多くの種類が発売されており 今なお使用されているものも多いのが事実です。

そこで今回は 目立たないけれどAV機器を使用する上でなくてはならない「AVケーブルと端子」に照準を当てて 商品と共にご案内いたします。

そもそもS端子ってなに?

S端子とは、テレビに映像機器の映像を送信するためのコネクションスタンダード(接続規格)のことです。アナログ方式(ここがミソです)により 往来のアナログ放送のSD解像度の映像を送ります。

たくさんの映像機器の入出力に利用されているものです。S端子の主な特徴には以下のものがあります。

・映像を S端子搭載のグラフィックボードやパソコンからテレビに出力することができます。また、S端子接続に変換可能なパソコン用テレビ出力でもアナログRPG15ピンの映像出力を同様に出力できます。
・大迫力でパソコン動画を楽しみたい時にオススメの便利なツールです。
・パソコンにビデオ映像を取り込む”ビデオキャッチャー”と”ビデオデッキ”などを繋げることができます。

「S端子」の名前の由来であるSは、セパレート映像端子です。色信号(C)と(Y)情報を分けて伝達する方式をとっています。ケーブルとコネクター内部でセパレート(分ける)されているのでこの名前がつけられました。

尚、映像端子のため S端子のケーブルのみで音声伝達は不可です。

主に VTRやテレビなどで用いられる映像の信号出力用接続コネクターとして クオリティーの高い映像伝達を行う目的で 高いパフォーマンスのゲーム機・ビデオ・テレビなどの機器に実装されていました。

それ以降に、D端子・HDMIなどの規格や、高解像度対応機器の登場によって最近ではあまり見かけることが少なくなってききてはいます。しかし ヨーロッパ諸国での利用状況は未だ高いようです。

S端子信号をHDMI信号変換する変換器のおすすめ

S端子信号をHDMI(デジタルフルハイビジョン)信号変換できるコンバーターをご紹介します。

DATACE S端子/コンポジット to HDMI変換コンバーター

コンポジットの映像信号(黄色の丸型ピン)とS端子をHDMI(デジタルフルハイビジョン)信号に変換するコーンバーターです。コンポジット入力とS端子を、転換ボタンにより切り替えて出力できます。(ただし同時出力は不可)

比較的古いゲーム機器などのコンポジット端子やDVD、S端子からの出力をデジタルフルハイビジョン信号に変換して フルHDでパソコンモニターやテレビモニターに映すことが可能です。ドライバー不要。コンパクトで置き場所を選びません。

赤と白(R/L)音声はデジタルフルハイビジョン信号に重ね合わせします。もしくは3.5mmステレオ出力ジャックからの出力も可能。

新しくエコ金属筐体を採用。これにより優れた放熱性で使用寿命を伸ばし、24時間の長時間動作もクリアしました。最新の技術で クオリティーの高い映像を出力できるようになりました。

Blupow HDMI to コンポジット/S端子 変換器

こちらは デジタルのフルハイビジョンHDMI信号を アナログのコンポジットSビデオ信号に変換して「映像表示、音声(R/L)出力」するコンバーターです。接続するだけでOKのドライバーいらずです。

注意 本機は デジタルフルハイビジョンのデジタル信号をアナログ信号に変換出力するものであり、デジタルフルハイビジョン信号の画像・音声のクオリティーをそのまま出力するものではありませんので、あらかじめご了承の上お買い上げください。

本製品の特徴は以下の通りです。

デジタルフルハイビジョン端子がない古いテレビやモニターでも、コンポジットやS端子があれば大丈夫です。
デジタルフルハイビジョン出力対応のスマートフォンやゲーム機などから、TV/モニターへアナログ音源・映像を出力可能です。
音声分離と映像分配 S端子とコンポジット信号の同時出力可能なため、二つのテレビモニターに一つの映像の分配出力ができます。
しかも 同時に音声分離が可能で、お好きなスピーカーなどにも出力ができる優れものです。
出力映像信号は自動認識できて、転換ボタンでの切り替え不要の まさにスマート変換機です。
NTSC/PAL対応 ビデオ出力はNTSC方式だけではなく、PAL方式にも切り替えが可能です。
海外でも使用可能なデジタルフルハイビジョン変換アダプターです。
なお、日本国内でのご使用は NTSCへ切り替えてお使いください。
優れた放熱性 新型エコ金属筐体を採用。これにより放熱性が優れ、使用寿命を伸ばすことができます。
同梱リスト:本体1機 日本語マニュアル一冊 1×AVケーブル(長さ1.5m)、1×S端子ケーブル(長さ1.5m)、1×ACアダプタ(PSE認定品)

 

●S端子ケーブルの特徴(映像をモニターに映す、データの取り込みなど)

ビデオとテレビなどを接続する際に S端子ケーブルを使用した場合と 一般的なAVケーブルを使用した場合では S端子の方がより高い画質になります。

映像専用の”S端子”同士を接続するための コネクション用ケーブルを指し、黄色の端子の代わりに使用します。”黄色ピン端子”を使用するよりも”S端子”を使用する方が画質は若干良くなります。

ほとんどのDVDに付いている”D端子”(これも映像用端子です)で接続しても、画像が若干良くなります。お馴染みの赤・白・黄のケーブルがあれば、普通に鑑賞する分にはS端子ケーブルはそれほど必要ありません。

S端子ケーブルのメリット

S端子ケーブルと一般のAVケーブル(赤・白・黄のケーブル)の画質の違いをご案内します。

映像のクオリティーの違いがはっきりと分かるテレビとそうでないものとがあります。

RCAケーブルのように色信号を混合してしまうと 伝送時に色信号同士が交差し合って乱れてしまい クオリティーの低下に繋がります。長距離伝送になると、クオリティーの低下は著しいです。

なので 画質に関してはS端子の方がクオリティーが高いと言えるでしょう。ビデオとテレビなどを接続する際は S端子ケーブルを使う方が一般的なAVケーブルよりも高画質になると覚えておきましょう。

S端子についてのまとめ

  • 眠っていたテレビをサブモニターとして蘇らせることもできるコンバーターは非常に優れものです。
  • AV関連の端子やそれに伴うケーブルは、色々な企業で開発・改良され 様々な形状で市場に出回っています。
  • 同じ規格であっても接続機器に合うように サイズ違いのコネクターがたくさんリリースされており、音楽や映像の世界で活躍するプロの技術者であっても混乱してしまう程です。
  • ケーブルやAV関連機器を購入する際には めんどうでもそれらの仕様をしっかりと確認した上で買うようにしましょう。
  • ビデオとテレビなどを接続する際は S端子ケーブルを使う方が一般的なAVケーブルよりも高画質になります。
  • これだけは抑えておきたいワードとして 言葉の意味を把握しておくことも必要です。
  • HDMI:デジタルフルハイビジョンのことです。
  • S端子:テレビに映像機器の映像を送信するためのコネクションスタンダード(接続規格)のことです。