パロディー時計ブランドで有名になったフランク三浦は、日本でファンがどんどん増えています。取扱説明書が面白い、パロディー商品なのにおしゃれな腕時計が多いと意外と評価が高いです。

また、裁判で勝利したりなど一部の腕時計ファンにとっても話題が尽きないブランドとなっています。フランク三浦は本家の超一流ブランドにはない独特の魅力があります。

例えば超一流ブランドのパロディとしておふざけやジョークが多く、会話で話題に出しやすいことも魅力の1つです。そして、スタイリッシュなデザインなのに価格が比較的安価なところも良さでしょう。

知名度も上がっており芸能人の愛用者も増加しているため、今後さらに有名になるとも考えられます。しかし、まだ名前しか聞いたことがないと言う人も少なくありません。

そこで今回は、独自の良さを持っているフランク三浦について焦点を当てて解説していきます。

フランク三浦とは

そもそもフランク三浦とは何なのかを説明します。フランク三浦とは、スイスの老舗として有名な高級ブランド「フランク・ミュラー」とほぼ同じのデザインの腕時計ブランドです。

どちらかと言うと、パロディー・ジョークを重視しているブランドなのでお笑いを重視している人や自分をアピールしたい人にも適しています。

デザインや名前は酷似していますが価格は本家より安価で、本家ブランドで販売されている腕時計は、30万以上のものが多いのに対しフランク三浦は3000円から購入できます。

フランク三浦のコンセプトは、「デザイン・ノリ・低価格を追求したパロディーウォッチ」なので機能性よりも面白さなどが重視されています。

完全非防水の腕時計が多数販売されているので、機能性をチェックしている人にはあまり適していません。

フランク三浦は、機能性の低さでさえウリにしているパロディー時計ブランドと認識してよいでしょう。フランク三浦は、主に若年層を中心に人気があります。

そしてお笑い芸人やプロ野球選手がジョークとして購入することも多いです。かっこよさよりも、面白さを重要視する人がフランク三浦に最適でしょう。

フランク三浦の歴史

フランク三浦は、大阪にある株式会社ディンクスで行われた社員同士の雑談から生まれたブランドです。

企画者の考えの1つとして、この面白さが分からない人とは友達になれないという考えがあったと言われています。

ですから、ほぼノリでとりあえず作ろうと言う行き当たりばったりな企画とも考えられます。結果的に、芸能人からセレブの腕時計ファンにまで話題になり知名度を上げたと言うことです。

愉しみが分かる大人、大阪独自のノリの良さがなければフランク三浦は生まれなかったと言っても過言ではありません。

フランク三浦とフランク・ミュラーとの裁判

フランク三浦は、フランク・ミュラーを想起させる名前だと言われ特許庁から商標無効されたことがあります。

それに対して、不服だとフランク三浦が裁判をした結果、最高裁が「商標登録は有効」だと判決を下したのです。

もともとミュラー社は、「他人の周知商標と同一・類似の商標だというもの」「他人の先願先登録の商標」「他人と混同するおそれがある商標だとするもの」「不正競争の意図がある商標だとするもの」と言う4つの理由で商標の登録を無効にして欲しいと主張しましたが、最高裁はそれには該当していない・購入する人が間違えると思えないと考えフランク三浦の登録商標の維持を認めた経緯があります。

勝利した理由としては、「外見が異なる」「価格帯が違いすぎる」「説明書の内容」などが理由とされています。どちらかと言うと、フランク三浦はパロディー要素が強いため最高裁は法的な観点から問題ないと考えたと言うことです。

本家フランク・ミュラーに勝利したことから一気に知名度を上げて、さらにフランク三浦のファンが増える結果になりました。

1つ注意して欲しいのが、フランク三浦のようにパロディーブランドが勝利することもあれば某高級ブランドのように被害が認められることもあります。
ですから、パロディーの扱いは慎重に扱うことが一般的です。

フランク三浦は、その扱いがおふざけのようでしっかりしていたからこそ本家に勝利したと言えます。

フランク三浦の取り扱い説明書はネタ要素が満載

フランク三浦の取り扱い説明書は、ネタ要素がとても多い事で有名です。フランク三浦の魅力としてよく言われているのが、取り扱い説明書の面白さとなります。

一般的な取り扱い説明書と違い、自虐的な要素などもあります。この章では、フランク三浦の取り扱い説明書の内容を紹介します。

フランク三浦の外装の印象は強烈

「全て手作りで作っているため外装に多少の傷、文字盤に埃、異物、指紋、まれにちぢれ毛などが混入しておりますが、これらは全て許容範囲内とお考えください。ましてや裏ブタやベルトの傷などは当たり前のように付いておりますが、苦情や返品、返金には一切応じることができませんのでご了承ください」と書かれています。

フランク三浦に防水性能は無い

「フランク三浦は基本的に全て完璧な非防水です。ダイビングや水泳に使用されるのは勝手ですが確実に水分が浸入して時計が破壊されます。」

フランク三浦は、非防水の腕時計ばかりなので機能性を求めている人はこの取り扱い説明書を読むと購入しようと考えることはすくないでしょう。

フランク三浦は磁力磁気に弱い

「パソコン、モーター、ドライヤー、携帯電話など磁気を発生するモノの近くに置かないで下さい。すぐに壊れますし磁気による故障は保証対応ではありませんのでご了承ください。」

安価な腕時計が多いフランク三浦ですが、スペックの低さもジョークの1つです。思わずクスリとくる内容となっています。

フランク三浦は落下などのショックに弱い

「落下などのショックによる耐久性は全く持ち合わせておりません。2センチ以上の高さから落とした、ほんの少し壁やドアに接触したなどで故障した場合も全て自己責任です。保証は適応されませんのでご了承ください。」

耐久性が低いため、なるべく落とさないように心がけることが大切です。取り扱い説明書できちんと明記されています。

フランク三浦の電池はモニター式

「全てモニター電池です。電池切れはお近くの時計屋さんで交換を実費で行って下さい。購入後すぐに電池が無くなったとしても保証対応ではありませんのでご了承ください。」と書かれています。

電池がすぐなくなる可能性もあると示唆されている内容ですが、購入後すぐ電池が無くなることはあまりないと言われているのでほぼ心配は不要です。

フランク三浦のその他の強烈な紹介文

「ウレタンベルトに調整用の穴が開いていない→ご自分で開けてください。」
「使用による皮膚のかぶれや湿疹などが起きた場合、直ちにご使用をおやめ下さい。」
「時間は携帯電話、スマートフォン、駅の時計などでお確かめ下さい。」

最後の内容にいたっては、腕時計としての役割がないと読み取れる内容です。スマートフォンなどを見るように推奨する腕時計の取り扱い説明書はないといっても過言ではありません。

この一文も購入した人が思わず笑ってしまうようなネタ要素の強い内容だと言えます。

このように、フランク三浦の取り扱い説明書はネタ要素が強いです。腕時計ファンにとってこの取り扱い説明書も含めて大事だと定評があります。

フランク三浦のおすすめ

フランク三浦のおすすめ腕時計を紹介します。

FRANKMIURA FM00K-CRB

価格は、4644円です。デザインが全体的にカラフルで、文字盤が大きいことが特徴的な腕時計となります。

水の侵入を防ぐ防水用パッキンはありますが、完全非防水なので取り扱いには注意する必要があります。女性にも人気が高い製品です。

FRANKMIURA 初号機改 メンズ時計 FM01K-B

価格は、4644円となります。初号の復刻版で、デザインがシンプルでおしゃれなのが魅力です。また、軽くて使いやすいことも特徴となっています。

フランク三浦についてのまとめ

  • フランク三浦とは、フランク・ミュラーにそっくりな腕時計ブランドです。
  • 雑談から生まれたブランドなので、ジョークやおふざけの要素が強いことが特徴といえます。
  • 裁判では購入する人が間違えることはないと判断され、本家に勝利する結果となっています。
  • 取り扱い説明書が全体的にネタ要素が強く、そこも含めてフランク三浦の魅力です。