不快な梅雨の時期などに大活躍するのが、除湿機です。
湿気が多い環境は、カビ・細菌の増殖が発生し結果的に健康に害が及ぶ可能性があります。
それを防ぐために、除湿機を利用する人が増加しています。

除湿機は、梅雨の時期以外にも使えるので一年中大活躍する家電です。

除湿機には、それぞれ用途や除湿方式が異なっており自分がどう使うかによって重視するポイントも変わります。
有効活用するためには、チェックするポイントをしっかり知っておくことが大切です。
除湿方法、機能、使いたい場面も含めて最適な除湿機を購入しましょう。
しかし、どう選べば良いか分からない…という人も少なくありません。

知識がないままだと、店員に勧められるまま購入して後から余計な機能があったなど後悔することもあります。
そこで今回は、除湿機について焦点を当てて解説していきます。
購入する際に、ぜひ参考にしてください。

除湿機の用途

除湿機は空気中の水分を奪うための家電です。

除湿機を有効活用すれば、湿度をある程度保つことにより快適な環境で過ごせるようになります。

除湿機には、主に「湿度を下げる」「衣類乾燥」で使われることが多いです。

特に衣類乾燥は、「花粉」「PM2.5」「黄砂の飛散」の環境問題から部屋干しする人が増えているため除湿機を利用する人が増えています。

また、環境問題を抜きにしても梅雨の時期など衣類を外干しできない場合に除湿機が大活躍します。
メーカーによって送風具合・センサーの有無・性能が異なるので、きちんとそれぞれのメーカーの特徴を知っておくことが重要です。

例えば、パナソニック「ナノイー」・シャープ「プラズマクラスター」と言った除菌、脱臭に特化した機能が搭載されているかを購入する際の基準にすることもあります。

除湿方式はどのようなものがあるの?

除湿方式について紹介します。
除湿方式には主に「コンプレッサー式」「デシカント式」「ハイブリッド式」があります。
それぞれの特徴を解説しましょう。

コンプレッサー式

熱交換器によって集められた空気を冷やして結露させ、湿気を水滴に変換します。
この湿気の取り除き方は、エアコンの除湿運転と同じ仕組みです。

気温の高い時期ほど効果を発揮しやすいですが、冬場だと効果を期待できない場合もあります。

メリットは、除湿できる量が多いので湿度の高い季節に最も効果を発揮します。また、ヒーターを使用しない方式なので消費電力も比較的少なく室温を上げる心配もありません。

デメリットとしては、気温が下がると効果が弱まるため冬場の結露対策には向かないことです。
本体サイズ・動作音も大きめだから、音に敏感な人やスペースが少ない人にも最適とは言い難い面があります。

デシカント式

乾燥剤(ゼオライト)で空気中の水分を吸着させて除去する仕組みです。

その後、吸着した水分をヒーターで温めて気化し再び熱交換器で冷やして水滴にして除湿します。
メリットとしては、吸着した水分をヒーターで温める仕組みなので気温に左右されず除湿能力も安定しています。

またコンプレッサー式より本体サイズが小さく、音も小さめなのもポイントです。

デメリットは、ヒーターを使用することにより消費電力が高くなるうえに室温も上昇しやすいことと言えます。
ですから、夏場に使うには不向きな一面があります。

ハイブリッド式

コンプレッサー式とデシカント式を組み合わせたタイプです。
夏場はコンプレッサー式、冬場はデシカント式で運転することにより一年中安定した除湿能力があります。
メリットは何といっても、コンプレッサー式とデシカント式のいいとこ取りをしていることです。
ランニングコストを抑えることもできるため、性能が全体的に高いところも良いでしょう。

デメリットは、本体が大きめサイズなことと価格が高いところです。

除湿方式によって、運転音から消費電力など大きな差があるためどう使うかによってそれに合わせた製品を選ぶことが必要となります。

除湿機の選び方

除湿機の選び方を解説します。
除湿機を選ぶ際に見るべきポイントは、「除湿能力」「排水タンクの容量」「メンテナンス」です。
この3つのポイントを必ず見ておけば、除湿機選びで失敗しにくくなります。

除湿能力で選ぶ

除湿能力をチェックしたい場合は、まず一日除湿機を運転した場合取り除ける水の量を示している「定格除湿能力」を見ましょう。

基本的に、「定格除湿能力」の数字が大きいほど除湿能力が高く湿気を素早く取り除けます。

留意する点としては、除湿能力が高いほど本体サイズが大きいことがあります。

そのため、設置場所のことを考えたうえで除湿機を選ぶことが大切です。
また定格除湿能力をもとに算出された目安を知りたい場合は、スペック表にある「除湿可能面積」もチェックしましょう。

排水タンクの容量で選ぶ

排水タンクの容量をチェックすることは忘れないようにしましょう。

いくら除湿能力が高くても、取り除いた水を溜める排水タンクが小さいと運転が止まることもあるからです。
一部を除いて基本的に排水タンクに水が溜まるとストップするため、注意しましょう。

基本的に、外出中・就寝中・ずぼらな人ならタンク容量は大きいほうが便利です。
こまめに水を捨てられない場合もあるので、小さいよりは大きいほうが良いと言えます。
ただし、排水タンクが大きいとその分本体サイズも大きい傾向があります。

また、排水タンクが大きいのを選ぶ場合は水が溜まった状態でも持ち運びしやすいかもしっかりチェックすると、よりその後の生活が快適です。

メンテナンスのやりやすさ

頻繁に使うものだからこそ、清潔な状態を保つためにメンテナンスのしやすさは重要です。

湿気を除去するために本体内に空気を吸い込む仕組みなので、フィルターの交換のしやすさ・交換時期の目安とコストなどもきちんと確認しましょう。

また、排水タンクの洗いやすさもしっかり見ておく必要があります。
何故なら排水タンクも1か月に1度程度のメンテナンスが推奨されており、長く愛用したいならきちんとメンテナンスすることが大事だからです。

中には内部乾燥ができる機能を搭載した製品もあるため、衛生面が気になる人はその機能が搭載されているかも考慮する必要があります。

おすすめの除湿機

おすすめの除湿機を紹介します。

・パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YHRX120-N

価格は、49778円です。

コンプレッサー式とデシカント式の両方の機能を持っているハイブリッド式の除湿機となります。
ハイスペックなことが最大の特徴で、一年中快適に使えるうえにナノイー搭載だから花粉にも強いです。
サイズは大きめですが、スペースさえ確保できればとても使いやすい除湿機と言えます。

・アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 DCE-6515

価格は、12450円となっています。

使い方がとにかくシンプルで簡単です。
電源を入れるだけで使用できるので、とにかく使いやすい製品となります。
また、タイマー機能・電気代が安い・温度設定などリーズナブルなのに機能が充実しているのも大きな特徴です。

除湿機のまとめ

  • 除湿機は、主に衣類乾燥に使われることが多いです。
  • 除湿方式は、「コンプレッサー式」「デシカント式」「ハイブリッド式」がありそれぞれメリットとデメリットがあるので購入する際は必ずチェックしましょう。
  • 除湿方式によって、消費電力と運転音も異なります。
  • 除湿機を購入する際は、「除湿能力」「排水タンクの容量」「メンテナンス」を必ず確認することが大切です。