朝の始まりにコーヒーを飲む人や、仕事をしながらコーヒーを楽しむ人は多いです。コーヒーを手軽に飲めるようになったのは、コーヒーメーカーの存在が大きいでしょう。

コーヒーメーカーによって味が異なったり、香りが変わってきたりします。

ですから、コーヒーメーカーにこだわる人も少なくありません。一方、コーヒーメーカーに興味はあるけどどんな種類があるか分からない…という人もいます。

コーヒーメーカーをしっかり選ぶことで、より美味しいコーヒーを楽しむことが可能です。

また、コーヒーメーカーによってはコーヒー以外の飲み物もできることがあるので世代問わず使うことができます。

そこで今回は、コーヒーメーカーについて解説します。おすすめの商品も紹介するので、コーヒーメーカー選びに悩んでいる人も含めて是非参考にしてください。

そもそもコーヒーメーカーってなに?

コーヒーメーカーは、コーヒー豆や豆を挽いた粉を利用してコーヒーを抽出する機器です。別名として、コーヒーマシンとも呼ばれています。

自動的にコーヒーを淹れられるので、自分で抽出するよりも簡単で美味しいコーヒーを飲むことができます。

コーヒーメーカーの種類

コーヒーメーカーの種類を紹介します。コーヒーメーカーには大きく分けて3つの種類があります。

ドリップ式・カプセル式・エスプレッソマシンとあり、それぞれにメリットが存在しているため自分にぴったりのコーヒーメーカーを選ぶことが大切です。

ドリップ式はコーヒーをろ過するタイプ

紙や金属などのフィルターで、コーヒーをろ過するタイプです。コーヒーメーカーと言えば、このタイプを想像する人も多いのではないでしょうか。

挽いたコーヒー豆などをセットすると言う簡単な方法で、手軽にコーヒーを楽しめます。豆によって香りや味も異なりますが、ドリップ式だとその違いが分かりやすいです。

ドリップ式でさらに分類するとミルつきとミルなしがあります。挽きたてを飲みたい!と考えているなら、価格は高くなりますがミルつきがおすすめです。

カプセル式は手軽に深い味わいを楽しめる

挽きたてのコーヒー豆を1杯分ずつパッケージしている、カプセルを使用するコーヒーメーカーです。

豆を挽かなくても新鮮なコーヒーが楽しめる・カプセルをセットするだけと簡単で手軽に味わい深いコーヒーが出来上がります。また、カプセル式は味が豊富なことも特徴です。

抹茶ラテ、カプチーノなどコーヒー以外のドリンクも飲むことが出来ます。

コーヒーが苦手な子どもも利用しやすいです。世代問わず使えるのが魅力ですが、価格は少しドリップ式より高いことが多くなっています。

エスプレッソマシンは濃厚なコーヒーを作れる

コーヒー豆に圧力をかけることで抽出されるエスプレッソを味わえるコーヒーメーカーです。旨み・コクにこだわる人や、濃厚なコーヒーを楽しみたい人におすすめとなります。

サイズ自体は、カプセル式・ドリップ式より大きめなので置き場所の確保が必要になることもあります。

ミルクタンク付きのエスプレッソマシンなら、カプチーノなども楽しめるためおすすめです。

このように、種類だけでも味やメリットが異なってくるのでしっかりチェックしましょう。

コーヒーメーカーのメリット

コーヒーメーカーのメリットはたくさんあります。簡単に、コーヒーメーカーのメリットを紹介します。

メリット①:気軽にコーヒーを楽しめる

最大のメリットといえます。店舗に行かなくてもよいので朝もゆっくりコーヒーが飲めます。

メリット②:一度にたっぷり作れる

一度の使用で複数分作れるコーヒーメーカーが多数なので、家族でコーヒーの味を共有できます。

メリット③:経済的

店舗に立ち寄るよりも、コーヒーメーカーで作るほうが出費が少ないです。

メリット④:インテリアにすることもできる

おしゃれなコーヒーメーカーが増えているため、キッチンなどに置くだけで絵になります。

他にも、一台あるだけで色んな飲み物が楽しめる・保温ができるなどメリットがあります。コーヒーメーカーを持っておくと色々便利なので、一台でも持っておくことがおすすめです。

コーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーの選び方を紹介します。

コーヒーメーカーは容量で選ぶのもよい

一回で入れられる量はきちんと確認する必要があります。ドリップ式だとコーヒーカップ1~5杯分のタイプ、カプセル式は1杯、エスプレッソマシンの場合1~2杯が主流です。

一人暮らしか、家族がいるかによって適切な容量を決める必要があります。

コーヒーメーカーは保温性にもこだわれる

保温性にこだわる場合は、ステンレスの容器がおすすめです。

ガラス容器なら、ヒーターで保温するタイプもあるのでチェックしましょう。

フィルタータイプで選ぶと後味やコストにもかかわる

フィルタータイプによって、コーヒーの後味やコストなどが変わります。

基本的に紙フィルター、メッシュフィルターが主流です。

コーヒーメーカーはお手入れも重要

日常的に使うなら、特にお手入れの簡単さは重要です。

パーツやタンクの取り外しができるものや、ミルクタンクの仕様などをしっかり確認しておきましょう。

フィルタータイプの種類とメリット

フィルタータイプの種類についてどんなメリットがあるかを紹介します。

紙フィルターは雑味が少なくまろやかな味になる

コーヒーかすが出た場合、フィルターごと捨てられるためお手入れ自体は簡単です。紙フィルターでコーヒーを淹れると、全体的にすっきりとした味わいのコーヒーが楽しめます。

雑味が少ない、まろやかなコーヒーが好きな人は紙フィルターがおすすめです。

デメリットとしては、フィルターの取替えがあるため1枚あたりのコストが他のフィルターよりかかります。

メッシュフィルターだと濃厚さと深みのある味になる

メッシュフィルターはコーヒーの粉を入れて使用するフィルターであるため、濃厚で深みのある味が好きな人におすすめのフィルターです。

繰り返し洗って使えるので、紙フィルターよりもお手入れの手間はありますがコストは安いです。

フィルターによって味やコストなどが変わるため、チェックする必要があります。

容器タイプの種類とそれぞれの特徴

容器タイプについて紹介します。

ガラス容器は残量が分かりやすいが冷めやすい

コーヒーの残量が分かりやすい、サイズが豊富などのメリットがあります。またお手入れもしやすいので、長く使い続けられます。

デメリットとしては、ステンレス容器よりコーヒーが冷めやすいことです。

ステンレス容器は保温性が高くオシャレ

見た目がおしゃれ、保温性に優れていると言うメリットがあります。家族でゆっくり飲みたい人におすすめとなります。

デメリットは、残量が見えにくい・ガラス容器よりお手入れに手間がかかることです。

容器によって、メリットも変わるのできちんと確認しましょう。

おすすめのコーヒーメーカー

おすすめのコーヒーメーカーを紹介します。

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56

価格は、16200円です。ドリップ式の全自動なので、セットが簡単となっています。

また、ミルを自動洗浄する機能まで搭載されているため手間もほぼかかりません。他にも豆の挽き分け機能など、便利な機能が充実しています。

デロンギ マグニフィカ ESAM03110

価格は、53789円となります。つまみを回すだけでコーヒーの抽出量が調整できるエスプレッソマシンです。

低速回転で豆を挽く機能があるため、豆本来の風味を損なうこともありません。またミルクフロスターなど、カプチーノなどがさらに美味しくなる機能もあります。

コーヒーメーカーについてのまとめ

  • コーヒーメーカーには大きく分けて「ドリップ式」「カプセル式」「エスプレッソマシン」があります。
  • 自宅で手軽に楽しめるなど、コーヒーメーカーには様々なメリットもあるので一台あると便利です。
  • 選び方のポイントは、「容量」「保温性」「フィルタータイプ」「手入れのしやすさ」となります。
  • フィルタータイプ(紙フィルターとメッシュフィルター)と容器タイプ(ガラス容器とステンレス容器)は、それぞれのメリットがあるため購入する前にしっかりチェックすることが必須です。