みなさんはHDMIケーブルのことをご存じでしょうか。ビデオレコーダーやゲーム機、ホームシアターなどのAV機器をテレビに接続するためのHDMI(High-Definition Multimedia Interface=高精細マルチメディアインターフェイス)規格に準拠したデジタル伝送ケーブルのことです。

HDMIケーブルを使えば、高精細映像とマルチチャンネルのデジタル音声信号を1本のケーブルで送ることができるので、アナログ時代のようにケーブルの接続をまちがえたり、無数のケーブルがテレビの裏でもつれてしまったりすることもありません。

しかもHDMIケーブルは映像や音声の信号だけでなく、接続機器の連動信号を伝送することで、テレビと接続したAV機器の操作をリンクさせることができます。

ここではHDMI-CEC規格をもとに、パナソニックが開発したAV機器相互連動機能のビエラリンクについて解説いたします。

ビエラリンクとは

テレビ放送がデジタルハイビジョンに完全移行したことで、HDMI接続は事実上、AV機器の標準仕様になりました。

HDMI規格は映像と音声の信号を1本のケーブルでまとめて伝送するために策定されましたが、さらにCEC(Consumer Electronics Control)というAV機器を相互操作する機能も加えられています。これによりHDMIケーブルで、テレビにビデオレコーダーなどを接続すれば、テレビのリモコンでビデオレコーダーの録画を開始したり、レコーダーの電源を入れるとテレビの電源も連動してONになるといったリンク機能を利用することができるようになります。

CEC規格では、基本的なリンク機能を実行するための標準コマンドに加えて、メーカー独自の拡張コマンドを追加できるようになっています。そこでパナソニックのビエラリンクを皮切りに、多くのメーカーが独自のリンク機能を実装するようになりました。したがって、CECの対応製品でも、メーカーが違うと動作しない機能もあります。

ビエラリンクも同様で、電源のリンクのような標準機能は他社と互換性がありますが、ビエラリンクの独自機能を利用するには、同じパナソニックの対応製品でなければならないという縛りも生じてきます。

では、ビエラリンクには具体的にどのような機能があるのでしょうか。まず録画機能のないビエラ(テレビ)でも、ビデオレコーダーのディーガを接続していれば、テレビのリモコンで番組をすぐに録画することができます。

また、テレビを消した状態でディーガにブルーレイやDVDをセットすると、テレビが自動的にONになり、入力もディーガに切りかわって、ディスクの再生がはじまります。さらにホームシアターなどのAVアンプを接続して、テレビのリモコンで起動すれば、自動的にテレビの音声出力が切りかわります。

もちろんホームシアターのボリュームや音質調整も可能です。ビエラリンクの比較的新しい対応モデルでは、ディーガやビエラで録画した全ての番組を、独自の番組表にして簡単に再生できる「過去未来番組表」という機能も備わっています。

ビエラリンクはHDMIケーブルが必要

ビエラリンクはCEC規格の拡張機能を利用したAV機器の相互操作機能です。CECの信号はHDMI規格に準拠したケーブルでなければ伝送できませんので、ビエラリンクはパナソニック製の対応機器をHDMIケーブルで接続しなければ使用することができません。

HDMIケーブルそのものはパナソニックの純正品でなくても問題ありませんが、安価な市販品の中には低品質の粗悪品もないとはいえません。粗悪なケーブルは柔軟性がなく、テレビを回転台に置いて日常的に向きを変えていると、ケーブルに負荷や摩擦が生じて接触が悪くなることがあります。

テレビを固定していても、気温の変化や重力などの影響で接触不良になることもあります。純正のHDMIケーブルは高価ですが、そのぶん品質が良いのは確かです。もうひとつ忘れてならないのは、HDMIにはバージョンがあることです。

あまりに安価なケーブルはバージョンが古い可能性があります。最も古いVer.1.2では、3Dや4K放送に対応できません。できればVer.2.0a以上のケーブルを選んだほうが無難です。

ビエラリンクの接続方法

ビエラリンクの接続はとても簡単です。まず、ご利用のAV機器がビエラリンクに対応していることを確認します。

対応機種には「VIERA Link」のロゴマークがあります。次に接続する機器の電源を全て切ります。

ビエラのテレビにホームシアターシステムを接続する場合は、テレビの「HDMI 1」ポートとシアターの「テレビ」ポートをHDMIケーブルで接続します。ビデオレコーダーのディーガを接続する場合はテレビ側ではなく、シアターの「入力 BD/DVD」ポートに別のHDMIケーブルで接続します。シアターシステムを接続しない場合は、ビエラの「HDMI 1」にディーガを接続します。

ケーブルの接続を終えたら、次に各機器の電源を1.ディーガ、2.ホームシアター、3.ビエラの順番で入れてください。ホームシアターを使用しない場合でも、テレビの電源は必ず最後に入れましょう。

テレビをつけたら、各機器の取扱説明書に従って設定を確認し、ビエラのリモコンで入力を「HDMI 1」に切り替えて、ディーガの映像が表示されたら、接続は無事完了です。

ビエラリンクのまとめ

  • ビエラリンクはAVデジタル伝送ケーブルのHDMI-CEC規格にもとづくパナソニック独自のAV機器相互連動機能です。
  • CECの基本的なリンク機能には汎用性がありますが、ビエラリンクはパナソニック独自の拡張機能なので、同社製の対応機器でなければ、全ての機能を利用することはできません。
  • ビエラリンクはHDMIケーブルでなければ使用できません。
  • ビエラリンク対応機器は電源を切って接続し、電源を入れるときはテレビを最後にしましょう。