iPhone・iPad・iPod touchなど様々な優れた製品を販売しているアップル社は、2015年4月24日にapple watchと言う製品も発売しています。

apple watchは、腕時計型ウェアラブルコンピュータで腕時計としての役割以外にも電話やメッセージ、音楽など色んな用途に使える万能な製品です。
現在では、「Apple Watch Series 4」と言う最新機種も登場しており話題になっています。

apple watchが大幅に進化したきっかけは、「apple watch 3」が発売されたときです。

気圧高度計搭載、Suicaで支払いもできるなど新たに便利な機能が追加され、かなり進化したと言えます。

多機能な次世代型の腕時計である、apple watchが注目されるようになったのも「apple watch 3」が発売されてからだと考えられます。そこで今回は、「apple watch 3」について紹介します。

是非、参考にしてください。

そもそもapple watch 3とはなにか?

Apple Watch series 3は、2017年9月22日に発売しています。

基本的に、毎年9月に新型が発表されることが多いため他のapple watchも発売時期が9月なことが多数です。

apple watch 3がSeries 1と異なる点としてよく言われるのが、「気圧高度計が搭載された」「Suicaで支払いに対応」したことが挙げられます。

しかし、他にも違いがあり「50m防水」「Siri対応」「GPS、GLONASS、QZSSに対応」とapple watch 3のほうが機能性が優れていることが一目瞭然です。

電池持ちに関しても、前と変わらないため全体的に優秀だと言えます。ペアリングの方法も、互いを近づけるだけなので簡単です。その際、Apple Watch Series 3だとiOS 11以降のiPhoneにしかペアリングできないので、注意しましょう。

もちろん、Apple Watch 3は従来からある機能もきちんと搭載されています。例えば、携帯電話機能・ムーブリングなど便利な機能も進化したうえできちんと使えます。

また、他の機能も充実しており「ワークアウト」「時計・タイマー」「リマインダー」など様々な機能を使用することが可能です。デザインもおしゃれなものがたくさんあるため、ファッションにこだわりがある人にも適しています。

apple watch Series 4の魅力と価格の予想を解説

apple watch 3でできること

apple watch 3では、iPhoneの補助的な役割から健康管理までたくさんの便利な機能が搭載されています。そこでこの章では、apple watch 3でできることを解説します。

iPhoneのWatchアプリからApple Watchにペアリングできる

Apple Watch Series 3だとiOS 11以降のiPhoneしか対応していませんが、近づけただけでペアリングできるので気軽に利用できます。

apple watch 3はアプリのインストールができる

iPhone経由でApple Watch対応アプリをインストールすることにより、自動でApple Watchにもアプリがインストールされる機能があります。表示したくないアプリなら、非表示にすることも可能です。

apple watch 3はSiriで音声操作ができる

デジタルクラウンを長押しすることで、apple watch 3を音声で操作できます。また、スリープを解除した後なら「Hey Siri」と呼びかけても反応します。

apple watch 3はムーブリングができる

Apple Watch標準のアプリで、健康管理に利用可能です。

apple watch 3はワークアウトを使える

ダイエットなどにかけた時間を記録できます。

apple watch 3 Suicaの支払いに対応できる

カバンから財布を取り出さなくても支払いができるように、apple watch 3から追加された機能です。

apple watch 3はCPU性能が向上している

Series 2に比べてCPU性能が向上したため、アプリを同時に使ったりしても問題が起こりにくくなっています。

Apple Watch Series 4は、上記の機能に加えて「スピーカー出力強化」「心電図に対応」とさらに性能面が向上しています。価格自体は、apple watch 3のほうが安価です。

Apple Watch標準アプリ

Apple Watchの便利な標準アプリを紹介します。代表的なアプリは、「アクティビティ」「ムーブリング」「ワークアウト」です。

その他の標準アプリとしては、「時計」「カレンダー」「リマインダー」「タイマー」などがあります。また、「WalletとApple Pay」と言うアプリもあるので有効に活用しましょう。

この章では、代表的な「アクティビティ」「ムーブリング」「ワークアウト」の特徴を簡単に説明していきます。

ムーブリングは健康管理機能

ヘルスケア機器として注目されるきっかけになった機能です。Apple Watchの健康管理機能を表した概念となっています。

1日の運動目標を表す3重のリングで構成されており、日常生活で軽い運動をした時間(赤いリング)・筋トレなどのフィットネスや長時間のウォーキング(緑のリング)・スタンド時間(青のリング)を示しています。

画面を長押しすることで、ゴールの消費カロリーを設定することが可能です。

アクティビティは運動の達成状況を確認する機能

過去のムーブリングやワークアウトの達成記録を確認できるアプリです。

まとめて記録を確認できるため、自分の運動時間を自覚するきっかけとなります。

ワークアウトは日々の運動の記録ができる

強い運動が不足している場合に、こちらのアプリを使用します。毎日のフィットネスの時間を記録することができる、便利なアプリです。運動の種類を選択した後、記録を開始します。

表示される内容は、運動時間や消費カロリー・心拍数・移動距離などです。また、ランニングやウォーキングだと移動速度も通知します。

終了後は、運動時間・平均ペース・移動した距離・消費カロリーなどが一目で分かります。

この3つのアプリを使うことで、より健康的な身体になることができるでしょう。

apple watch 3は支払い機能もある

apple watch 3で追加された支払い機能も活用することがポイントです。

Apple Watchに登録したSuicaやクレジットカード(iD決済・Quick Payに対応しているもの)も使えるため、支払い機能にも特化していると言えます。

クレジットカードを使う場合は、サイドボタンを2回クリックしてかざすだけなど使い方も簡単です。

下記に、支払い機能の活用方法の例を説明を交えて紹介します。

apple watchはsuicaも使える

Apple Watchに登録することにより、Suicaが使えるようになります。使い方も簡単で、パスコードを解除した状態でSuicaにかざすだけです。

これだけで、財布を出さないまま改札を通ったりSuica対応の自販機で飲み物を購入したりできます。

パスコードを解除しないと使えないため、セキュリティーの面でも安心できるのもこの機能のメリットです。

映画のチケットもapple watchで買える

チケット予約確認ページから、iPhoneのWalletに転送→Apple WatchのWalletに購入情報転送することで、映画のチケットも購入することができます。

購入後は映画館に行き、それを券売機でかざすだけなので予約・入場がさらに簡単です。こちらの方法は、飛行機に搭乗したい場合も使えるため活用しましょう。

apple watch 3の平均価格

GPSモデル、GPS+Cellularモデルがありますが、違いはApple Watch単体でLTE通信ができること・ステンレスケースが選べることです。
価格はGPSモデルのほうが安価となっています。

GPSモデルは31800円から購入できる

GPSモデルは、31800円から購入することが可能です。以前は36800円でしたが、値下げされています。

GPS+Cellularモデルは42800円から購入できる

GPS+Cellularモデルは42800円から購入できます。

以前は45800円だったのが、値下げされ買いやすくなっています。

Apple Watch Series 4よりも全体的に安いので、価格面から考えるとapple watch 3を購入することが最適です。

apple watch 3についてのまとめ

  • apple watch 3で追加された機能として、「気圧高度計が搭載された」「Suicaで支払いに対応」などがあります。
  • apple watch 3は、「ペアリング」「アプリのインストール」など様々な機能が搭載され便利です。
  • 標準アプリとして代表的なのは、「アクティビティ」「ムーブリング」「ワークアウト」と言われています。
  • Suicaやクレジットカードなど、支払い機能にも特化しています。