水蒸気の力を利用してヘルシーな料理を簡単に作ることができるスチームオーブンレンジは、近年注目を集めています。
肉や魚の料理をする際に使用すれば、自宅でもジューシーに美味しく仕上げることが可能です。

また、ケーキなどのスイーツもスチームオーブンレンジを用いることで上手に焼き上げることができます。

現在では、本格的な料理ができる多機能なスチームオーブンレンジから、小型のスチームオーブンレンジまで多種多様に販売されています。

便利で料理の幅が広がると人気はありますが、いざ購入するとなるとどれを選べば良いか分からない人も少なくありません。

そこで今回は、スチームオーブンレンジの選び方のポイントなどを解説します。

スチームオーブンレンジとは

スチームオーブンレンジとは、スチームを使って調理するオーブンレンジのことです。
簡単に言うと、庫内に水蒸気を発生させることで食材の乾燥を防ぐことができる調理家電となります。

乾燥を防ぐことで、食材の水分が蒸発されないうえに高温の蒸気を使用しているためオーブンレンジより素早く調理することが可能です。

そしてオーブンレンジは焼くことと煮ることしかできませんが、スチームオーブンレンジなら蒸すと言う調理方法もできるようになるので必然的に料理の幅が広がります。

また、その他の機能として蒸気を利用して再加熱する機能も搭載されていることが多いです。
もちろん、蒸気を使わない調理もスチームオーブンレンジならできます。

従来のスチームオーブンレンジより高温の蒸気が出る「過熱水蒸気式」のモデルなら、よりヘルシーで食材の栄養素を損なわない調理ができるようになるのもスチームオーブンレンジのメリットの1つです。

オーブンレンジとの違い

スチームオーブンレンジとオーブンレンジの違いについて解説します。
オーブンレンジは、ヒーターの熱を使って調理する家電製品です。

表面がパリッと焼きあがりますが、食材が乾燥しやすく肉の脂を中に閉じ込めてしまうためカロリーを抑えることができません。
対して、スチームオーブンレンジはスチームや過熱水蒸気で調理をします。

食材の内部の水分の蒸発を防ぐので外側もしっとりした仕上がりになることが多いです。

また、オーブンレンジと違って肉などの脂を適度に落とすことができるためダイエットをしている人にも適した調理家電となります。

栄養価で比較しても、スチームオーブンレンジのほうが優秀です。

スチームオーブンレンジの選び方

スチームオーブンレンジを購入したいけど、色んな製品があるからどれを選べば良いか分からない…という人に向けて選び方のポイントを紹介します。

スチームオーブンレンジを選ぶ際に必ず見るべきポイントは、「簡易スチーム式か過熱水蒸気式」「大きさ」「容量」「水のセット法」「メーカー」です。

自分の重視するポイントをしっかり把握して、後悔がないように自分に合ったスチームオーブンレンジを購入しましょう。

簡易スチーム式

スチームオーブンレンジには、「簡易スチーム式」・「過熱水蒸気式スチーム」と呼ばれる2つの種類があります。
そのうちの1つである簡易スチーム式は、発生させたスチームで食材を温めたり蒸したりすることができます。

特に温めと蒸すことに特化したタイプなので、機能もシンプルで価格も比較的安価なことが多数です。

ですから、予算に限りがある人や簡単な料理しかしない人は簡易スチーム式のスチームオーブンレンジがおすすめと言えます。

過熱水蒸気式

過熱水蒸気式は、過熱した高温の水蒸気を放出するタイプなので温めと蒸しに加えて食材を焼くという調理方法もできます。

外側はふっくら、内側はしっとりとした仕上がりとなり食材の脂を落とすことも可能です。

通常より価格は高めになりますが、ヘルシーな調理が手軽にできるので根強い人気があります。
お菓子作り、肉料理が好きな人は特に過熱水蒸気式のスチームオーブンレンジがおすすめです。

大きさで選ぶ

スチームオーブンレンジは、多機能な分大きいサイズの製品が少なくありません。
ですから、自分が置きたい場所をあらかじめ測った後に製品を選ぶようにすると無難です。
また、背面・左右にスペースが必要になる製品もあるためしっかり確認しましょう。
中には小型のスチームオーブンレンジもあるので、省スペースにこだわる人は検討するのもベストです。

容量で選ぶ

購入する際は、使用する人数に合っている容量を選びましょう。
1人なら20L前後・2人だと20~25L前後・3~4人は26~29L前後・4人以上なら30L前後が目安と言われています。

家族の人数にあわせておかないと、人数分の料理ができないことがあったり逆に大きすぎると消費電力が大きくなって電気代が無駄になる可能性が高いです。
スチームオーブンレンジの場合は、「大は小を兼ねる」とは限らないため適切なサイズを購入するようにしましょう。

水のセット法

水のセット方式は、「スチームカップ式」「角皿式」「タンク式」の3つがあります。
それぞれの方式の特徴を説明していきます。

スチームカップ式

付属されている専用のカップに水を入れた後、庫内に置いて過熱水蒸気を出す方式となっています。
メリットは、ラップを使用しなくても温めることが可能なこと・カップを洗うだけの簡単なお手入れで終わることです。
特にお手入れが楽だといつでも清潔な状態で使いやすいうえに、洗う際にストレスがたまりにくくなります。

角皿式

角皿に水を入れ、庫内を加熱させることでスチームを発生させることができます。
丸洗いができる・安価なスチームオーブンレンジが多いと言うメリットがあり、初めて購入する人におすすめです。

タンク式

専用のタンクに水を入れた後に過熱してスチームを出す方式です。
カセット式とも呼ばれており、高温の過熱水蒸気を発生させふっくらとした料理に仕上げられやすい点がメリットとなります。

このように、水のセット方式が違うだけでメリットやメンテナンスのしやすさが変わります。
選ぶ際は、必ず確認することが必要です。

おすすめのメーカーでのスチームオーブンレンジ

おすすめのメーカーと特徴を紹介します。
特におすすめのメーカーは、「シャープ」「パナソニック」「東芝」です。
特徴については、下記に述べていくので是非参考にしてください。

シャープのヘルシオ

ウォーターオーブン「ヘルシオ」が特に有名なメーカーです。
他のスチームオーブンレンジは、過熱水蒸気以外にレンジやヒーターなども用いる加熱調理法が一般的と言われています。
しかしシャープは、水蒸気だけを使って最後まで調理します。
この調理方法が、ウォーターオーブンと呼ばれる所以です。

パナソニックのビストロ

グリル機能を進化、短時間の調理を可能とした「ビストロ」が人気のあるメーカーです。
高反射のチタンコートグリル皿を採用することで、ヒーターの温度上昇がより早くなっています。
また、ハイエンドモデルには加えて「スピードスチーム機構」も搭載しています。

東芝の石窯ドーム

高温で食材を一気に焼き上げる独自機能を搭載した「石窯ドーム」シリーズが有名なメーカーとなります。
ハイエンドモデルだと「熱風オーブン」と呼ばれる機能が追加され、加熱ムラを抑えた美味しい料理に仕上げることが可能です。

多彩なラインナップ、パンも美味しいと定評があります。

他の有名なメーカーとして、日立の「ヘルシーシェフ」なども人気が高いです。
それぞれのメーカーに特徴があるため、製品を選ぶ際はメーカーの特長にも目を向けましょう。

スチームオーブンレンジのおすすめ紹介

おすすめの商品を紹介します。

・シャープ(SHARP) ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XW400
価格は、89663円です。
ヘルシオシリーズのハイエンドモデルなので、機能性もかなり優秀となっています。
例えば、異なる食材や量の同時調理が可能な「まかせて調理」や過熱水蒸気を直接噴射させる「あぶり焼き機能」など便利な機能が搭載されています。
また、お手入れも簡単なうえにAI機能による音声対話も可能です。

・東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-RD7000
価格は、139980円です。
350℃の高火力を用いて、食材の旨みを閉じ込めます。
また、高性能なトリプルセンサーを搭載しているためムラなく食材を温めることができます。
サイズも比較的コンパクトなので、省スペースです。

スチームオーブンレンジのまとめ

  • スチームオーブンレンジは、庫内に水蒸気を発生させる調理家電です。オーブンレンジと違い、食材を乾燥させずしっとりとした仕上がりにできます。
  • 製品を選ぶ際は、「簡易スチーム式か過熱水蒸気式」「大きさ」「容量」「水のセット法」「メーカー」を必ず確認しましょう。
  • 水のセット方法には、「スチームカップ式」「角皿式」「タンク式」がありそれぞれメリットがあります。
  • おすすめのメーカーは、「シャープ」「パナソニック」「東芝」です。