iPhoneと声で色々会話ができるSiriという機能がありますが、どのようなことが可能なのかよく知らない人も多いと思います。

Siriとは何なのが、Siriの基本機能がどのようなものか、Siriの対応機種は何なのか、どうやってSiriを利用するのかということが疑問点としてあげられます。この記事では、Siriとは、Siriの基本機能、Siriの設定、Hey Siri、Siriの対応機種、Siriの利用方法などについて説明します。

Siriとはそもそもなにか

Siriとは、iPhoneやiPadなどのアップル製品で使われている音声認識型のパーソナルアシスタント機能のことです。

「Hey Siri」と呼びかけるCMを覚えている方も多いと思います。正しくは、Speech Interpretation and Recognition Interfaceの略で、Siri(シリ)と呼ばれています。

iOSとmacOS 向けの音声アシスタントのことで、自然言語処理を用いて、利用者からの呼びかけや質問に答えてくれます。

Siriと会話をすることで、おすすめのスポットやWEBサービスなども案内してくれるのです。また、メール、リマインダー、音楽再生などのiPhoneの基本機能を呼びかけるだけで使うことができます。また、自然言語に対応しており、一般の人が会話を理解するように、その言葉の意味や文脈を理解することができるのです。Siriは、「Hey Siri」と話しかけるか、ホームボタンを長押しすることで起動できます。

Siriの基本機能

Siriを使うには、Siriの基本機能の基本機能を理解する必要があります。Siriは大変便利な機能なので、慣れてしまえば簡単に使いこなすことができますが、今までSiriを使ったことが無い人は基本的な使い方を知っておいたほうがいいでしょう。

また、Siriはアップル製品にのみ実装されていますが、アップル以外のアプリなども起動することができるのです。つまり、他社製を含めたアプリの起動を行うことができるのです。iPhoneユーザにとっては、iPhoneに入っている色々なアプリをSiriから呼び出すことができ、大変便利になっているのです。

Siriの設定

Siriを使うには、まずSiriの設定を有効にする必要があります。iPhoneを購入して初めて電源を入れた時にSiriの設定を有効にすることができます。iPhoneの初期設定でSiriを有効にしなかった場合でも、ホーム画面の「設定」からSiriを有効にすることができるのです。

まず、iPhoneの画面から「設定」から「Siriと検索」を選択します。次に「Hey Siriを聞き取る」「ホームボタンを押してSiriを使用」「ロック中にSiriを許可」の表示が出てきますので、それぞれを有効にするとできるでしょう。

Hey Siri機能

「Hey Siri」機能を使えば、iPhoneなどのデバイスに直接手を触れなくても呼びかけるだけで簡単にSiriを使うことができます。

Siriに目覚ましのアラームをセットして貰ったり、Siriに天気予報を聞いたり、Siriにメールの文字入力をして貰ったり、Siriに電話の発信を頼んだり、本日のスケジュールを尋ねたり、インターネット上の情報を検索したり、本当に沢山のことができるのです。

対応機種

iPhoneやiPad などのアップル製品は、基本的にSiri が使えますが、対応機種について詳しく見ていきましょう。
iPhoneでは、iPhone 4s以降、iOS 5.1 以降であれば、Siri が使えます。iPadは第3世代以降、iPad miniとiPad Proは第1世代から利用できます。iPod Touch は第5世代から、Apple Watchは初代から利用できます。Macでは、MacOS Sierra 以降で使えます。

Siriの利用方法

ここではSiriの利用方法について説明します。

Siriでの文字入力

Siriを利用するには、まずSiriを起動します。Hey Siri やホームボタンでSiriを呼び出します。

「ご用件は、何でしょう?」と質問されるので、音声で答えてください。「タイプ入力」を有効しておけば、テキストに変換された文字を修正することもできます。

文字入力は電車の中など、大きな声を出せない場所で便利な機能です。また、ご自宅など声を出して大丈夫な場所では、音声入力が便利でキッチンで調理中、Hey Siriと呼びかけることは大変便利でしょう。その他、視覚障害のある方にとっても、Siriの音声入力機能がスマホを使うきっかけになるかもしれません。

Siriの便利な機能

Siriを使ってできることの中で、これは便利という機能をいくつかご紹介します。

アラームをセット

キッチンで手が離せないなどに、 Siriに呼びかけてアラームをセットしてくれます。調理中は手が塞がっていてキッチンタイマーをセットできないことも多いものです。そんな時にSiriがあれば、手を使わずにアラームをセットすることができます。

見つからなくなったiPhoneを探す

iPhoneをどこがに置き忘れて見つからなくなってしまった時、Siriに呼びかけることでiPhoneを探すことができます。Hey Siriで「どこにいるの?」と呼びかけると「私はここにいます。」と言ってこたえてくれるでしょう。

行きたい場所の道順を尋ねる

Siriを使えば、行きたい場所の道順を尋ねることができます。何処どこに行きたいとSiriに言うと、地図を使って目的地までの道順を表示してくれ、また、近くの行きたい場所を検索してもらうこともできます。近くにあるレストランの情報やコンビニの情報を質問すれば、いくつかの候補を示してくれるのです。

Siriで電話する

iPhone連絡先を参照して、Siriに電話をかけてくれるように頼むことができます。

「〇〇さんの携帯で電話」などと頼めばいちいち自分で携帯を操作しなくても電話をかけることができ、電話だけでなく、メールやメッセージもSiriに頼むことができます。両手が塞がって電話できない等や携帯の操作が面倒くさい場合など、Siriにお願いすることができるのです。

さらにSiriにスピーカー通話にするようにお願いすれば、運転中や料理中など両手が離せない時に通話することができ大変便利でしょう。

Siriのまとめ

  • Siriとは、iPhoneやiPadなどのアップル製品で使われている音声認識型のパーソナルアシスタント機能のこと。
  • Siriは、Speech Interpretation and Recognition Interfaceの略。
  • Siriでは、他社製を含めたアプリの起動なども行うことができる。
  • Siriの設定は、iPhoneの初期設定でSiriを有効にしたり、ホーム画面で設定を選択し、Siriを有効にする。
  • 「Hey Siri」機能を使えば、iPhoneを手を触れなくても呼びかけるだけで簡単にSiriを使うことができる。
  • Siriは、iPhoneでiPhone 4s以降、iOS 5.1 以降が対応機種。
  • Siriで文字入力するには、「タイプ入力」を有効する。
  • Siriの便利な機能として、アラームをセット、iPhoneを探す、道順を尋ねなどがある。