昭和が産んだ三種の神器の賜物であるテレビも、今やテレビ局がネット番組配信をする時代です。

NHKをはじめ、民法各局もオンデマンド動画サービスに力を入れています。

「オンデマンド」という言葉を最近よく耳にしますが、なんとなくしか意味をご存知じない人もまだ多いでしょう。

ここでは「オンデマンドサービス」について解説します。

そもそもオンデマンド配信とはなにか?

オンデマンドサービスとは 視聴者の要求に応じて提供するサービスの事です。

VODと略されるこのサービスは、「ビデオ・オン・デマンド」のことで、ユーザーが見たい時に観ることができる動画のことです。

因みに 月額料金が発生する受信料のような形態ではなく、バラ売りされた番組や動画を 1本単位で購入できる仕組みを「PPV(ペイ・パー・ビュー)」と言います。

オンデマンド配信のメリット

オンデマンドの意味をおわかり頂けたところで、次に「オンデマンドのメリット」をご案内します。

動画配信サービスのほとんどは「マルチデバイスサービス」に対応しており、現代人の多くが所有しているスマートフォン・テレビ・ゲーム機などの様々なデバイスで視聴することができます。

オンデマンド配信は好きな場所で楽しめる

家では大きな画面で見れるテレビでドラマ鑑賞、アウトドアでは携帯したスマートフォンやタブレットで音楽を視聴、など今やどんな場所でも配信動画をオンデマンドで楽しむことができます。

オンデマンド配信は好きな時に楽しめる

見たい動画を好きな時間に楽しめるのもオンデマンドの魅力の一つです。

例えば「今は音楽番組が見たいのに、テレビだとこの時間帯は報道番組とクイズ番組しかしていない」なんてこともあります。

そんな時にオンデマンドサービスの場合、今現在自分が見たい気分の番組を、ドラマ・バラエティ・スポーツ・映画・音楽など様々なラインナップから選択できます。

わがまま放題視聴できる、一昔前なら考えられなかったまさに魔法のサービスです。

「子連れでの出先で幼い我が子がむずがりだした」という時には子供向け番組や歌の動画を見せてあやす、という使い方をされている親御さんも多いようです。

これに関しては色々な意見もあると思いますが、オンデマンドサービスの恩恵を受けることができるスマホやタブレットは、いざという時に便利なアイテムになるのは間違いありません。

オンデマンド配信は延滞料金の心配がない

レンタルビデオ店でDVDやBlu-rayを借りた際、うっかり返却し忘れて高額な延滞料金が発生してしまったというハプニングの心配もありません。

もしあなたが「ゲームオブスローンズ」を見たい時、レンタルビデオ店なら3巻だけいつも誰かに借りられていて、先のストーリーをなかなか観ることができない、なんていう事もあると思います。

しかしオンデマンドサービスならそんなストレスもありません。

フールーやネットフリックスなどでサービス利用登録をするとテレビはもちろん、スマートフォンやパソコン一つで視聴できるのです。

月額料金内なら 無料で視聴できる作品や、新作なら1本単価が500円、期間限定サービスでいついつまでなら190円等価格も様々ですが、延滞料金が発生する心配はありません。

後の項目で オススメ動画配信サービスをいくつかご紹介いたしますので参考にしてください。

動画配信サービスの比較

動画配信サービスの多くは月額制で見放題です。

WOWOWやひかりTVなどのBS・CS放送は月額3千円程と高額なため ”動画配信サービス=高い”と言うイメージがある人も多いでしょう。

しかし最近はHuluをはじめ、千円前後で利用できるサービスも多く出てきています。

dTVは月額が500円と安い

dTVはドコモが運営する動画配信サービス元で 月額500円から利用可能です。作品数も12万本以上が見放題です。

dTVオリジナル作品はもちろん、韓国ドラマやニュースなど他ではなかなか見られないレアなジャンルも見られます。

月額500円というのは ビデオオンデマンドサービスの中でも上位を争う安さでもあります。VODサービス検討中のドコモユーザーなら 一考すべきサービスです。

prime videoは他にも特典がある

prime videoはアマゾンプライム会員の特典の一つです。

アマゾンプライム会員になれば prime videoはもとよりPrime music(プライム ミュージックで100万曲以上が聴き放題です。

あなたがアマゾンプライム会員であれば、prime videoを利用しない手はありません。3万本以上の作品が見放題です。
もちろん、有料レンタルも常備されています。

U-NEXTはポイントの還元がある

U-NEXTは月額利用料1.990円と一見すると高額ですが、有料作品を視聴できるポイント1.000円分が還元されます。

NETFLIXはオリジナルコンテンツの質が高い

NETFLIXはアメリカ発の動画配信サービスで 海外ドラマ、海外映画、オリジナルコンテンツが充実しています。
スマートフォン・パソコン・タブレットなどのデバイスで視聴可能です。

このようにVODサービスはそれぞれのサービスに様々な特徴があるため、一概に「安い=コスパが良いサービス」と言う訳ではありません。

後にご案内する「動画配信サービスの選び方」をお読みになり、ご自分に最適なサービスを選ぶ参考にして下さい。

動画配信サービスの選び方

ではどのように自分に合った最適なサービスを選べばいいのでしょうか。

結論から言うと どのサービスもおおよそ2週間〜1ヶ月程度の無料トライアル期間が設けられているため、一度実際にご利用されてみることをおススメ致します。

お笑いプログラムが充実している、アニメ番組が豊富など、それぞれのビデオオンデマンドサービスの番組配信傾向がわかりますので、いくつかのサービスの無料トライアルを試し、比較検討してみてはいかがでしょうか。

動画配信サービスの選び方①:月額料金

月額料金は配信元によって約500円程度から、2千円近くするものなど金額が大きく異なります。

もちろん同じ配信元であっても 無料作品・有料作品等サービス内容により金額は異なります。誰しも月額利用料は サービス配信元を決める時の大きな決定打となるのではないでしょうか。

期間限定キャンペーンなどで、通常月額料より安く利用できるサービスを打ち出していることもありますので、ネットなどでマメに情報検索することをオススメ致します。

動画配信サービスの選び方②:ジャンル

いくら利用料金が安くても、自分の好みの番組が充実していなければ楽しむことができません。dTVなら月額利用料も1・2を争うほど安くて、他社にはないジャンルの作品も充実しています。

NetflixやHuluなら 海外ドラマ・映画など、洋画好きの方には嬉しいラインナップが揃っていますので、数あるオンデマンドサービスから自分好みのジャンルのラインナップを比較してみて下さい。

動画配信サービスの選び方③:オフライン再生

今では多くのVODサービスが ダウンロード保存することでオフライン視聴対応可能となっています。

例えば 通勤電車の中で時間を有効活用するため動画視聴するのであれば オフライン視聴機能は必須でしょう。

このように外出時に視聴するための携帯端末は スマートフォンとタブレット端末が必要です。

今まではダウンロード不可能だったHuluも2018年7月から遂に動画ダウンロード対応となりましたので、これらのガジェットでWi-Fiがないエリアでも楽しめるようになりました。

ダウンロードした作品は「ダウンロードリスト」で確認できます。

動画配信サービスの選び方④:アカウント

VODをアカウント共有により 複数人で楽しむこともできます。

例えば 一つのアカウント登録で家族一人一人のプロフィールを作成して お気に入りの動画や視聴履歴を家族みんなで楽しむことができます。

もちろん料金は1アカウントのみしかかりませんが、暗証番号などを設定することで プライバシーも守れます。

家族以外の友人・恋人と一緒に動画配信サービスを楽しめるのです。アカウント共有できるのは NEXT、Hulu、Netflix になります。

動画配信サービスについてのまとめ

  • 動画配信サービスの選び方
    ・月額利用料金で決める
    ・自分好みのジャンルの充実度
    ・上記2点を重きにおいて、無料トライアル期間を利用し実際に視聴してみる
    ・アカウント共有により1カウント利用で複数人視聴できるVODもある
  • オフライン再生で楽しめるVODもあるので、気になる作品をダウンロードしておいて 外出先での空いた時間を有効活用する楽しみ方もできます。
  • 年号が変わろうとしている平成の終わり、時間の活用方法も多種多様です。
  • 時間さえも自分好みにカスタマイズできる今、VODをフル活用して隙間時間をも楽しみに変えてみてはいかがでしょうか。