気化熱を利用して冷たい風を送る家電製品の事を「冷風扇(れいふうせん)」といいます。

扇風機とよく似ていますが、扇風機は風を送る機能だけなのに対して、冷風扇は冷たい風を送ることができます。

近年温暖化の影響で、平均気温が年々上昇していることが問題になっており、毎年夏には熱中症がニュースで大々的に報道されています。

そのような暑さ対策に、部屋を冷やす手段として扇風機やエアコンを使用するというのが一般的ですが、冷風扇を使用するといった選択肢もあります。

この記事では冷風扇の仕組みや、扇風機やエアコンと比べた場合のメリット・デメリットを解説します。

商品選びのポイントやおすすめ商品の紹介もしますので、参考にして頂ければと思います。

冷風扇とは

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめの冷風扇の紹介

冷風扇は、気化熱を利用して冷たい風をおくる

気化熱とは、水が蒸発する際に熱が奪われる現象です。

気化熱の身近なイメージとしては、濡れたタオルをパタパタと乾かすとタオルが非常に冷たくなることが挙げられますが、冷風扇ではこの冷たくなった状態の風を送っています。

気化熱を利用するので冷風扇には当然水が必要になります。冷風扇にはタンクがついており、そこに水を入れて使います。

スイッチを入れるとファンが回転し外気を吸い込んで、送風するといった点は扇風機と同じような仕組みです。

冷風扇は送風の際、内部でフィルターを通す時に水の蒸発が起きています。水の蒸発で気化熱が奪われているので、冷たい風を送ることができるのです。

よく間違えられるものに「冷風機」がありますが、冷風機はスポットクーラーとも呼ばれ、原理はエアコンに近い製品なので、「冷風扇」とは全く別物となります。

冷風扇のメリット

気軽に導入ができる

エアコンと比べ、冷風扇は安価に購入できます。

本体価格もさることながら、製品にもよりますが電気代がエアコンの10分の1以下ですので、ランニングコストも良くなっています。

また、工事や取り付け作業も必要がなく、縦型の省スペースの製品も発売されているなど、導入が容易であるというのも魅力的でしょう。

身体が冷えすぎない

冷風扇は身体が冷えすぎるということがありません。

真夏の屋外のような暑い場所と、エアコンが良く効いた部屋を行き来している内に頭痛やだるさなど、体調が悪くなった経験を持つ人は多いと思います。

これは、外と部屋との激しい温度差によって、人間の体温調節や発汗などをコントロールする自律神経がバランスを崩してしまう為に起きています。

この状態は「冷房病」や「クーラー病」とも呼ばれ、社会問題にもなっています。

冷風扇を使えば、身体が冷えすぎるといった事はありませんので、お年寄りや小さい子供など、「冷え」によって体調を崩しやすい人には特におすすめです。

冷風扇のデメリット

冷却能力が低い

冷風扇は気化熱といった自然な力を利用しているので、どうしてもエアコンよりも冷却能力は劣ってしまいます。

また、気化熱を利用しているので「湿度」はあがってしまいます。これにより、人や環境によって体感温度は逆に上がってしまう場合もあります。

あくまでも、扇風機の延長線上にある製品ですので、湿度の高い梅雨に使用したり、猛暑の真昼に快適な温度にすることを目的として使用するなどといった場合は効果が得られません。

このような場合は冷風扇の冷却能力に過度な期待はせず、エアコンと併用するなど工夫をしましょう。

メンテナンス性が悪い

冷風扇はこまめなメンテナンスが必要です。

冷風扇は定期的に水の補給が必要になるほか、フィルターやタンクにカビが生えやすいため、清潔に使うにはこまめな清掃が必要になります。

冷風扇の選び方

大きさを確認して冷風扇を選ぶ

まずは目的に合った大きさを選びましょう。

冷風扇はエアコンの用に「6~7畳用」というような表記がない製品がほとんどです。基本的には消費電力の「W(ワット)数」が大きいものほどパワーも大きいですが、狭い部屋にパワーの大きいものを設置すると、湿度が上がり蒸し暑くなってしまうので、適切な大きさの製品を選びましょう。

保冷剤は使えるかで考える

タンクに保冷剤や氷を入れて使用できる製品もあります。

冷風扇の冷却能力は、タンクの水の温度に左右されるので、タンクに保冷剤や氷を入れることが出来る製品であれば冷却能力が上がります。

こまめに保冷剤や氷を入れ替えることによって通常よりも劇的に冷たい風がでるので、入れ替えの手間がかかるといったデメリットはあるものの、対応している製品の冷却効果は大きいと言えます。

お手入れのしやすさで選ぶ

冷風扇の各機器が取り外し可能だとお手入れが楽です。

冷風扇は気化熱を使うので、フィルターやタンクにカビが生えやすいといったデメリットがあります。

フィルターやタンクを取り外せる製品を選ぶと、日々のお手入れが楽になるでしょう。

その他の機能

タイマー機能や風速調整機能、首振り機能を持った製品がおすすめです。

就寝時に便利なタイマー機能や、扇風機のように風速調整機能や首振り機能を持った冷風扇がやはり便利です。

おすすめの冷風扇の紹介

山善 冷風扇 (リモコン)(風量3段階) 水タンク着脱式 タイマー付 キャスター付 ホワイトシルバー FCR-G401(WS)

山善は工作機械から家庭用機器まで幅広く取り扱っているブランドでで、中でも扇風機や冷風扇の取り扱いが多いブランドです。

操作はリモコン、タッチスイッチどちらでも可能で、タイマー機能、風量調節機能、首振り機能など基本的な機能の他、水が足りなくなると警告ランプがついたり、前回の運転の状態で運転を開始するメモリー機能など、ユーザーフレンドリな機能も搭載しています。

山善 25cmミスト扇風機 ボックス扇 「霧風(きりかぜ)」 (リモコン)(風量3段階) タイマー付 ホワイト YMFR-A251(W)

こちらも山善ブランドです。ボックス型なので遠くまで風が届きます。基本的な機能の他、風と一緒にミストを噴射することが出来ることが特徴です。

スリーアップ スリムタワー冷風扇 ウォータークールファン ホワイト RF-T1801WH

タイマー機能、風力調整機能、首振り機能など一通りの機能が搭載されているシンプルでコストパフォーマンスの高い製品です。タワー型なので、省スペースで設置可能です。

Lemebo 卓上扇風機 冷風扇 扇風機 風量3段階 小型 省エネ 上下角度調整可能 霧化式 加湿機能搭載 ミニ 強風 冷気 冷感 送風機 卓上クーラー

卓上でも利用可能な小型・軽量の冷風扇です。エアコンの使えない部屋の中で作業をするときなどの熱中症対策に有効です。より冷やしたいときにはタンクに氷を入れることもできます。また、温風を出すこともできるため、夏だけではなく寒い時期に足元を温めたりもできます。

冷風扇のまとめ

  • 冷風扇は気化熱を利用して冷風を送る製品です。
  • 扇風機よりは冷却効果はありますが、エアコンほどの冷却性能はありません。
  • エアコンよりも安価であり、導入し易いといったメリットがあります。
  • 一方、気化熱を利用しているため湿度が上がってカビが生えやすい事や、梅雨や猛暑では冷却効果に期待ができない。といったデメリットもあります。
  • 購入の際は使用する部屋に合った大きさと、取り外してお手入れができるかどうかを確認しましょう。また、タイマー機能、風量調整機能、首振り機能がついている製品がおすすめです。