この記事では、ハンドブレンダーの魅力や選び方、おすすめのハンドブレンダーなどを解説いたします。

近年、料理時間の短縮や料理の幅を手軽に広げられる便利なキッチン家電としてハンドブレンダーやミキサー、フードプロセッサーを調理に使う人が増えています。購入を考えている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

そもそもハンドブレンダーとは何か

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのハンドブレンダー5選

ハンドブレンダーは「潰す」「混ぜる」を基本機能に持った調理器具です。

モーターを内蔵している本体と、先端に刃(カッター)が取り付けられたシャフトからできています。本体とシャフトは分離できるようになっていますよ。

ミキサーやフードプロセッサーとの違い

ミキサーは、食材を入れる容器の底にモーターで回るカッターが付いています。モーターが重いため、置き場所を決めて使う道具です。食材を水などの液体と共に、容器に入れて攪拌する作業を得意としています。果物や野菜を細かく砕くことができるため、ジュースやスープを作るのに向いています。

フードプロセッサーは、ミキサー同様にモーターが重いため、置き場所を決めて使う道具です。水分を加えずに食材の下ごしらえをするための調理器具となっています。野菜のみじん切りやおろしを作ったり、肉や魚をミンチにしたり、パン生地をこねるような調理に向いていますよ。

ハンドブレンダーは直接手に持って、食材の入っている容器や鍋の中で調理できます。お手入れが簡単なため、ミキサーやフードプロセッサーに比べて手軽さがあります。

また、ジュースやスムージーのように水分が必要な料理や、離乳食のような少量の食材を細かくする作業にも便利です。「潰す」「混ぜる」の基本機能に加えて、「砕く」「すり潰す」「混ぜる」「刻む」「泡立てる」と、多機能なモデルもあります。

ミキサーの選び方のポイントとおすすめのメーカーの品を解説
ミルミキサーってなに?選び方のコツと人気メーカーのおすすめ品
コンパクトミキサーってなにがいい?おすすめとポイントの解説
ハンドブレンダーって便利なの? 選び方や便利な使い方/コードレスタイプのおススメ 
ハンドブレンダーのおすすめ品とそれぞれの比較!選び方のコツを解説
ハンドミキサー選び方と注意点のポイント おすすめの製品5選
フレッシュジュースや料理の時短に!ジューサーの選び方とおすすめ品
フードプロセッサーとミキサーの違いとは おすすめ商品解説
スロージューサーの選び方と注意点 おすすめの製品5選を解説

ハンドブレンダーの魅力・メリット

ここからは、ハンドブレンダーの魅力とメリットについて解説いたします。

ハンドブレンダー一つで様々な調理ができる

ハンドブレンダーの基本機能「潰す」「混ぜる」だけでも、スムージーやポタージュスープ、パスタソースのようなおしゃれなカフェメニューが自宅で作れるようになります。肉をハンドブレンダーでミンチすると、ふわふわ手作りハンバーグも簡単に作れますよ。

また、ハンドブレンダーが一つあれば、気軽にスムージーを作ったり、マヨネーズやソースを手作りしたりと、これまでとは違うレパートリーを試してみたくなるでしょう。

お手入れが簡単

ハンドブレンダーはお手入れが簡単です。

ハンドブレンダーを使い終えたら、専用カップに水またはぬるま湯を入れ、食器用洗剤を1~2滴加えて、ハンドブレンダーを入れてスイッチを押します。泡立った後に少し待ってからスイッチを切り、ハンドブレンダーの泡を水道水で洗い流すだけで綺麗にできます。

ハンドブレンダーの選び方

ここでは、ハンドブレンダーが欲しくなった時の選び方について解説いたします。

料理初心者でも簡単に使用できる

ハンドブレンダーは、取り扱いが簡単です。本体にシャフトをセットし、コードをコンセントに挿して、準備完了です。

食材を入れた専用カップ、もしくは、鍋やボールに、手に持ったハンドブレンダーを入れてスイッチを押すだけで使用できますよ。食材があっという間に自分の好みの滑らかさに仕上がります。

料理初心者の方で購入の際には初心者でも簡単に使用できるモデルを選んでみましょう。

コードの有無や長さなどで選ぶ

購入する前に使う場所とコンセント位置との距離を把握しておきましょう。

購入を検討している商品のコードの長さを確認し、長さが足りそうにないときは、コードレスタイプを検討対象に加えることをおすすめします。

アタッチメントの種類や多さで選ぶ

チョッパー(刻む)や、泡立て器などのアタッチメントがセットになったモデルでは、野菜を薄切りや細切りにしたり、ホイップクリームや卵の泡立てが手早くできるようになりますよ。

ハンドブレンダーを使って、様々な料理を作りたい方にはアタッチメントの種類が多い機種がおすすめです。

安全機能が付いているかで選ぶ

ハンドブレンダーのスイッチを間違えて押さないよう、メーカー毎に様々な方法で安全を確保しています。

例えばブラウンでは、本体上部にチャイルドロックボタンが付いており。ロック解除ボタンを押してから2秒以内にスイッチを押さないと再び自動でロックがかかる仕組みになっています。

また、バーミックスではスイッチを押し込まないと動かないようになっていますよ。

細かくスピード調整できるものを選ぶ

ハンドブレンダーによって、カッターの回転スピードに違いがあります。

回転スピードを高速と低速の2段階に切り替えられるモデルや、ボタンの押し加減やダイヤルによって自分の好みの回転スピードに決められるモデルもありますよ。仕上がり具合を自分で調整しやすくするために、スピード調整ができるものを選びましょう。

ハンドブレンダーの主なメーカー

ハンドブレンダーは多くのメーカーから出ていますが、主なメーカーを3つ紹介いたします。

クイジナート

クイジナートは、アメリカに本社のある調理器具の製造販売をしているメーカーです。フードプロセッサーの代名詞としてアメリカでは知られています。

アメリカでは多くの家庭でフードプロセッサーが使われており、そのうちの約半分がクイジナート製と言われていますよ。

テスコム

テスコムは日本のメーカーで、女性の美容と健康をキーワードにNobbyというブランドで業務用ヘアドライヤーなどを製造販売しています。

テスコムが販売しているハンドブレンダーは軽量で日本の女性が持ちやすい形状となっています。また、食器洗浄機で洗える手軽さも魅力ですよ。

ブラウン

ブラウンはドイツの小型電気器具メーカーで、日本では電気シェーバーや電動歯ブラシで有名です。

最近では、家電量販店などのハンドブレンダー陳列コーナーでもよく見かけます。シェイバーの刃作りノウハウがハンドブレンダーにも生かされています。

おすすめのハンドブレンダー

ここからは、ハンドブレンダーのおすすめの商品を紹介いたします。

ブラウン マルチクイック5ハンドブレンダーMQ535

チョッパーと泡立て器が付いた一台で4役をこなす、初めてハンドブレンダーを買う人にも安心なスタンダードモデルです。

「潰す」「混ぜる」などの基本的な調理ができますよ。包丁を使うと手間と時間がかかる作業もチョッパーを使用すれば簡単に行えるでしょう。350Wのパワフルなモーターで、回転スピードは通常とターボの二段階に切り替えられます。

ブラウン マルチクイック9ハンドブレンダーMQ9075X

500Wのブラウン史上最もパワフルなハンドブレンダーです。世界3大デザイン賞の一つであるiFデザイン賞を2017年に受賞しており、機能ばかりでなく美しいデザインが特徴です。

世界初のアクティブブレードテクノロジーでシャフトが上下に伸縮することで、コーヒー豆やエビの殻のような固い食材も簡単に砕けます。握る力を変えるだけで刃の回転スピードを調整することができる業界初のスマートスピードテクノロジーを搭載しています。

刃の部分は、新たにベル型のミルブレードを搭載することで攪拌範囲(かくはんはんい)を従来モデルの16%も拡大されています。更に刃の中心に溜まりがちな食材も逃さず混ぜて均一で滑らかな仕上がりを実現していますよ。料理の仕上がりを特にこだわりたい人におすすめです。

テスコム スティックブレンダーTHM311

「潰す」「混ぜる」の1台で2役をこなす必要最小限のモデルを二千円台のリーズナブルな価格で購入できます。離乳食はこれで十分調理できますよ。

カッター周りは金属のため、熱湯消毒でき食材の匂い移りも心配ありません。

TESCOM PureNatura スティックブレンダー ホワイト THM311-W
created by Rinker
テスコム(Tescom)
¥2,066(2019/10/14 00:14:50時点 Amazon調べ-詳細)

クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-500WJ/500BKJ

「潰す・混ぜる」「切る・刻む」「泡立てる」の1台で3役をこなせるスタンダードなモデルです。女性が持ちやすいように、本体は軽量でスリムな仕様となっています。

従来モデル比ではブレンダー1.6倍、チョッパー2.3倍とカッターの回転数がアップし、スピード調理を実現していますよ。生クリームの泡立ても八分立てになるまで30秒です。スピードは本体上部のスピード調整ダイヤルで無段階に変更できます。

クイジナート スリム&ライト マルチ ハンド ブレンダー ホワイト HB-500WJ
created by Rinker
Cuisinart (クイジナート)
¥9,280(2019/10/14 00:14:50時点 Amazon調べ-詳細)

アイリスオーヤマ HBL-200

専用収納スタンドが付いており、高さ約30cm、横幅約20cmのスペースにまとめてすっきりと収納できます。「潰す」「混ぜる」「刻む」「泡立てる」の1台4役をこなします。

200Wのモーターは必要十分なパワーで、回転スピードは本体上部のレバーを左右に動かしてスピード調整できます。ブレンダー2分、チョッパーで3分の連続使用ができますよ。

ハンドブレンダーについてのまとめ

  • ハンドブレンダーは、多機能と手軽さを兼ね備えて、さらにお手入れも簡単な調理器具
  • ハンドブレンダーの基本は、「潰す」「混ぜる」だが、アタッチメントを交換することで、泡立て、スライス、おろし、みじん切り、こねるなどの色々な調理ができるモデルもある
  • ハンドブレンダーを購入することで、これまでの料理時間が短縮できたり、料理の幅が広がる
  • ハンドブレンダーを選ぶ際は初心者向け、コードの有無、アタッチメントの種類などに注意して選ぶ
  • ハンドブレンダーの主なメーカーはクイジナート、テスコム、ブラウンの3社