カメラブランド CANON(キャノン)とは

CANONの正式名称は、キヤノン株式会社です。『ヤ』が大文字となっていますが、英語表記での読み方は『キャノン』と『ヤ』が小文字となっています。

CANON(以下キャノン)は、1933年に東京・六本木に『精機光学研究所』が開設されたのがはじまりです。

研究所は、翌1934年に国産で初となる35mmカメラ『KWANON(カンノン)』を試作し、キャノンのカメラ製品のはじまりとなります。

1937年『精機光学工業株式会社』として創業し、1947年に『キヤノンカメラ株式会社』と社名が変更され、1969年に現在の『キヤノン株式会社』となります。主な製品はカメラですが、家庭用プリンターやスキャナー、業務用の複合機などの事務用品を製造販売しています。

カメラ製品の中でも非常に印象深いものは、『EOS Kiss デジタル』です。

それまでデジタル一眼レフといえば、プロが使うものや、カメラに詳しい人が使うものいう印象でした。

しかし、『EOS Kiss デジタル』は、主婦などのライトユーザーでも簡単に綺麗な写真が撮れるということで、今までの印象をガラッと変え、一眼レフカメラのユーザー層を広げた製品となりました。

またキャノンでは、事業の他に環境保護やスポーツ活動にも力を入れています。

環境保護では、廃棄物の削減や排水リサイクルへの取り組み、植林活動など多岐に渡った活動をしています。スポーツでは、『キヤノンイーグルス』というラグビーフットボールチームや、女子陸上競技などでも活躍しています。

CANON(キャノン)のつくるカメラの特徴

キャノンのカメラには、『EOSシリーズ』『PowerShotシリーズ』『IXYシリーズ』と、3つのシリーズがラインナップされています。

『EOSシリーズ』は、デジタル一眼レフのシリーズで、大きく分けて3つのモデルがあります。

1つ目は、プロフェッショナル・ハイアマチュア向けのモデルです。35mmのフルサイズセンサーを搭載し、2020万画素から5060万画素の高精細な写真を撮ることができ、4Kビデオが撮影可能なモデルもあります。

2つ目は、エントリー・ファミリーモデルの『EOS Kissシリーズ』です。こちらは主婦などにも人気があり、小型で500g前後と軽量で誰にでも使いやすいモデルです。

スマホとの接続によって、画像の閲覧やリモート撮影などが可能なモデルもあります。

3つ目は、ミラーレスモデルの『Mシリーズ』です。ファミリーモデルよりも小型で軽量ながら、2420万画素の高画質撮影が可能なモデルです。

『PowerShotシリーズ』『IXYシリーズ』は、コンパクトデジタルのシリーズです。

PowerShotシリーズは、15cm以下のコンパクトなボディで持ち運びに便利なサイズながら、1200万画素以上の写真が撮影できます。また、FullHDのビデオも撮影可能なモデルもあります。

IXYシリーズは、10cm以下と小型ですが、有効画素数は2000万画素以上で光学ズームも搭載されています。キャノンのライナップの中では一番、手に取りやすいエントリーモデルです。

CANON(キャノン)のカメラの価格帯

CANON(キャノン)のカメラの価格帯
¥16,000~¥73,2000

キャノンのカメラの価格帯は、税込で1万円台から70万円台と非常に幅広くなっています。

デジタル一眼レフはボディーのみの価格で、プロフェッショナル・ハイアマチュアモデルが70万円台から12万円台、エントリー・ミラーレスモデルが12万円台から5万円台となっています。

最高値は、プロフェッショナルモデルの『EOS-1D X Mark Ⅱ』で、73万2千円です。
最安値は、ミラーレスモデルの『EOS M100』で、5万7千円です。

最新機種は、エントリーモデルの『EOS Kiss X90』で、5万8千円となっています。

コンパクトデジタルでは、PowerShotシリーズが13万円台から3万円台、IXYシリーズが2万円台と1万円台となっています。

最高値は、最新機種でもあるPowerShotシリーズの『G1 X Mark Ⅲ』で、13万7千円です。
最安値は、IXYシリーズの『IXY 200』で1万6千円となっています。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ