冷蔵庫の上に電子レンジを置くなど、キッチンのスペースが少ない場合は冷蔵庫を置く配置を考えている方いらっしゃるのではないでしょうか。
冷蔵庫の上などできるだけデッドスペースができないように、工夫したい方も多いでしょう。
しかし実は冷蔵庫のまわりは隙間を開ける必要があります。
そのため冷蔵庫を購入するときは、隙間まで計算にいれて購入する必要があります。
この記事では冷蔵庫のまわりに隙間をあける理由を説明していきます。

冷蔵庫のまわりの隙間

「冷蔵庫の周りは隙間をあけないといけない」こう考えている人は多いのではないでしょうか。
しかし実際になぜ隙間をあけるのかまでは、ご存じない方もいらっしゃるでしょう。
ここまで冷蔵庫の周りの隙間を開ける理由や、他の家具や家電などとの最低限必要な距離などを説明していきます。

なぜ隙間をあける?

冷蔵庫にはヒートシンクとよばれる放熱板が、冷蔵庫の背面についています。
エアギャップが閉じているときは、ヒートシンクが空気中の熱を吸収し、その熱を「放散」します。
ヒートシンクは、冷蔵庫の背面に設置できるプレートで、背面に取り付けられています。
エアギャップが閉じているときは、ヒートシンクが空気中の熱を吸収し、熱が「放散」されます。
冷蔵庫の背面と壁の間には、空気の隙間があります。
これは、熱が外に漏れるのを防ぐためです。

近年放熱板は背面から上部へと移動しています。
そのため冷蔵庫の上に電子レンジを置くなどすることは避ける必要があります。
また冷蔵庫にマグネットやホワイトボードなどを貼り付けるケースをよく見ますが、こちらもできるだけ避けたほうがよいでしょう。
もし貼るのであれば、放熱板の位置と違う場所に貼るようにしてください。
放熱板が上部にある場合は、扉の部分に貼るなど工夫が必要です。

他の家具、家電との最低限必要な隙間

冷蔵庫は、窓や扇風機、テレビなどの障害物を避けて、左右で5mm以上、上面で50mm以上必要です。
この隙間がないと、放熱がしにくくなってしまい冷却機能が低下します。
しかしこれはあくまで目安であり、それぞれの冷蔵庫の説明書に、どれくらいあければよいか書いていますので必ず確認をするようにしてください。
この理由は冷蔵庫のタイプによって、放熱板の位置が違うからです。

あけないと起こる現象、事故

それでは冷蔵庫のまわりをあけないとどうなるのでしょうか。
ものを冷やすためには熱が必要で、冷蔵庫は定期的にこの熱を放出する必要があります。
そのために放熱版があるのですが、放熱板と壁が近すぎるとうまく熱を放出できずに冷蔵庫がうまく冷えないということにつながります。
ひどい場合には、熱が放出されずに火事などにつながるケースがあります。

隙間をあけると節電できる!

冷蔵庫の周りの隙間をあけるのは、ここまで説明したように安全面がメインです。
しかしそれだけではなく節電効果もあります。
逆にいえば、冷蔵庫の周りの隙間をあけていないとうまく冷えずにエネルギーのロスになってしまいます。

 隙間をあける目的

冷蔵庫の背面に穴が開いていると、冷蔵庫の熱が穴の部分の壁に伝わります。
これは、冷蔵庫から発生する熱から冷蔵庫を守るためです。
この熱伝達により、冷蔵庫や冷凍庫のエネルギーが壁に伝わる「熱の流れ」が発生します。
この熱の流れは、消費者にとって危険なものです。
冷蔵庫の背面が火事になったり、ガラスが割れるなどの家電製品の破損につながる可能性があります。

放熱しにくくなる

冷蔵庫を壁や天井などにくっつけると、放熱しにくくなるので危険です。
冷蔵庫は放熱するために放熱板ががあるのですが、壁が近すぎるとこの放熱板と壁が触れ合ってしまい放熱しにくくなってしまいのです。

 冷却機能を低下

本来放熱をするのが目的の放熱板が壁と触れることで放熱されずらくなり、冷却機能を低下することにつなげます。
また最近の冷蔵庫は冷蔵庫の上の部分に放熱板があり、この場合冷蔵庫の上に物を置くと脳熱板の本来の働きを失うことになります。

 冷蔵庫の放熱板が側面や上部、内蔵型なら隙間を開ける必要なし

冷蔵庫の放熱板は以前は背面についている場合が多かったのですが、近年はスペースの問題もあり、側面や上部についている場合もあります。
これらの場合は上に電子レンジなどをおかなければ問題ありません。
内蔵型の冷蔵庫もありますが、こちらの隙間を意識する必要はありません。

まとめ

冷蔵庫は放熱板が背面についていたこともあり、放熱させるといった観点、また事故を防ぐために隙間が必要でした。
しかし近年の放熱板が側面や上部、また内蔵型の場合は隙間を意識する必要はありません。
それでもぴったり壁にくっつけるのではなく、少し離したほうが放熱効果があります。
ちょっとした工夫をすることで、節約をすることができるのです。
また冷蔵庫の周りに隙間をあけないと、火事などにつながるケースもあるので十分気を付けてください。
キッチンの限られたスペースに、レンジや食洗器などをおきたいのはわかりますがそのスペースにあった冷蔵庫を選ぶことが重要になります。

あわせて読みたい